知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

Canon EOS 40D、現役として今でも十分通用するデジタル一眼の名機

f:id:kawa2496:20181113113929j:plain

f:id:kawa2496:20190411152536j:plain

f:id:kawa2496:20190504052818j:plain

f:id:kawa2496:20190610105753j:plain

f:id:kawa2496:20190531162321j:plain


こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は、

デジタル一眼レフカメラを取り上げました。

  

f:id:kawa2496:20181113113955j:plain

 

<カメラ>
1)メーカー:キヤノン

2)型番:Canon EOS 40D

3)発売:2007年8月

 

このCanon EOS 40Dは、
発売が2007年ですので、
もう10年以上も前のカメラになります。

 

もちろん、製造中止品です。

 

しかし、私はこのCanon EOS 40Dを、
今でもメインで使っています。

 

私の常用機です。

 

それは、現行機にはない、

バランスの良さがあるからです。

 

しかも、発色が素晴らしい!

 

更には、故障知らずです。

 

頼もしい限りです。

 

冒頭の写真はすべて、

このCanon EOS 40Dで撮影しました。


高校野球の1シーンです。

 

私はこのカメラで、

年間10万枚以上の写真を撮っています。

もう手放せません。

 

このCanon EOS 40Dを2台所有しています。

一時は4台 持っていました。

 

このCanon EOS 40Dなしで、
私のカメラワークは考えられません。

 

まさに私の手足です。

切っても切れない相棒です。

 

では早速、
そのCanon EOS 40Dについてご紹介しましょう。

 

 

 

楽天/Canon EOS 40D  Amazon/Canon EOS 40D

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

 

1.Canon EOS 40Dの特徴

f:id:kawa2496:20181113114502j:plain

 

デジイチデジタル一眼レフ)の進歩は、
すさまじいものがあります。

 

過去に私は、
いろいろなメーカや機種を使用しましたが、
(たとえば、デジイチの国産1号機 、
Nikon D1をはじめ、計6機種ほどを使用)


最後には、

このCanon EOS 40Dに落ち着きました。

 

f:id:kawa2496:20190806073454j:plain

Canon EOS 40Dの付属品一覧

<仕様>
タイプ: デジタル一眼レフ

レンズマウントキヤノンEFマウント

素数 :1050万画素(総画素)

撮像素子 :APS-C 22.2mm×14.8mmCMOS

撮影感度 標準:ISO100~1600記録

フォーマット :JPEG/RAW

連写撮影/秒: 秒間6.5 コマ

シャッタースピード :1/8000~30 秒

液晶モニター :3インチ23万画素

ファインダー形式 :ペンタプリズム

ファインダー:倍率 0.95 倍

ファインダー視野率(上下/左右):95%/95%

記録メディア :コンパクトフラッシュマイクロドライブ

幅x高さx奥行き :145.5x107.8x73.5 mm

重量 :740 g

 

ということで、

仕様的には平凡な数値です。

 

平凡どころか、
今どきのスマホにも負けています。

 

なのに、なぜ私が気に入っているのか?

 

そのワケをじっくりご紹介したいと思います。

 

2.Canon EOS 40Dのメリット

f:id:kawa2496:20181113114553j:plain

 

Canon EOS 40Dのメリットは以下に集約されます。

 

2-1.画素数がちょうど良い(1010万画素)


「画素数が多い、イコール画質が良い」

ではありません。

 

この画素数だけで画質を評価するなら、
今どきのスマホに負けます。

 

普通のスマホでも,1,600万画素はあります。

 

しかし、
画質と画素数とは関係ありません。

 

もちろん、
素数が多いほど解像度は高くなります。

 

しかし、
解像度と画質は関係はありません。


素数が多くなると、
センサー(光を電気に変える素子)1個の

面積が小さくなります。

 

そうなると、


ダイナミックレンジが小さくなり、


ラチチュード(明るさの濃淡)が狭くなります。

 

この、
ラチチュード(明るさの濃淡)
写真のなかで、もっとも大事な要素です。


なぜなら、

カメラは光で被写体を写すからです。

 

その光の濃淡がラチチュードです。


そのラチチュードがセンサー(撮像素子)の面積

(大きさ)によって変わって来ます。

 


センサーの面積が大きいほうが、

画質は良くなります。

 


センサー(撮像素子)の面積(大きさ)が大きいほど、

明るさ(光の強弱)に対して、より敏感になる。

 

ということですね。

 

2ー2.わずか300万画素のNikon D1

少し脱線しますが、

Nikon D1のお話を・・。


ご存じのとおり、

Nikon D1は日本初のデジイチです。

 

私が最初に所有したデジイチは、

このNikon D1でした。

 

<主要仕様>

①画素数274万画素

②撮像像素子 :APS-C23.7mm×15.6mm、CCD

素数はわずか、「300万画素足らず」です。

 

ですが、画質は最高でした。

 

このNikon D1で撮った写真を、
私は平気でA3ノビに印刷していました。


その写真を、今でも部屋に飾っていますが、


画質だけでは40Dを上回っています。

 

Nikon D1の画質が最高なのは、
CCD(撮像素子)の大きさによるものです。

 

CCDが大きいと、
光の濃淡を感じやすくなるのです。
(前述)

 

それが最高の画質を実現するのです。

 

あのNikon D1はよかった。

 

本当に良かった。

 

