知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

何気ない暮らしの中に人々の営みが、私流の写真撮影(その2)

f:id:kawa2496:20190616150312j:plain

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は私流の写真撮影(その2)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私はカメラが大好きです。

カメラというより、
写真といったほうが正解でしょうね。

 

今、手元にデジイチ(デジタル一眼)が2台あります。

 

1)昔は銀塩カメラ

昔はデジタル一眼とかはなく、銀塩カメラでした。

いわゆるフィルムカメラですね。

その「フィルムカメラ」を持って、
よく写真を撮りにいったものです。

 

2)被写体は何でも。

被写体ですか?

被写体は「何でもあり」です。

風景から、そのへんに咲いている草花など・・。

とにかく何でも撮りまくりました。

 

3)フィルム時代が懐かしい。。

ただフィルムですので、
その場で確認できないのがつらかった。

お店で現像、焼き付けをしてもらっていましたので、

最低でも1週間ぐらいはかかっていました。

その間の長いこと。

そうしているうちに、

シャッターを押したときの感動が
薄くなってきます。

 

ただ、

その待つ時間も悪くはありませんでした。

出来上がりを見たときに、

別の感動がわき上がってくるのです。

 

あるいは、


「なあんだ、
ちっともよくないじゃん」

 

となることもあります。

冷めた気持ちで被写体を見るからでしょうね。

 

4)デジイチは勝負が早い。

その点、デジイチは勝負が早い。

その場で確認ができるからです。

ただし、カメラのモニターは小さいので、


確認するといっても、

写っているかどうかぐらいです。

 

それでも、

家に帰ればPCモニターで確認できますので、
ピントの精度まで見ることができます。

おかげで、

デジイチになって、
撮影枚数は飛躍的に増えました。

その膨大な写真のなかで、
私なりにピックアップさせていただきました。

しかも解説付きです。

 

5)小難しいのは大嫌い。

ここでお断りしておきます。

私、小難しいのは嫌いです。

というか、

性(しょう)に合っていません。

 

だから、
このシリーズも「普段着」でいきます。

 

 

楽天/何気ない暮らし  Amazon/何気ない暮らし

楽天/生活   Amazon/生活

 

1.スタート(運動会)

f:id:kawa2496:20190410102341j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて


徒競走のスタートです。


ピストルの合図で一斉に飛び出しました。


みんな、なかなかいいフォームですね。


写真だけだと、プロのアスリートです。


写真でなくても、プロ顔負けですよね。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


2.みんなガンバレ(運動会)

f:id:kawa2496:20190410102509j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて


徒競走ですね。


みんな必死に走っていますね。


チームのため?
自分の名誉のため?
家族が見ているから?


そんなのどうでもいい。


とにかくゴールを目指してガンバレ!

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


3.小学1年生の徒競走

f:id:kawa2496:20190410102556j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて

可愛いですね。
小学1年生の徒競走です。


まだ勝ちたいという欲がないみたい。

 

前を向かず、
友だちのほうを見ている子もいます。
無邪気ですね。


でも走るのは好きみたいですね。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


4.チーム対抗リレー

f:id:kawa2496:20190410102656j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて

リレーは運動会のです。


走るほうも、見るほうも興奮します。


ポイントはバトンタッチですよね。


ここで順位が変わります。


バトンを落としたりしたら大変。


慎重に、でも急いで。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


5.後ろからランナーが

f:id:kawa2496:20190410102749j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて


運動会のリレーです。


チーム対抗のようです。

 

チームの勝利がかかっています。


後ろの黄色チームが
猛然と追い上げています。


赤、ピンチ。
黄色、がんばれ。

もう少しだ。

 

応援の声がピークに達した。

中には悲鳴のような声も。

「きゃーっ」

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


6.ダンス入場(小学校の運動会)

f:id:kawa2496:20190410102859j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて


小学生低学年のダンスです。


両手にきれいなポンポンを付けていますね。


可愛いですね。

 

ちょっと足並みが合っていないみたい。

 

大丈夫かな。

先生もなんだか心配そう。


さあ、これから
どんなダンスを見せてくれるのでしょうか。


楽しみです。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


7.二人三脚(小学校の運動会)

f:id:kawa2496:20190410103022j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて


