知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

Canon 100-400mmズーム、スポーツ写真はこれ1本でOK

f:id:kawa2496:20181107063919j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回はCanon 100-400mmズームレンズのお話です。

 

まず上の写真を見てください。

夏の千葉県予選(高校野球)を撮った写真です。

使ったレンズは下記です。

 

1)メーカー:Canonキヤノン

2)レンズ:100-400mmズーム(旧型)

 

f:id:kawa2496:20181107065736j:plain

 

このズームレンズ1本で、
野球だけでなく、ラグビーやサッカーなど

どんなスポーツでも撮れます。

 もちろん、運動会でもOKです。


スポーツ万能レンズです。

 

スポーツだけではありません。


風景だって、ポートレートだって、
広角から超望遠まで撮れます。

 

ホント、このレンズは万能レンズです。

 

私の一番のお気に入りレンズです。

 

このレンズだけは死ぬまで手放せません。

 

では早速、
このズームレンズについて見ていきましょう。

 

 

 

 

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 

1.Canon 100-400mmレンズとは

f:id:kawa2496:20181107065932j:plain

f:id:kawa2496:20181107065758j:plain

 

まず簡単な仕様の紹介です。

 

1)メーカー:キヤノン

2)型番:EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

3)商品名:ズームレンズ

4)発売時期:1998年11月

5)最大径×長さ:92x189 mm

6)重量:1360 g

7)付属品:ケース、レンズフード

8)対応マウント:キヤノンEFマウント系

9)フォーカス:AF/MF

10)レンズ構成:14群17枚

11)最短撮影距離:1.8 m

12)フィルター径:77 mm

13)手ブレ補正:あり

14)フルサイズ対応:あり

 

ポイントは下記です。


2.ズーム倍率が4倍

このズーム倍率が「4倍」というところが大きな特徴です。


スポーツの撮影では、

まず撮影中はレンズ交換が出来ない

と思ったほうが良いでしょう。

そんな時間がないからです。


レンズ交換をしている間に、
シャッターチャンスを逃していまいます。

 

しかも、
動ける範囲が限られているので、
近場から遠くまでをカバーするレンズではなければなりません。

 

そんなとき、
このズーム倍率「4倍」は重宝します。

 

スポーツ写真はシャッターチャンスが命です。
(そのシーンは二度とないからです)

 

そのシャッターチャンスを逃さないためにも

このレンズは不可欠です。


3.ズーム方式が直進式

ズーム方式が「直進式」とは、
レンズを前後にスライドさせてズームする方式です。


※上の写真で、レンズの「筒」が伸び切った写真がありますが、
これは、ズームを最大「400mm」にしたときの状態です。


一方、「回転式」はレンズを回転させてズームします。


殆ど(というか、最近のすべて)のズームレンズが、
「回転式」となっています。


「回転式」のほうが、
画角(フレーミング)の微調整がしやすいからです。

 

ところが、
私が持っているCanon 100-400mmズームレンズは、
「直進式」です。


いわゆる「旧型」です。

現行機は「Ⅱ」が付いています。

現行機のズーム方式は「回転式」です。

 

私は、圧倒的に「直進」派です。


「直進式」のほうが、
ズーム操作が速いからです。


シャッターチャンスを逃さないためには、
この「直進式」は不可欠です。


しかも、私が調べたところ、
「直進式」になっているのは、
このCanon 100-400mmズームレンズ(旧型)だけのようです。

 

貴重なレンズです。

 

4.手ぶれ補正付き

正直いって、
この手ぶれ補正の恩恵にあずかったことは殆どありません。


スポーツシーンでは手ぶれより、
「被写体ぶれ」のほうが恐いのです。

 

「被写体ぶれ」を防ぐには、
シャッター速度を速くするしかありません。
(最低でも1/500秒)

 

これだけ速くすると、
必然的に「手ぶれ」はなくなります。

 

たまに、
静止したものを(例えば花などを)撮るときに、
絞りを最大に絞りみますので(被写界深度をあげたいので)、
「手ぶれ補正」を使うときがあります。

 

ということで、
スポーツシーンでは手ぶれ補正はほとんど使いません。

 

5.Canon 100-400mmレンズのメリット

Canon 100-400mmズームレンズのメリットは下記です。

 

5-1.ズーム操作が速くできる

Canon 100-400mmズームレンズ(旧型)のメリットは
これにつきます。


前述したように、
このズーム方式(直進式)の最大のメリット
です。


場面が次々に変わるスポーツ写真では、
ズームが速くなければついていけません。

 

5-2.合焦(焦点合わせ)が速い

これは内蔵モーターのおかげです。
合焦をカメラ本体が行うのではなく、
レンズ側で行っています。
(もちろん、
合焦指令はカメラ本体が出していますが)

この内蔵モーター方式を、
Canon「USM」と呼称しています。

 

モーター内蔵ですので、合焦が速くて、静かです。

すーっ、ぴたっ

と止まります。

 

5-3.画質が良い

画質は、さすがはCanon の高級レンズです。

 