300万画素とは信じられない画質でした。

いくらでも拡大出来ました。

 

写真を拡大しても「破綻」しません。

 

そのときに確信したのです。

 

『画質は画素数ではない、

撮像素子の大きさ(面積)だと』

 

2-3.メモリー容量がちょうど良い

また、素数が多くなると、
写真1枚あたりのメモリー容量も
大きくなります。

 

今では、
スマホのカメラでも「数MB/枚」となっています。

 

そうすると、
写真を保管する場所(記憶装置)を圧迫します。

 

同時に、
レタッチ(画像修整)や再生時の処理が重たくなります。


このCanon EOS 40Dは、


画質とメモリー容量のバランスが

絶妙です。

 

もうこれ以上

バランスのとれたデジイチは出てこないでしょう。


解像度A3ノビまで印刷しましたが、十分耐えられます。

 

2-4.連写がそれなりに早い(秒間6.5コマ)

Canon EOS 40Dの連写速度は、秒間6.5コマです。

 

この数値は決して速いとは言えません。

 

しかし、私としてはちょうど良い速さです。
(強がりではありません)

 

◆連写で撮ってもお気に入りは最初の1枚。

因みに、私の経験では連写で撮ったとしても、

気に入ったものは最初の1枚だけ

というケーズが多かったようです。

 

つまり、

連写のメリットは、

そんなにないということです。

 

むしろ、

撮影後の削除のほうが大変です。


モニターで確認して消すことを考えると、
秒間10コマなんて邪魔です。

 

バシャバシャ。

 

と運動会などで、
周りの注目を集めたいのであれば別ですが・・。
(かつて私もそのくちでした・・苦笑)

 

2-5.軽い、小さい

軽い、小さいもCanon EOS 40Dのメリットです。


この40Dより、小さく軽いカメラはありますが、


これもバランスが重要です。

 

小さすぎると、
グリップがしっくりきません。

 

また、
軽いとシャッターブレを起こしやすくなります。


もちろん、

重たすぎるのも困ったものです。

 

このバランスが大事です。


このバランスの最高なのがCanon EOS 40Dです。

 

2-6.信頼性が高い

この信頼性が最も重要です。


私は、10年以上、
このCanon EOS 40Dを使って来ましたが、

 

故障は一度もありません。

 

過去に同型機を4台使って来ましたが、
4台とも故障なしです。

 

つまり、

個体差(個体ごとの当たり外れ)ではなく、


全機が安定した信頼性

持っているということです。


特筆すべきは、

フィルターのクリーニングです。

 

昔は、このフィルターに、
「ゴミ」や「ミラーの油」が付着して、
サービスセンターに駆け込んだことが、
たびたびありました。

 

ところが、

この40Dは電源投入時に、
自動クリーニングしてくれます。


お陰で、

ゴミや油の付着がなくなりました。

 

 

いくら高画質、高性能(高速連写)を
誇っても、

写真が撮れなかったり、
写真にゴミが写っていれば、
ただの「お荷物」です。

 

「ここぞ」といったときに、


・電源が入らない。

・シャッターが降りない。

・写真にゴミが写ってしまった。

 

という経験はありませんか?


Canon EOS 40Dは、

こういうトラブルが一切ありません。

 

安心して使えるカメラです。

 

3.Canon EOS 40Dのデメリット

Canon EOS 40Dにはデメリットはありません。

 

強いていうなら、

製造中止品ですので、
下記がデメリットになるでしょう。

 

1)新品が手に入らない。

2)バッテリーなどのアクセサリー類が手に入りにくい。

 

だから、私は下記のように「買いだめ」しています。

 

◇カメラ本体x2台

◇バッテリーx5本

◇充電器x2台 

 

4.Canon EOS 40Dはこんな人向け

 f:id:kawa2496:20181113114629j:plain

 

Canon EOS 40Dは、製造中止品ですし、
販売開始から10年以上も経過していますので、

このカメラは、はっきりいって「地味」です。


心を揺さぶるような機能や性能はありません。

 

それでも、

画質は現行機を凌駕(りょうが)しています。

 

よって、Canon EOS 40Dは下記のような人向けです。

 

1)画質を重視する人。

2)使い勝手を重視する人。

3)古くても我慢できる人。

 

つまり、「見かけ」より、「カメラの本質」を重視する人。


カメラの良さが分かる人向けです。

 

高級カメラを持って、他人に自慢したい人には、

この古めかしい40Dは向きません。

40Dはあっさりとあきらめて、

最新の高級機に手を出してください。

 

そのかわり、

40Dの10数倍の対価を覚悟してください。

 

この40Dは、
あくまでも写すためのカメラです。

他人に見せびらかすようなカメラではありません。

 

つまり、

カメラでなく写真で勝負したい人向けです。

 

4ー1.APS-Cの特徴

Canon EOS 40Dイメージセンサー(撮像素子)はAPS-Cです。

これは、普通の高級機カメラが有して「フルサイズ」と比較し、

以下の特徴があります。

 

A.長所

 ①画角が1.5倍(焦点距離が1.5倍)になる。

 ②撮像素子が小さいので、カメラ本体が、小さく、軽くなる。

 

B.欠点

 ①背景のボケが小さくなる。(ボケの効果が出しにくい)

 ②画質が落ちる。(撮像素子の受光面積による)

 

この長短を整理すると、
Canon EOS 40Dはこんな人向けとなります。

 

