知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

むのたけじ、やるなら死にものぐるい命がけ

ããã®ããããåçãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は新聞記事のお話です。

 

新聞を読んでいて、
少し気になったので、
拙作ブログに掲載させていただきました。

 

今後も、
気になるような記事は掲載させていただこうと思っています。 

 

今回は、

むのたけじさん

を取り上げました。

 

生涯ジャーナリスト精神を貫いた無骨なかたです。

 

最近こんな人が少なくなりました。

 

そのむのたけじさん

お亡くなりました。

 

その追悼の意味を込めて書きます。

 

 

 

楽天/むのたけじ  Amazon/むのたけじ

 

1.掲載新聞

この記事が掲載されていた新聞は下記です。

 

1)新聞:東京新聞

2)日付:2018年11月7日(水)朝刊

3)ページ:5面

4)紙面タイトル:「発言」

5)記事:むのさんから「学ぶ」大切さ

 

2.投稿要旨

f:id:kawa2496:20181107125004j:plain

é¢é£ç»å

 

投稿要旨を紹介しておきます。

 

投稿者は、
むのたけじさんの講演会で、
同氏がおっしゃった言葉を、
感慨深げに紹介しています。

 

1)戦争の愚かさ

2)学ぶ大切さ

3)長生きの秘訣

 

◆学ぶ大切さ。

「生きることは、学ぶこと」

「学ぶことは、育つこと」

 

◆長生きの秘訣。

「何事も中途半端にしない」 

 

3.私の感想

ããã®ããããåçãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

この投稿記事にあるむのたけじさんは、
私も気になっていました。


過去に録りためたビデオのなかに、
むのたけじさんの特集がありました。

 

その「むのたけじ」さんの語り口や、
言葉が私の心に刺さりました。

 

そんなときに今回の投稿に出会いました。

 

私は意を強くしました。

 

私も、「むのたけじ」さんのことを書こうと。

 

4.むのたけじさんについて

むのたけじさんについて少し紹介しておきます。

 

むのさんは、
「戦争絶滅」訴え続けた
日本のジャーナリストです。

 

4-1.経歴

戦前・戦中は朝日新聞の記者でしたが、
大本営発表のウソを書き続けた
「責任」 をとって、
敗戦と同時に退職。

戦後は、
故郷秋田で地方紙「たいまつ」を
30年にわたって自力で発行しました。

記者として、戦前・戦後の日本社会を取材し続け、
膨大な記事と発言を残してきました。

「戦争を絶滅させる」

その言葉や生き方は、
読者のみならず、
ジャーナリストをめざす若者にも影響を与えてきました。

 

4-2.ご逝去

むのさんは、2016年8月21日
101歳でその生涯をとじました。


亡くなる前の年は、
投稿者が聞いた講演会の年でもあります。


私が見たテレビの講演会の年でもあります。

 

ご冥福をお祈りします。

 

5.やるなら死にものぐるい命がけ

f:id:kawa2496:20190512083144p:plain

 

そこで、今回のテーマです。

 

やるなら死にものぐるい命がけ

 

これも、
むのさんの講演会に出てくる言葉です。

以下、その講演会の言葉を紹介します。

 

2015年5月31日、平和のための戦争展 in よこはま

 

「私が出会った人のなかで、
”立派だなあと思う人”には、
共通点があります」

 

「自分を誇りに思う人です」

 

「自分を大切にする人です」

 

「自分を大切にする人は、
他人も大切にします」

 

「誇りと責任を持っている人ですから、
他人を裏切りません」

 

「他人を大切することを考えれば、
戦争はなくせます」

 

5-1.今のメディアについて

「頭のてっぺんから
足の指先まで洗い直しなさい」

 

「今のままでは、
過去の過ちを繰り返すばかり」

 

「相手は民衆でしょう」

 

「民衆と一緒になって、
ニュースを提供しなさい」

 

5-2.ジャーナリストの神髄に迫る

「ダメだと思ったら指一本動かすな」

 

「やり始めたら命がけでやりなさい」

 

「やるなら死にものぐるい、
命がけ」

 

そうすれば、必ず道が拓けます

 

6.まとめ

f:id:kawa2496:20191110073653j:plain

 

どうでしたでしょうか。

むのたけじさんの熱いメッセージが伝わったでしょうか。

 

今回は感動の「おすそわけ」です。

 

今の政治家に届けたい言葉ですが、
保身に凝り固まっている今の政治家連中には、
無理な相談でしょう。

 

残念です。

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月10日、2020年3月9日、7月17日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年8月16日
中身(文章)をマイナー修正しました。

【更新】2019年8月10日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

【更新】2019年5月12日
タイトルと中身(文章)をマイナー修正しました。

※CMリンク※

 

楽天/むのたけじ  Amazon/むのたけじ 

 

 


たいまつ十六年 (岩波現代文庫)

詞集 たいまつ〈1〉 (評論社の新書 (114))

むのたけじ 100歳のジャーナリストからきみへ 平和

新書850むのたけじ 笑う101歳 (平凡社新書)

希望は絶望のど真ん中に (岩波新書)

99歳一日一言 (岩波新書)

日本で100年、生きてきて (朝日新書)

100歳のジャーナリストからきみへ(全5巻)

詞集 たいまつ

kawa2496.hatenablog.com

 


県庁の星 スタンダード・エディション [DVD]

 


100歳のジャーナリストからきみへ(育つ) こども時代は、一生の根っこが育つ大切な時期だ。 [ むのたけじ ]

100歳のジャーナリストからきみへ(生きる) やさしい心こそ人の世でいちばんつよい力。 [ むのたけじ ]

100歳のジャーナリストからきみへ(学ぶ) 人間のいるところはどこでも教室である。 [ むのたけじ ]