これは運動会の定番、
二人三脚ですね。


しかもリレーです。


二人三脚は「走り出し」がむずかしい。


「中側の足からね」


と決めていても、
そのタイミングが合わないと
うまくいかない。


練習でうまくできていても、
いざ本番となると、
あせってしまって・・。


走り出しに成功すれば、
あとはピッチを上げるだけ。


でも、ピッチを上げすぎると、
足がもつれる。


しかも、コーナになると、
内と外で走る距離が変わるので、
速度合わせがむずかしい。


ほら、
後ろから追い上げてきているよ。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 


8.開会式の準備(幼稚園の運動会)

f:id:kawa2496:20190410103427j:plain

2012年9月29日 つくし幼稚園(木更津)  請西小学校にて


幼稚園の運動会です。


子供たちもそうですが、親たちも緊張します。


慣れていないのもありますし、
相手が小さいので、
体力が心配です。

 

何が起きるか心配です。


先生たちも心配。


みんな、みんな大変です。

 

段々と緊張感が高まってきました。

 

競技がいったん始まると何でもないのですが、

始まるまでが一番緊張するんですよね。

 

(写真) 2012年9月29日 つくし幼稚園(木更津)
 請西小学校にて撮影

 


9.可愛い開会宣言(幼稚園の発表会)

f:id:kawa2496:20190410103618j:plain

2012年12月7日 つくし幼稚園(木更津)  木更津市民会館にて


幼稚園の発表会です。


毎年の行事のようです。


この発表会も、
運動会と同じように、
力を入れて準備してきました。


上の写真は開会宣言の1シーンです。


少し緊張気味なところが可愛いですよね。


写真ですので声が入っておらず、
迫力に欠けますね。

(ごめんなさい)


歌や踊りなどは、
ビデオがよいのは分かっていますが、

写真には写真の良さがあります。
(これ強がりです)

 

(写真) 2012年12月7日 つくし幼稚園(木更津)
 木更津市民会館にて撮影

 


10.木更津甚句(小学校の運動会)

f:id:kawa2496:20190410103108j:plain

2017年6月10日 真舟小(木更津)にて

小学校5、6年生のダンス
「木更津甚句」です。


元気のよいかけ声が聞こえてきます。


「ヤッサイモッサイ~」

 

元気いいですね。

 

その元気につられて、
砂塵が舞っています。


おっと、
こちらまで浮き浮きしてきました。

 

こうなったら、
写真どころではありません。

 

体が自然に動いてきました。

 

(写真) 2017年6月10日 真舟小(木更津)にて撮影

 

11.まとめ

f:id:kawa2496:20190607162957j:plain


 どうでしたか。

 へたな写真と解説では、
面白くなかったでしょう。

 

ごめんなさいね。

 

11-1.普段の生活

私がいつも狙っているのは、

「普段の生活」です。


その「普段の生活」を、

写真というかたちに切り取っています

 

写真ですので、

 

動きもなければ、
音も声もありません。

 

その一瞬の中から、
生活感を出すのです。

 

簡単そうですよね。

 

でも、実際は難しいんですよ・・。

 

11-2.大事なのは写す人の感性

写真はカメラのシャッターを押せば、 

誰でも、なんでも写せます。

 露出も、ピントもすべて「自動(オート)」です。
いわゆる「バカチョン」です。

 

だから誰でも写せます。

あとは、
何を、どのように写すかです。

 

そこに、

写す人の「感性」
必要になってきます。

 

11-3.生活密着型

私の場合は、冒頭にもご紹介したように、
普段の生活が被写体になっています。

 

この「普段」「生活」がキーワードです。

 

ようするに、

「かたぐるしい話抜き」の世界です。

 

「泥臭い」

 

これが、私の目指すものです。

 

「ああ、今生きている」

 

と実感できる光景が好きなのです。

 

今回ご紹介した写真からも、

そのような
「泥臭さ」感じられたら
嬉しい限りです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。 

 

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年10月27日、11月4日
少しだけ校正させていただきました。

※CMリンク※

楽天/何気ない暮らし  Amazon/何気ない暮らし

楽天/生活   Amazon/生活

www.star.ne.jp

 

 

 

 


Canon デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」ダブルズームキット (ブラック) EOSKISSX9BK-WKIT

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 ダブルズームキット ブラック D3400WZBK


インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

スマホで成功! 売れる商品写真撮影講座 (玄光社MOOK)

 


インスタグラム商品写真の撮り方ガイド

スマホで成功! 売れる商品写真撮影講座 (玄光社MOOK)