1)どっちかというと「望遠系」の写真を撮る人。

2)画質云々より、機動性を重視する人。

 

私の場合は、
野球撮影が多いので、この焦点距離「1.5倍」が魅力です。

 

なんてたって、

300ミリが450ミリになるのです。

この魅力は大きいです。

しかも、

撮影中は球場内を動き回りますので、
「小さい、軽い」は重要です。

 

◆画質を気にするような写真を撮っているか。

一方、

APS-Cの欠点は画質ですが、
この画質を気にするような写真を1年に何枚撮るかです。

 

プロではあるまいし、
背景のボケとかを気にする場面はそんなにありません。

 

それより、「写真は撮ってなんぼ」です。

 

大きい、重たいカメラのために、
シャッターチャンスを逃しては元も子もありません。

しかも、
フルスクリーンのハイエンド(高級機)カメラは値段も高い。

※ハイエンド(高級機)カメラを買うお金があれば、
Canon EOS 40D「10数台」も買えます。

 

このへんの価値判断を
誤らないようにしたいものです。

 

5.Canon EOS 40Dの上手な使い方

f:id:kawa2496:20181113114515j:plain

 

Canon EOS 40Dの上手な使い方は簡単です。

※細かくいうと、きりがありませんので、
ポイントだけ紹介しておきます。

 

ポイントは次の2つだけです。

 

5-1.絞りは「ー1/3」へ

露出は、標準(±0)より「1/3段」絞ってください。

本機は測光がしっかりしていますので、
露出に失敗することはありませんが、


露出オーバーより、
露出アンダーのほうが、

救済(補正)しやすいからです。

 

露出オーバーになると、
その部分が「飽和」してしまって、
(つまり、露出情報がなくなって)

補正することができません。

 

5-2.画質設定は上から2番目

次に画質設定です。
もちろん、画質は良いにこしたことはありません。

※ここでいう「画質」とは、
JPEGフォーマットへ変換するときの「圧縮率」のことです。
よって、以下の理屈が成り立ちます。

 画質「高」⇒圧縮率「小」⇒メモリー「大」

 

ということで、画質を良くすると、
その分、ファイル容量が大きくなります。

 

ファイル容量が大きくなると、
あとの取り回し(写真の閲覧、修正)が大変になります。

 

つまり、後処理を考えると、
ファイル容量は小さいほうが良いのです。

 

※この画質とファイルサイズは、
トレードオフ
の関係になります。

(画質を重視すると、
ファイルサイズが大きくなる)

 

この両者のバランスを考えて下記をおすすめします。

 

画質設定メニューの上から2番目

 

そのほかは、

デフォルトのままで結構す。

 

私は、この10年間、上記設定のままです。

これで、不自由を感じたことは
一度もありません。

 


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

 

5-3.撮影時のモード選択

Canon EOS 40Dの撮影時の注意事項を記載しておきます。


私が普段から注意していることです。

なお、
各モードの詳細はCanon EOS 40Dの取扱い説明書をご参照ください。(下記URL)

https://cweb.canon.jp/manual/eosd/pdf/eos40dcug.pdf

 

5-4.AFフレーム

AFフレームは9つに別れています。
被写体に合わせて、どこにピントを合わせるかで、
そのAFフレームが決まります。

 

◆「中央」が基本。

私は、もっぱら「中央」を使っています。

というのは、
「中央」が一番ピント感度が高いからです。


逆光でもAFがよくききます。


また、
光が少なくてもピント合わせが正確です。

一方で近景のポートレートのように被写体の目にピントを合わせながら構図を行う(フレーミングする)場合は、中央以外のフレームを選択することになります。

 

これは、

シャッターを半押ししてピント合わせをしたあとに、
フレーミングする(構図を決める)ことが出来ないからです。

 

上記の方法でフレーミングするとピントがあまくなります。

 

これはピント合わせした(半押しした)ときと、
フレーミングしたときでは被写体との距離が狂うからです。


5-5.AFモード

AFモードには下記の3つがあります。

①ONE SHOT:
止まっている被写体を撮るときに使用。

②AI SERVO:
動いている被写体を撮るときに使用。

シャッターの半押しで被写体を追従します。

③AI FOCUS:被写体の状態に応じて、
①と②を自動的に切り替える。
(あまり使いません)

5-6.ドライブモード

AFモードには、
下記3つのドライブモードがあります。

 

①1枚撮影:
シャッターを押すごとに1枚の写真を撮ります。


②高速連続撮影:約6.5コマ/秒
いわゆる「高速連写」です。
スポーツシーンでは「必須」です。

 

③低速連続撮影:約3コマ/秒
(あまり使いません。中途半端ですもん)

 

5-7.タイムラグと起動速度

Canon EOS 40Dの撮影時の注意事項を記載しておきます。


多分、皆さんも気になっていることだと思います。

それは、「タイムラグ」「起動速度」です。

 

①「タイムラグ」:
 シャッターを押してから写真が写るまでの時間。

 正確にはシャッタータイムラグとレリーズタイムラグがあります。
 この違いはAF時間が含まれるかどうかです。
 シャッタータイムラグ:AF時間を含む。

 レリーズタイムラグ :AF時間を含まない。

AF時間には条件によってバラツキがありますので、
カタログには「レリーズタイムラグ」が記載されています。

 

②起動速度:電源ONから写真が写せるようになるまでの時間。
起動時間が遅いと、シャッターチャンスを逃す恐れがあります。

 