因みに、
このCanon 100-400mmズームレンズには
赤線(赤ハチマキ)が入っています。


この赤線は、
「高級レンズ」の代名詞です。


ちなみに、この赤線を、
「赤ハチマキ」と呼んでいます。

 

6.Canon 100-400mmレンズのデメリット

一方Canon 100-400mmズームレンズのデメリットは、
下記になります。

 

6-1.重たい

う~ん、確かに重たいです。
ズームですので、
どうしてもレンズ枚数が多くなるからです。

また、
本ズームは頑丈に作られています。

(装甲車のようです)


その分、重たくなっているのでしょう。

 

6-2.少し暗い(F5.6)

明るさのF5.6は、
AF(自動焦点)がきくギリギリの明るさです。

 

これでは、
テレコン(x1.4)も使えません。


この明るさでは、
さすが、曇天や雨天、夕暮れ時はつらくなります。

このときは、やむを得ずISOを上げます。

    通常  暗いとき

ISO  400  800~1,600

 

当然ノイズがのってきますが、
被写体ぶれを起こして、
写真が台無しになるよりはマシです。

 

一方で「F4」という明るいズームレンズもあります。


でもこうなると、「重たい」、「高い」となります。

 

つまり、
「機動性」と「お財布」が犠牲になります。

 

7.Canon 100-400mmレンズはこんな人向け

f:id:kawa2496:20181107083936j:plain

 

このCanon 100-400mmズームレンズ(旧型)は、
ズーム操作が速いし、倍率も高いので、
その点を生かしたい人向けとなります。


1)機動性を重視したい人。

2)レンズ1本で勝負したい人。

3)シャッターチャンスを逃したくない人。

4)持っていることに喜びを得たい人。

 

8.Canon 100-400mmレンズの上手な使い方

f:id:kawa2496:20181107065850j:plain

 

本レンズのスイッチ類は上の写真のとおりです。

 

①AF/MF切り替えSW

②最短距離切り替えSW(1.8m/6.5m)

③手ぶれ補正SW
(ON/OFF、手ぶれモードⅠ/Ⅱ)

 

私が操作するSWは、
「最短距離切り替えSW」だけです。

 

通常は、
望遠を生かすために「6.5m」にしておき、

近場を撮影するときだけ「1.8m」にします。

 

このように「最短距離」切り替えて使うと、
合焦時間が短くなります。
(合焦するまでの距離が短くなるからですね)

 

9.保管方法

参考までに、
本レンズの保管方法について紹介しておきます。

といっても、特別な方法はありません。

下の写真のような防湿庫に保管します。

 

f:id:kawa2496:20190303070645j:plain

 

ただ、ものが大きいので、
少し大きめの防湿庫がよいでしょう。

大は小を兼ねるです。

防湿庫の中には、
カビキラー(かび防止剤)を入れておくと、
なお良いでしょう。

 

9-1.使ってあげるのが最高のメンテナンス

そうなんです。

レンズの最高のメンテナンス方法は、
使ってあげることです。

 

車と同じです。

 

レンズには可動部がありますので、
使ってあげたほうが長持ちします。

カビもつきません。

レンズも「使ってなんぼ」です。

どんどん使ってあげてください。

 

10.お掃除用ブロアー

f:id:kawa2496:20190810065026j:plain

10年以上も使っている私の愛用ブロアー

f:id:kawa2496:20190810065101j:plain

10年以上も使っている私の愛用ブロアー


カメラやレンズのお掃除用道具の紹介です。

それはブロアーです。

上の写真は私の愛用ブロアーです。

なんと10年以上も使っています。

 

10-1.埃を払う

ブロアーはご存じのとおり埃(ほこり)を払うためのものです。

ブロアーは、レンズの掃除や手入れに絶対に必要です。

レンズやカメラに付着した、
埃や塵を吹き飛ばすために使用します。

ブロアーを使わずに直接触れると手の皮脂などで、
カビやクモリなどの原因になることもあります。

一度そうなったカメラ(中のミラー)やレンズは、
高いお金を払って、
専門の業者に頼まなくてはいけなくなることもあります。

 

10-2.風量が多くて使い勝手がよいものを

そのブロアーですが、
下記をポイントに選びましょう。

①風量が多いこと。

②作業がしやすいこと。

 

10-3.愛用のブロアー

私の愛用のブロアーは下記です。

もう10年以上も使っています。

よって、かなり「擦れて」います。(上の写真)

 

1)メーカー:Giottos

2)商品名:ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

3)価格:1,300円程度(税込み、送料込み)
※ 2019年8月 Amazon

 


Giottos ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

 

特徴はハイパワーであることです。

ほれぼれするほどの風量です。


また、立てられることも助かります。

通常のブロアーって、ほっておくところがっていきますよね。

これはころがりません。

素直に立ってくれるのです。

まさに「ロケット」ですね。

だから、取扱いが便利なのです。

 

細かいところですが、
道具というのは、
細かいところが大事なのです。

だから10年以上も使っているのです。

 

