知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

何気ない暮らしの中に人々の営みが、私流の写真撮影(その47)

f:id:kawa2496:20200827144942j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、

私流の写真撮影(その47)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私はカメラが大好きです。

 

カメラというより、
写真といったほうが正解でしょうね。

 

今、手元にはデジイチ(デジタル一眼)が2台あります。

 

1)昔は銀塩カメラ

昔はデジタル一眼とかはなかったので、

銀塩カメラでした。

いわゆるフィルムカメラですね。

その「フィルムカメラ」を持って、
よく写真を撮りにいったものです。

 

2)被写体は何でも。

被写体ですか?

被写体は何でもありです。

風景から、そのへんに咲いている草花など・・。

とにかく何でも撮りまくりました。

 

3)フィルム時代が懐かしい。

ただ、フィルムですので、その場で確認できないのがつらかった。

お店で現像、焼き付けをしてもらっていましたので、

最低でも1週間ぐらいはかかっていました。

その間の長いこと。

しまいに、

シャッターを押したときの感動が
薄くなっていきます。

 

ただ、

その待つ時間も悪くはありませんでした。

 

出来上がりを見たときに、

別の感動がわき上がってくるのです。

 

あるいは、


「なあんだ、
ちっともよくないじゃん」

 

となることもあります。

冷めた気持ちで被写体を見るからでしょうね。

 

4)デジイチは勝負が早い。

その点、デジイチは勝負が早い。

その場で確認ができるからです。

ただし、カメラのモニターは小さいので、


確認するといっても、

写っているかどうかぐらいです。

 

それでも、

家に帰ればPCモニターで確認できますので、
ピントの精度まで見ることができます。

 

おかげで、

デジイチになって
撮影枚数は飛躍的に増えました。

その膨大な写真のなかで、
私なりにピックアップさせていただきました。

しかも解説付きです。

 

5)小難しいのは大嫌い。

ここでお断りしておきます。

私、小難しいのは嫌いです。

というか、性(しょう)に合っていません。

 

だから、

このシリーズも「普段着」のままでいきます。

 

 

 

楽天/何気ない暮らし  Amazon/何気ない暮らし

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 

1.水と一緒に「元気」を補給

f:id:kawa2496:20201014084811j:plain

2007年7月16日 袖ヶ浦球場にて

 

夏の高校野球の一瞬を撮らせていただきました。

攻守交代のシーンです。

 

守備につく選手たちを励ますシーンです。

高校野球ではよく見かける光景です。

 

控えの選手でしょうか。

 

守備につく選手に、
水の入ったコップとタオルを渡しています。

 

「ありがとう」

 

「この回もしまっていこう」

 

写真はピッチャーへの労いのようです。

 

よく見ると、
後ろには一塁手への給水も行われているようです。

 

暑い夏です。

 

水分は欠かせません。

 

同時に仲間のエネルギーももらいます。

 

野球は9人だけではありません。

 

全員による勝負なのです。

 

そうでないと、
この猛暑には勝てません。

 

もちろん、相手チームにも。

 

(写真) 2007年7月16日 袖ヶ浦球場にて撮影


2.今日は一人で見学なの?

f:id:kawa2496:20201014085022j:plain

2008年9月13日 坂田小(君津)にて

 

少年野球の練習にお邪魔しました。

君津市にある坂田小学校です。

 

ですが、
ひとりだけ練習に参加してない子がいました。

 

こういう子がいると気になるものです。

まだ小さいようです。

 

正式に入部していないのかなあ?

それとも具合でも悪いのだろうか?

 

見ている場所もみんなから少し離れています。

 

しかも木陰です。

暑さを避けているようです。

 

やっぱり具合が悪いようです。

 

心配です。

 

というか、
本人は練習をしたがっているようです。

 

そんな本人の気持ちを考えると、
ますます気になります。

 

早くみんなと練習が出来るようになればいいね。

 

お大事に。

 

(写真) 2008年9月13日 坂田小(君津)にて撮影


3.こんなチーム見たことない

f:id:kawa2496:20201014085126j:plain

2004年8月14日 君津商業にて

 

懐かしい写真をご覧いただきましょう。

 

2004年8月14日、君津商業グラウンド

君津商業 vs 片倉高校(東京)

 

片倉高校を知ったのはその時でした。

部員はわずか11名。

 

東京の都立高校です。

 

その高校が君津商業まで遠征に来たのです。

はっきり言います。

決して野球はうまくありませんでした。

しかし、その高校が、
なぜか私の心を捉えて離しませんでした。

 

なんなんでしょうか。

 

そのときはよく分かりませんでしたが、
そこに高校野球の原点を見たのだと思います。

 

とにかく今までに見た学校とは違っていました。

 

わずか11人ですが、
その11人が必死にくらいついてくるのです。

 

あの灼熱のグラウンドですよ。

 

汗だくだくです。

 

ユニフォームもご覧のとおりです。

 

たかが練習試合なのに、
必死にくらいついてくるのです。

 

いやーっ、あれには参りました。

 

決して野球はうまくはありません。

 

しかし、根性だけはずば抜けていました。

 

こんなチーム、見たことがありません。

 

心を動かされました。

 

何と素晴らしいチームなんだろう。

 

(写真) 2004年8月14日 君津商業にて撮影


4.見事な入場行進、これも練習の成果

f:id:kawa2496:20201014085230j:plain

2006年7月8日 千葉マリンスタジアムにて

 

ちょっと印象に残る写真を。

上の写真は高校野球の入場行進です。

 

2006年、夏の千葉大

 

行進しているのは京葉高校です。
市原市にある公立高校です。

 

どうでしょうか?