各値は下記となっています。(Canon EOS 40D

 

◇レリーズタイムラグ:59ミリ秒(約0.06秒)

◇起動時間:約0.15秒

 

結論:まったく問題なし。
(十分過ぎるぐらいの性能です)

 

5-8.レリーズタイムラグ

Canon EOS 40Dのレリーズタイムラグは、

以下のようになっています。

 

レリーズタイムラグ:59ミリ秒(約0.06秒)

 

結論からいうと、この数値であれば、
まったく問題ありません。


というか、私はこんな数値なんか気にしません。
むしろ体感を重視しています。
その体感から判断しても、


40Dのタイムラグは、

まったく問題なしです。

 

ちなみに、
一眼カメラは「ミラーアップ」に時間がかかりますので、
これ以上の高速化は無理です。


むしろ、
タイムラグだけをみるとコンデジのほうが優秀です。


次に、
このタイムラグが実写に影響するかですが、
40D程度のタイムラグ(0.06秒)であれば、
まったく問題ありません。


カメラには、
多かれ少なかれ、タイムラグはあります。


つまり、
シャッターを押してから実際に画像に写るまでに

時間遅れが必ずあります。


その時間遅れは、
ある意味カメラの「クセ」です。


そのカメラの「クセ」に慣れるしかありません。


野球撮影では(他の撮影でも同じですが)、
この「クセ」を熟知した上での撮影になります。


たとえば、
バッターがバットを振るシーンを撮るとしたら、
バッターがバットを振り出す直前に、
シャッターを押さなければなりません。


この「早め」「時間感覚」は、
身体で覚えるしかありません。


しかし、
慣れてくるとまったく苦になりません。


ほぼ100%の確率で「当たり」ります。

 

5-9.カメラの起動時間

次に、カメラの起動時間です。
40Dの起動時間は約0.15秒となっています。


もちろん、
最新機では、もっと早いカメラもありますが、

私は、この程度の早さであれば、
全然気になりません。


いえ、むしろ「早い」とさえ思っています。

 

5-10.私はストラップはつけない

少し余計な話になるかもしれません。

ストラップについて私見を書かせていただきます。

f:id:kawa2496:20190606062550j:plain

Canon EOS 40Dの純正ストラップ 新品(上)、中古(下)

上の写真は、
Canon EOS 40Dの純正ストラップです。


本体に同梱されています。(本体の付属品)


私は、このストラップを2本持っています。

(本体と同じ数ですね)

新品と中古です。

この2本とも、
購入時のままで、一度も使ったことがありません。

私は「ノーストラップ派」です。

カメラにはストラップは付けません。

何故「ノーストラップ派」なのか、
それについて書かせていただきます。

 

 

ストラップは、
撮影するときに邪魔になるからです。

 

私の経験上、


ストラップはデメリットこそあって、
メリットを感じたことはありません。

(ストラップのファッション性は別ですが)

 

5-11.ストラップのデメリット

①撮影時に邪魔になる。

  あの「ひらひら」はどうしても邪魔です。
  撮影時に悪影響します。
  風でも吹いていれば、もう最悪です。
  「帯紐(おびひも)」についているプラスティックが、
  本体やレンズにあたって、カタカタと音がします。
  しまいには、
  レンズを傷つけるのではと、ヒヤヒヤです。

 

②本体から外れたときが最悪。

  ストラップを肩からさげていて、
  カメラを落としそうになったことがあります。

  ストラップの本体取付部が外れたのですね。


  片方でも外れれば、
  そのまま本体は地面にガチャン。

  たしかにストラップがあると、
  カメラを首や肩から下げられますので、
  両手が空いて便利です。
  

  しかし、
  一方で、
  カメラが落ちる
  リスクがあることを忘れないように
 
しましょう。

※やっぱり、カメラは素手で持つに限ります。
ちなみに、
私は移動中は本体をタオルで巻いて、
リュックに入れています。
(そのタオルは、雨が降ったときに重宝します)


入れ物は専用のカメラバッグなどの、
「しゃれた」ものではありません。
(昔は持っていましたが)

普通のリュックで十分です。

 

③メンテナンスも大変。

  そうなんです。
  このストラップはメンテも大変なんです。


  砂埃(すなぼこり)の多いところに持っていくと、
  ストラップが砂まみれになります。


  そのときは、
  濡れたタオルで拭いてやりますが、
  これが面倒なんです。


  場合によっては、
  ストラップを本体から取り外すことになります。


  留め具の狭いところに砂埃が入っているからです。
  とにかく、メンテが大変です。

 

5-12.ストラップのメリット

①ミーハー向け。

  ストラップのメリットは、
  唯一ファッション性だと思っています。

  そういう私も、
  一時期そのミーハーでした。


  本体付属のストラップでは、
  「野暮ったい」ということで、
  プロ向けのものを買ったことがあります。


  何万円も払ってですよ。
  (無駄なことをしてしまったと後悔しています)

  

  つまり、ストラップは「ミーハー」向けなんですね。


 ・他人への優越感。
 ・自分自身の満足。

 

ストラップの有無や、その良否で、
写真の腕が上がるわけではありません。
写真がうまくなるわけでもありません。
(うまくなったと錯覚することはありますが・・笑)

 

余計なモノはないほうが良いです。
余計なモノがないほうが撮影に専念できます。

 

