知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

映画

頭を使って、節約しながら脳の活性化

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。今回は考えることについて考えてみたいと思います。 楽天/節約 Amazon/節約 1.考えるは英語で「THINK」 1-1.IBMで発見 1-2.映画「ダイ・ハード」でも 2.考えるとは 2-1.問題…

池中玄太80キロ、このドラマには時代を超えた何かが

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回はテレビドラマを話題にしたいと思います。 そのタイトルは、池中玄太80キロです。 このドラマを見たことのないかたでも、この歌は聞いたことがあると思います。 もしもピアノが弾けたなら …

男はつらいよ第19作、短い言葉のなかに心の触れ合いが

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「寅さん」について考えてみたいと思います。 といっても、私からみた寅さん像です。 その寅さん像を、具体的な映画を通して見ていきたいと思います。 1)映画「男はつらいよ」 映画「男…

男はつらいよ第17作、お金より大切なものをもらった

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「寅さん」について考えてみたいと思います。 といっても、私からみた寅さん像です。 その寅さん像を、具体的な映画を通して見ていきたいと思います。 1)映画「男はつらいよ」 映画「男…

男はつらいよ第6作、故郷をテーマに森繁久弥と寅さんがいい味を出す

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「寅さん」について考えてみたいと思います。 といっても、私からみた寅さん像です。 その寅さん像を、具体的な映画を通して見ていきたいと思います。 1)映画「男はつらいよ」 映画「男…

男はつらいよ第39作、寅さんは人間の鏡、仏様だ

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は「寅さん」について考えてみたいと思います。 といっても、私の見た寅さん像です。 その寅さん像を、具体的な映画を通して、見ていきたいと思います。 1)映画「男はつらいよ」 映画「男…

休むことは大切、休みかた次第で仕事や勉強がばりばりと

こんにちは。 拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は生活上のアドバイスです。 アドバイスといっても、あくまでも私の経験から得られたものです。 皆様に、いばって紹介するものではありません。でも、少しでも参考になればと思い、紹介さ…

映画「雨あがる」、黒澤明監督が訴えたかったものとは?

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は映画「雨あがる」の話です。 この映画は、もう10回以上は見たでしょうか。 非常に単純な映画ですが、 なぜか、心が洗われるのです。 落ち込んでいるときに、この映画を見ると元気になり…

東日本大震災から8年、アンパンマンの歌が被災者たちを勇気づけたワケとは

巨大地震で津波が押し寄せた後、気仙沼市内では大規模な火災が発生した。翌日もあちこちで炎が上がっていた(3月12日、宮城県) こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回はアンパンマンについて考えてみたいと思います。 と、同時…

アンパンマン、幼児たちのヒーローが東北の被災者たちを勇気づけた

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回はアンパンマンについて考えてみたいと思います。 アンパンマンは幼児向けアニメです。 ですが、大人にもファンが多いのではないでしょうか。 そういう私も、そのファンの一人です。 アンパ…

映画「おくりびと」、今さらながら感動してしまった

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は映画「おくりびと」の話です。 おくればせながら、この映画を最近見ました。 2008年の作品ですので、10年遅れの鑑賞となります。 10年遅れとは遅すぎますよね。恥ずかしい限りで…

映画「となりのトトロ」、日本人が失ったものと千葉県野田市の児童虐待死との関係

映画「となりのトトロ」から こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は映画「となりのトトロ」について、書きたいと思います。 あわせて、2019年1月に起きた千葉県野田市の児童虐待死について、この映画と対比しながら、考え…

「THINK」を考える(シャレではありません)

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は言葉のお話です。 1.「THINK」との出会い 1-1.IBMで発見 1-2.映画「ダイ・ハード」でも 2.考えるとは 3.考えることによる効果 4.考えるテクニック 5.まとめ 【関連記事…

映画「個人教授」、フランシス・レイの音楽も最高

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は新聞記事のお話です。 新聞を読んでいて、少し気になったので、拙作ブログに掲載させていただきました。 今後も、気になるような記事は掲載させていただこうと思っています。 楽天/フラ…

改めて新聞の良さを考えてみた

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は新聞記事のお話です。 新聞を読んでいて、少し気になったので、拙作ブログに掲載させていただきました。 今後も、気になるような記事は掲載させていただこうと思っています。 楽天/新聞 …

映画「生きる」、あの黒澤監督が訴えたかったものとは

こんにちは。いつも拙作ブログを見ていただきありがとうございます。 今回は映画のお話です。 黒澤明監督の映画「生きる」をご存知でしょうか。 この映画は、黒澤作品の中でも、 ヒューマニズムが頂点に達した。 と評価される名作です。 その題名の通り「生…

映画 トップ・ガンを見ながら英会話を学ぼう

こんにちは。いつも拙作ブログを見ていただきありがとうございます。 今回は本のお話です。 1)書籍:映画「トップ・ガン」英語シナリオ 2)出版社:スクリーンプレイ出版社 3)定価:1,200円(税込み) この本は、有名な映画「トップ・ガン」のセリフ(…

E.T. 、映画を見ながら学ぶ英会話

こんにちは。いつも拙作ブログを見ていただきありがとうございます。 今回は本のお話です。 1)書籍:E.T. 映画で覚える英会話 アルク・シネマ・シナリオシリーズ 2)出版社:アルク 3)発行:2001年4月 4)定価:1,280円(税抜き) この本は、有名な映…

「よく生き よく笑い よき死と出会う」アルフォンス・デーケン、終活時に読みたい本

こんにちは。拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。 今回は本のご紹介です。 書名:よく生き よく笑い よき死と出会う著者:アルフォンス・デーケン出版社:新潮社定価:1,512円(税込) 私が終活のなかで出会った本です。 著者のデーケン先生はド…