 

見事な行進ですね。

姿勢といい。

腕の振りかた、足の上げかたといい。

全員が揃っており、
非の打ち所がありません。

参加校約200校のなかで、

京葉高校が「ダントツ」でした。

 

だから私の印象に残っていたのです。

 

先日、
この入場行進のことで監督さんにお聞きしました。

 

「あの行進は見事でしたですね」

 

「ありがとうございます」

 

「じつは、あれも練習の成果なのです」

 

「開会式前の1週間ぐらいは毎日練習をしました」

 

面白いですね。

大会前は野球の練習だけかと思っていましたが、
入場行進の練習もするのですね。

 

もちろん、
野球の練習後だったと思いますが・・。

 

面白い監督さんです。

 

でも、開会式も大事ですので、
そこに力を入れたのも納得です。

 

野球も大事、入場行進も大事。

 

両方狙いなのですね。

 

なるほど。

 

(写真) 2006年7月8日 千葉マリンスタジアムにて撮影


5.私が伝えたかったもの

f:id:kawa2496:20201014085511j:plain

2004年8月12日 君津商業にて

 

何でもない写真を見てもらいましょう。

高校野球の練習中に撮った写真です。

練習風景としては意味のない写真です。

写真としては失格です。

 

しかし、
私は意図があってこの写真を撮りました。

 

選手のひたむきさを撮りたかったのです。

 

ユニフォームが汚れるのも気にしないで、

練習に取り組む。

 

スライディング練習を、

何度も何度も繰り返していました。

 

その結果があの姿です。

 

どうでしょうか。

 

その熱心さが伝わって来たでしょうか。

 

あの汚れたユニフォームは、
ひたむきな練習の成果なのです。

 

ユニフォームの汚れた分だけ、
力になったはずです。

 

なによりも本人の自信になりました。

 

練習は裏切りません。

あの汚れたユニフォームが覚えています。


そして、体も心も。

私はそれを伝えたかったのです。

 

(写真) 2004年8月12日 君津商業にて撮影


6.これぞ高校野球

f:id:kawa2496:20201014085633j:plain

2005年9月4日 袖ヶ浦球場にて

 

ちょっと大袈裟なタイトルですみません。

 

高校野球の1シーンを撮らせていただきました。

 

試合の記録というより、
印象に残ったシーンを切り取りました。

 

どうでしょうか?

 

この写真、美しいと思いませんか。

 

えっ? どこが?

 

もしこの美しさがお分かりにならなければ、
何を見ても美しく見えないでしょうね。

 

それとも美しさの基準が違うんでしょうか?

 

私は、
高校野球はこれでなくちゃと思っています。

 

見た目を気にしない。

格好を気にしない。

 

ただひたすら野球を楽しむ。

 

そして、
気遣うのはいつも味方のこと。

 

自分のことは二の次だ。

 

そして、
いつも一生懸命だ。

 

私には、はっきりと見えます。

 

君が、まぶしすぎるほどきれいだ。

 

そして、カッコいい。

 

カッコ良すぎる。

 

(写真) 2005年9月4日 袖ヶ浦球場にて撮影

 

 

7.まと

f:id:kawa2496:20200827144642j:plain

 


どうでしたか。

 

 へたな写真と解説では、
面白くなかったでしょう。

 

ごめんなさいね。

 

7-1.普段の生活

私がいつも狙っているのは、

「普段の生活」です。


その「普段の生活」を、

写真というかたちに切り取っています

 

写真ですので、

 

動きもなければ、音も声もありません。

 

その一瞬の中から、
生活感を出すのです。

 

簡単そうですよね。

 

でも、実際は難しいんですよ・・。

 

7-2.大事なのは写す人の感性

写真はカメラのシャッターを押せば、 

誰でも、なんでも写せます。

 

 露出も、ピントもすべて「自動(オート)」です。


いわゆる「バカチョン」です。

 

だから誰でも写せます。

 

あとは、
何を、どのように写すかです。

 

そこに、

写す人の「感性」が必要になってきます。

 

7-3.生活密着型

私の場合は、冒頭にもご紹介したように、
普段の生活が被写体になっています。

 

この「普段」「生活」がキーワードです。

 

ようするに、

「かたぐるしい話抜き」の世界です。

 

「泥臭い」

 

これが、私の目指すものです。

 

「ああ、今生きている」

 

と実感できる光景が好きなのです。

 

今回ご紹介した写真からも、

そのような「泥臭さ」感じられたら
嬉しい限りです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

 

※CMリンク※

 

楽天/何気ない暮らし  Amazon/何気ない暮らし

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 

www.star.ne.jp

 

 

 


フォトコン別冊 スポーツ写真テクニック 2013年 10月号 [雑誌]

写真上達コーチングブック (玄光社MOOK)

まるごとわかる! 撮り方ブック スポーツ編

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

 


デジカメ 防水 防水カメラ デジカメ 水中カメラ デジタルカメラ デジカメ スポーツカメラ フルHD 1080P 防水デジタルカメラ 24.0MPデュアルスクリーン オートフォーカス デジカメ 水に浮く

デジタルカメラ デジカメ HD 18.0MP 1800万画素 8倍デジタルズーム 2.7インチ液晶ディスプレイ 日本語システムサポート 550mAh充電式リチウムイオン電池が付属

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A100 光学5倍 2005万画素 シルバー A100SL


Canon デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」ダブルズームキット (ブラック) EOSKISSX9BK-WKIT

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 ダブルズームキット ブラック D3400WZBK


インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

スマホで成功! 売れる商品写真撮影講座 (玄光社MOOK)