カメラは格好ではありません。
(私も一時期、格好を気にしていましたが)

中身(腕)で勝負しましょう。

 

5-13.視度調整つまみ

次に、「視度調整」について補足しておきます。

この視度調整は、大抵のカメラに付いています。

下の写真はCanon EOS 40Dの視度調整です。

f:id:kawa2496:20190705091148j:plain

視度調整つまみ ファインダーの右上のダイヤルです。

ファインダー覗き口の右上にあります。
(+-とあるのが、その「つまみ」です)

この視度調整は、
ファインダー内のAFフレームを見やすくするためのものです。
撮影者の視力に合わせて、
このダイヤルで最適視界に調整します。

視度調整を行うと、
AFフレームだけでなく、
ファインダーそのものも鮮明になります。

ファインダーが不鮮明のまま、
長時間にわたって覗くと大変目が疲れます。

この視度調整は、
目の疲れを防ぐためにも重要な機能です。

 

◆視度調整の仕方。

さて、その視度調整ですが、
ぴたっと調整するのは至難の業です。


よって、
一度ダイヤルを目一杯どちらかの方向に

回してください。

 

そうすると、全体がボケてきます。

 

その極端なボケからスタートして、
ダイヤルを回しながら最適点を見つけてください。

 

5-14.日付/時計機能用電池の交換

次に、あまり馴染みのない電池について補足しておきます。

1)電池名:日付/時計機能用電池

2)用途:日付/時計の記憶(バックアップ)用

3)寿命:約5年

4)電池の型番:CR2016

f:id:kawa2496:20190806074620j:plain

ボタン電池(CR2016)

5)価格(実勢):約100円(100均にも売っています)


電池(カメラ用電池)を交換したときに、
日付/時計がリセットされるようであれば、
新しいボタン電池(CR2016)に交換しましょう。


といっても、
この電池が寿命でもカメラ機能には影響しません。
(電源のON/OFF可能)
日付/時計を再設定すればよいだけです。

このボタン電池の収納場所は、
カメラ用電池の収納ボックスの中(入り口)にあります。

下記写真を参照されてください。

 

f:id:kawa2496:20190806074538j:plain

日付/時計機能用電池の収納場所

 

6.保管方法

参考までに、
本機の保管方法について紹介しておきます。

といっても、特別な方法はありません。

以下のような防湿庫に保管します。

 

f:id:kawa2496:20190303070645j:plain

 

 防湿庫の中には、
カビキラー(かび防止剤)を入れておくと、
なお良いでしょう。

 

6-1.使ってあげるのが何よりのメンテナンス

そうなんです。

本機の最高のメンテナンス方法は、
使ってあげることです。

 

車と同じです。

カメラには可動部がありますので、
使ってあげたほうが長持ちします。

カビもつきません。

 

カメラも「使ってなんぼ」です。

どんどん使ってあげてください。

 


東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 116L ブラック ED-120CATP(B)

 

7.おすすめのアクセサリー

おすめのアクセサリーをご紹介しておきます。

実際に私が使っているものです。

 

7-1.Canon バッテリーグリップ BG-E2N

f:id:kawa2496:20190404143426j:plain

Canon バッテリーグリップ BG-E2N 40Dに装着したところ

このバッテリーグリップは、40D本体のバッテリーに装着します。
(上記写真参照)

 

◆特徴

f:id:kawa2496:20190404144329j:plain

Canon バッテリーグリップ BG-E2N バッテリーx2個を取り出したところ

①バッテリーが計2個装着出来ます。

これで、本体だけのときより、
2倍のバッテリー容量が確保できます。

 

たしかにその分、重たくなりますが、
むしろ重量バランスは良くなります。

 

②重量バランスが良くなる。

本体だけだと、少し軽いところが気になっていましたが、
このグリップを付けることで、
適度な重量が確保できます。

いきおい、カメラブレが防げます。

 

③タテ撮りがしやすい。

写真を見ればお分かりでしょうが、
本体を90度回転させてたときのグリップも
用意されています。

しかも、

グリップの太さがジャストフィットです。


シャッターボタンもタテ撮り専用がついているので、
何の抵抗も無しにタテ撮りができます。

 

④防塵・防滴。

このグリップ自身も、本体と同様に防塵・防滴です。


悪天候でも、平気で写真撮影に専念できます。

 

 
Canon バッテリーグリップ BG-E2N

 

 

7-2.コンパクトフラッシュ

f:id:kawa2496:20190526084432j:plain

記録メディアについて書きます。


本機(EOS 40D)の記録メディアは、
コンパクトフラッシュ」です。

 

①メーカー

メーカーには、こだわる必要はありません。
ただし、
できるだけ「ブランド品」を使いましょう。

 

それは「信頼性」を重視するためです。

とにかく、
大事な写真を記録するメディアです。

保存ファイル(写真)が、
読めない、書けない、
となっては大変です。

ここは、信頼性重視で行きましょう。

 

②メモリー容量

モリー容量は「4GB」をお奨めします。

この「4GB」で、
写真は約2,000枚撮れます。

普通の撮り方では「2日分」です。

 

③枚数

それより、
コンパクトフラッシュの枚数にこだわりましょう。

私は最低3枚所持しています。

 

本体×1枚,予備×2枚

 

16GBのコンパクトフラッシュを1枚持つより、
4GBを4枚持つようにしてください。

理由は分かりますよね。

 