11.汚れたところはメガネクリーナで

f:id:kawa2496:20190815073316j:plain

私が愛用しているクリーナ

f:id:kawa2496:20190815073333j:plain

私が愛用しているクリーナ(袋から出したところ)

 

お掃除道具の追加情報です。
「メガネクリーナ」の紹介です。

このクリーナは、
しつこい汚れを落とすときに重宝します。

たとえば、指紋や汗のしみなどです。

本来は、メガネのレンズ拭きですが、
これがカメラやレンズ、アクセサリー類にに重宝するのです。


とにかく、よく落ちます。
ホント気持ちが良いくらい落ちます。

しかも、拭きムラがありません。

 

昔、いろんなクリーナを試してみましたが、
全部拭きムラが多くて悩まされました。

このクリーナはそんな拭きムラが一切ありません。

<仕様>
メーカー:小林製薬
商品名:メガネクリーナ「ふきふき」
パッケージ:1箱50袋包
包みのサイズ:5.5mmX7.5mm、厚み1mm程度
お値段:600円程度(税込み)
Amazonでは2,000円以上購入時は送料無料。
(2,000円以上とは他の商品との合計です)

 


小林製薬 メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包


11-1.使い方

このクリーナの使い方を紹介しておきましょう。

 

まず、ブロアーで大きな埃(砂埃)などを取り除きます。

いきなりこのクリーナを使うと、
砂などをこすってしまい、レンズ本体にキズをつけてしまいます。

 

①ブロアーで埃を吹き飛ばす。
   ↓
②クリーナで丁寧に拭く。

 

11-2.レンズは中心から周辺に

レンズの拭き方を紹介しておきます。
(カメラのファインダーや液晶でも同じです)
これは、どんなクリーナでも同じです。
レンズの中心から周辺に向かって拭いてください。
円を描く感じです。

 

①レンズの中心を円を描くように。
  ↓
②レンズの周辺へ。

 

つまり、渦をまく感じですね。

 

11-3.袋が小さいので携帯に便利

このメガネクリーナは1枚ずつ袋に入っています。
その袋が小さいので携帯に便利です。


しかもアルミ袋に入っていますので、
中のクリーナが乾燥することがありません。

私はいつも取材用リュックのポケットや、
財布の中に何枚か入れています。

 

12.まとめ

f:id:kawa2496:20190511134435j:plain

f:id:kawa2496:20190509143141j:plain

f:id:kawa2496:20181107065953j:plain

f:id:kawa2496:20190504052818j:plain

 

どうでしたか。
Canon 100-400mmズームレンズの良さが、
お分かりになったでしょうか。

Canon 100-400mmズームレンズの望遠側は、
「400mm」と「超望遠」の領域になります。

 

このレンズを、
私はカメラCanon40Dに装着しています。

Canon40Dの画角が「1.5倍(APS-C方式)」ですので、
ズームレンズ100-400mmは、

「150ー600mm」

となります。
素晴らしい「超望遠」です。

 

これでお分かりになったでしょう。
このズームレンズがないと上のような写真が撮れません。

このレンズのおかげで私は

何10万枚ものスポーツ写真

を撮りました。

本ズームレンズは中古市場に多く出回っています。
価格も10万円を切っています。
(新品価格は25万円前後)

 

高級レンズは一生ものです。

 

多少高くても、
無理をしてでも持っておく価値があると思いますがいかがでしょうか。 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

13.ギャラリー(写真集)

上記掲載以外の写真を集めてみました。

カメラ : Canon EOS 40Dほか

 

f:id:kawa2496:20190609093749j:plain

2012年7月16日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609093814j:plain

2012年7月16日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609093839j:plain

2012年7月17日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609093855j:plain

2012年7月19日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609093912j:plain

2012年7月19日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609093933j:plain

2012年7月21日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094020j:plain

2012年7月21日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094041j:plain

2013年7月13日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094114j:plain

2013年7月14日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094136j:plain

2013年7月16日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094158j:plain

2013年7月18日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094219j:plain

2014年7月14日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609094242j:plain

2014年7月15日 袖ヶ浦球場にて

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com 

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月10日、24日、12月11日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年8月15日
10項(汚れたところはメガネクリーナで)追加。

【更新】2019年8月10日
9項(お掃除用ブロアー)追加。

【更新】2019年7月4日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。
タイトルと中身をマイナー修正しました。

【更新】2019年6月9日
タイトルと中身をマイナー修正しました。
10項(ギャラリー)追加。 

【更新】2019年5月11日
サンプル写真x1枚を追加しました。
同時にタイトルをマイナー修正しました。

※CMリンク※

 

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ

楽天/野球用品  Amazon/野球用品


フォトコン別冊 スポーツ写真テクニック 2013年 10月号 [雑誌]

写真上達コーチングブック (玄光社MOOK)

まるごとわかる! 撮り方ブック スポーツ編

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U


Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM フルサイズ対応

 


中古 ズームレンズCanon/キャノン EF100-400mm F4.5-5.6L IS USMコンディションランク【B】(商品 No.75-0)

 

 

www.star.ne.jp