「危険分散」です。

 

16GBのコンパクトフラッシュ
写真を1万枚近く記録していて、

そのコンパクトフラッシュが、
クラッシュ(破損)しては、
ダメージ(影響)が大きくなります。

 

それより、
複数のコンパクトフラッシュに分散保存していたほうが、
ダメージ(影響)は小さくなりますよね。

 

④価格

現在の容量の主流は「32GB」になっているようです。
新品で2,500円程度するようです。

(下記リンク参照)

 

これはもったいない気がします。

それより「4GB」のものを探して、
それを複数持つようにしてください。
(理由前述)

 

◆中古でもOK。

別に新品にこだわる必要はありません。
(可動部がないので消耗の心配なし)

よって、
メルカリなどで安い中古を探しましょう。

目安:4GB⇒1,000円以下

私の持っているコンパクトフラッシュは、
すべて「中古」です。

中古のほうが使いこなされていますので、
初期不良」の心配がありません。

 
SANDISK ( サンディスク ) 32GB Compact Flash Memory ( 読取速度 最大 120MB 秒 / 書込速度 最大 85MB/秒 ) Extreme SDCFXSB-032G-G46 [ 海外パッケージ ]


BUFFALO RCF-X32MY コンパクトフラッシュ 32MB

 

7-3.お掃除用ブロアー

f:id:kawa2496:20190808072943j:plain

私の愛用ブロアー

f:id:kawa2496:20190808073009j:plain

私の愛用ブロアー

カメラやレンズのお掃除用道具の紹介です。

それはブロアーです。

 

◆埃を払う。

ブロアーはご存じのとおり埃(ほこり)を払うためのものです。

ブロアーは、カメラの掃除や手入れに絶対に必要です。

レンズやカメラに付着した、
埃や塵を吹き飛ばすために使用します。

ブロアーを使わずに直接触れると手の皮脂などで、
カビやクモリなどの原因になることもあります。

一度そうなったカメラ(中のミラー)やレンズは、
高いお金を払って、
専門の業者に頼まなくてはいけなくなることもあります。

 

◆風量が多くて、使い勝手がよいものを。

そのブロアーですが、
下記をポイントに選びましょう。

①風量が多いこと。

②作業がしやすいこと。

 

◆愛用のブロアー。

私の愛用のブロアーは下記です。

もう10年以上も使っています。

よって、かなり「擦れて」います。(上の写真)

1)メーカー:Giottos

2)商品名:ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

3)価格:1,300円程度(税込み、送料込み)
※ 2019年8月 Amazon

 


Giottos ハイパワーロケットブロアー AA1900 Lサイズ(ジャンボ)

 

特徴はハイパワーであることです。

ほれぼれするほどの風量です。

 また、
立てられることも助かります。

 

通常のブロアーって、
ほっておくと、ころがっていきますよね。

このブロアーはころがりません。

素直に立ってくれるのです。

まさに「ロケット」ですね。

だから、取扱いが便利なのです。

細かいところなのですが、
道具というのは、細かいところが大事なのです。

だから10年以上も使っているのです。

 

7-4.汚れたところはメガネクリーナで

f:id:kawa2496:20190812072145j:plain

私が愛用しているクリーナ

f:id:kawa2496:20190812072225j:plain

私が愛用しているクリーナ(袋から出したところ)

お掃除道具の追加情報です。
「メガネクリーナ」のご紹介です。

このクリーナは、
しつこい汚れを落とすときに重宝します。

たとえば、指紋や汗のしみなどです。

※とくに、
カメラのファインダー(覗き窓)、液晶などに使います。

 

本来は、メガネのレンズ拭きですが、
これがカメラやレンズ、アクセサリー類に重宝するのです。
とにかくよく落ちます。
ホント気持ちが良いくらい汚れが落ちるのです。

しかも拭きムラがありません。

昔、いろんなクリーナを試してみましたが、
全部が拭きムラが多くて悩まされました。

このクリーナはそんな拭きムラが一切ありません。

<仕様>
メーカー:小林製薬
商品名:メガネクリーナ「ふきふき」
パッケージ:1箱50袋包
包みのサイズ:5.5mmX7.5mm、厚み1mm程度
お値段:600円程度(税込み)
2019年8月現在
Amazonでは2,000円以上購入時は送料無料。
(2,000円以上とは他の商品との合計です)

 

◆使い方。

まず、ブロアーで大きな埃(砂埃)などを取り除きます。
(そうしないと、
いきなりこのクリーナを使うと、
砂などをこすってしまい、本体にキズをつけてしまいます)

①ブロアーで埃を吹き飛ばす。
   ↓
②クリーナで丁寧に拭く。

 

◆レンズは中心から周辺に。

レンズの拭き方を紹介しておきます。
(ファインダーや液晶でも同じです)
これは、どんなクリーナでも同じです。
レンズの中心から周辺に向かって拭いてください。
円を描く感じです。

①レンズの中心。
  ↓
②レンズの周辺へ。

つまり、渦をまく感じですね。

 

◆袋が小さいので携帯に便利。

このメガネクリーナは1枚ずつ袋に入っています。
その袋が小さいので携帯に便利です。


しかもアルミ袋に入っていますので、
中のクリーナが乾燥することがありません。

私はいつも取材用リュックのポケットや、
財布の中に何枚か入れています。


小林製薬 メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包


8.まとめ

f:id:kawa2496:20190420065255j:plain

f:id:kawa2496:20181113114704j:plain

f:id:kawa2496:20181113114649j:plain

 

カメラは「道具」です。

働いて「なんぼ」です。

 

その道具である、カメラに神経を使いたくありません。

 

空気のような存在であって欲しいのです。

まさに、
Canon EOS 40Dは、その「道具」です。

マニア仲間では、Canon EOS 40D「名機」と呼ばれています。

うなずけます。

私は過去に10種類近く、デジイチを使って来ましたが、とことん惚れ込んだのは、
このCanon EOS 40Dだけです。

 

マニアと同様、私もこれ以上のバランスの良いデジイチはもう登場しないのでは、
と思っています。


大枚をはたけば、いくらでも、
高性能なデジタル一眼が手に入ります。

 

そんなユーザーにかかれば、
Canon EOS 40Dなんか、


「おもちゃ」
みたいなものでしょう。

 

しかも、
わずか1台1万円前後で手に入ります。

 

本当におもちゃ価格です。

 

さて、ここでみなさんに質問です。

 

①高性能なデジタル一眼を使いこなせますか?

 

②秒間10枚以上の高速連写で恩恵にこうむることが年に何回ありますか?

 

③そんな高速連写で何を撮るというのですか?


しかも、画素数で競ってどうするのですか?


3,000万画素、5,000万画素・・。


こんなもの素人には不要です。
(プロには必要でしょうが)

 

私も、過去にプロ級のデジイチに手を出しました。

しかも何台も。。

そのお金で車が何台買えたことか・・。

 

しかし、
そんなの持っているだけで、何も価値がありません。

疲れるだけです。


重たいし、ぶつけたりしないかと神経を使ってばかり・・。

 

カメラをそんなところに神経を使っていては、
いい写真なんか撮れっこありません。

 

いい写真なんか絶対に撮れません。

 

前にも言いましたがカメラは道具です。

 

働いてなんぼです。


いい写真を撮ってなんぼです。

 

カメラは、
働いているときが一番輝いているのです。

 

その道具であるカメラを、
自分の手足のように使いこなす。

 

それができなければ、どんな高級なカメラをもってしても、
いい写真は撮れません。

 

タダのお荷物です。

 

これは、私の経験から得た結論です。

 


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

9.便利ソフトのご紹介

デジタル一眼(キヤノン限定)のショット数を確認する
ソフトの紹介です。

f:id:kawa2496:20190527144646p:plain

アプリ「Canon EOS DIGITAL Info」で自機(40D)を接続したところ


これがあると、
愛機の使用程度を客観的に知ることができます。

中古品を買うときに、
そのカメラのショット数(シャッター数)から、
使用程度を把握することができます。

また、自機の実績管理にも使えます。

私は、
複数のEOS 40Dまんべんなく使用するために、
このソフトでショット数を実績管理しています。

 

1)ソフト名:Canon EOS DIGITAL Info

※本ソフトはWindows専用です。
Macはダメみたい)
当方の環境Win8.1でも動作しました。

2)画面仕様:上の画面を参照してください。
中央部の上から2番目の数字「58763」がショット数です。

3)使用手順

①ソフトをダウンロード
 CanonEosDigitalInfo_v1.4_SDK_v2.14.zip
 ・・ 2019/5/27時点の最新Ver

※ソフトの所在はネットで検索してください。
  ↓
②ダウンロードしたZIPファイルをそのまま解凍
  ↓
③解凍後のフォルダーを適当な場所に移動
(そのままでも良い)
  ↓
④そのフォルダーのなかの、
下記実行ファイルをダブルクリック。
 CanonEosDigitalInfo.exe
  ↓
⑤該アプリが起動し、初期画面が開く。
(上記画面の各欄が空白の状態)
  ↓
⑥カメラ(ex. EOS 40Dなど)をPCに接続(USBケーブル使用)し、
カメラの電源を入れる。
  ↓
⑦アプリ画面の左上の「Connect(カメラアイコン)」をクリック。
  ↓
これでカメラの種類(ex.40D)やショット数などが表示されます。

 

10.ギャラリー(写真集)

【撮影データ】

カメラ : Canon 40D
レンズ : Canon EF 100-400/4.5-5.6 L IS USM

 

f:id:kawa2496:20190422123146j:plain

f:id:kawa2496:20190511133845j:plain

f:id:kawa2496:20190422123106j:plain

f:id:kawa2496:20190422123116j:plain

f:id:kawa2496:20190422123058j:plain

f:id:kawa2496:20190422123127j:plain

f:id:kawa2496:20190422123136j:plain

f:id:kawa2496:20190422123047j:plain

f:id:kawa2496:20190422123017j:plain

f:id:kawa2496:20190422123037j:plain

f:id:kawa2496:20190422123027j:plain

f:id:kawa2496:20190423070121j:plain

f:id:kawa2496:20190423070132j:plain

f:id:kawa2496:20190423070143j:plain

f:id:kawa2496:20190423070153j:plain

f:id:kawa2496:20190423070206j:plain

f:id:kawa2496:20190423070217j:plain

f:id:kawa2496:20190423070228j:plain

f:id:kawa2496:20190423070239j:plain

f:id:kawa2496:20190423070250j:plain

f:id:kawa2496:20190423070301j:plain

f:id:kawa2496:20190423070315j:plain

f:id:kawa2496:20190423070327j:plain

f:id:kawa2496:20190423070341j:plain

f:id:kawa2496:20190423070352j:plain

f:id:kawa2496:20190506162309j:plain

f:id:kawa2496:20190506162322j:plain

f:id:kawa2496:20190506162333j:plain

f:id:kawa2496:20190506162344j:plain

f:id:kawa2496:20190506162358j:plain

f:id:kawa2496:20190506162417j:plain

f:id:kawa2496:20190506162432j:plain

f:id:kawa2496:20190506162448j:plain

f:id:kawa2496:20190508093318j:plain

f:id:kawa2496:20190508093348j:plain

f:id:kawa2496:20190508093421j:plain

f:id:kawa2496:20190508093429j:plain

f:id:kawa2496:20190508093438j:plain

f:id:kawa2496:20190508093453j:plain

f:id:kawa2496:20190508093506j:plain

f:id:kawa2496:20190509143141j:plain

f:id:kawa2496:20190510155414j:plain

f:id:kawa2496:20190512082125j:plain

f:id:kawa2496:20190512082135j:plain

f:id:kawa2496:20190512082145j:plain

f:id:kawa2496:20190512082155j:plain

f:id:kawa2496:20190512082204j:plain

f:id:kawa2496:20190512082212j:plain

f:id:kawa2496:20190512082222j:plain

f:id:kawa2496:20190512082230j:plain

f:id:kawa2496:20190512082240j:plain

f:id:kawa2496:20190514140529j:plain

f:id:kawa2496:20190514140541j:plain

f:id:kawa2496:20190603070552j:plain

2012年5月12日 拓大紅陵にて

f:id:kawa2496:20190603070753j:plain

2009年7月23日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190514140553j:plain

f:id:kawa2496:20190514140605j:plain

f:id:kawa2496:20190514140617j:plain

f:id:kawa2496:20190514140627j:plain

f:id:kawa2496:20190603070704j:plain

2009年7月18日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190515101012j:plain

2012年7月19日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190516052027j:plain

2014年5月17日 拓大紅陵(木更津)にて

f:id:kawa2496:20190522072347j:plain

2004年7月19日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190531162336j:plain

f:id:kawa2496:20190525164145j:plain

2009年7月11日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190527062934j:plain

2008年8月29日 志学館にて

f:id:kawa2496:20190528052849j:plain

2010年7月17日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190529065804j:plain

2010年7月21日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190529065838j:plain

2010年7月21日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190530142412j:plain

2103年5月25日 志学館(木更津)にて

f:id:kawa2496:20190530142514j:plain

2013年7月26日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190601135955j:plain

2011年7月17日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190605053947j:plain

2008年9月23日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609104835j:plain

2011年7月11日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609105013j:plain

2011年7月11日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609104955j:plain

2011年7月10日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609105256j:plain

2012年7月11日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190609105356j:plain

2012年7月16日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190614061043j:plain

2011年5月8日 志学館にて

f:id:kawa2496:20190615063047j:plain

2011年7月10日 袖ヶ浦球場にて

f:id:kawa2496:20190616052417j:plain

2011年7月19日 袖ヶ浦球場にて

 

【関連記事】

なお、
カメラに装着するレンズにも気を遣ってくださいね。

レンズにご興味があるかたは、
下記拙作ブログを参考にしてください。

 

kawa2496.hatenablog.com

サンニッパ、そのとろけるような背景にしびれる - 知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

100-400ミリ

24-105ミリ

50ミリ

フラッシュ、主役を引き立てる名脇役 - 知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

 

kawa2496.hatenablog.com

また、
Canon EOS 40D実写テクニックについては、
下記拙作ブログをご参照ください。

◇ 野球写真、実写をまじえて解説する10のポイント - 知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

◇ 野球の一瞬を切る、写真の撮り方、5つのシーン別テクニック - 知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

 

◇その他の関連記事:

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2020年1月9日、16日、3月11日、16日、6月5日、6月29日、7月24日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年9月28日
全体的にスッキリさせました。 

※CMリンク※

 

楽天/Canon EOS 40D  Amazon/Canon EOS 40D

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ 

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

 

 


小林製薬 【まとめ買い】メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包×3個

小林製薬 メガネクリーナふきふき 眼鏡拭きシート(個包装タイプ) 50包


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D
■種別 画像+文字 画像 文字 ■画像サイズ ■プレビュー Canon EOS 40D完全ガイド―ボディインプレッション、レンズ対決、撮影術を完全攻 (インプレスムック DCM MOOK) ■ソース
Canon EOS 40D完全ガイド―ボディインプレッション、レンズ対決、撮影術を完全攻 (インプレスムック DCM MOOK)

Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STM APS-C対応 EF-S2428STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 


Powerextra Canon BP-511/BP-511A 互換バッテリー2個セット+充電器 Canon EOS 5D, 50D, 40D, 20D, 30D, 10D, Digital Rebel 1D, D60, 300D, D30, Kiss Powershot G5, Pro 1, G2, G3, G6, G1, Pro90 対応

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 50D ボディ EOS50D


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D

 


Canon EOS 40D完全ガイド―ボディインプレッション、レンズ対決、撮影術を完全攻 (インプレスムック DCM MOOK)

 


【中古】【1年保証】【美品】Canon EOS 40D EF-S 18-55mm IS レンズキット

www.star.ne.jp