知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

少年野球、大人に届け、こぼれる笑顔と元気な声

f:id:kawa2496:20181201120436j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は新聞記事のお話です。

 

新聞を読んでいて、
少し気になったので、
拙作ブログに掲載させていただきました。

 

今後も、
気になるような記事は掲載させていただこうと思っています。

 

今回のテーマは少年野球です。

 

野球は、

子供が楽しむスポーツの代表格でもあります。

 

最近はサッカーに押されているようですが、

昔は野球しかなかったようです。

 

近くの広場でバットとボールを持っては、

よく野球を楽しんだものです。

 

その少年野球について、

拙作の写真をまじえながら考えてみたいと思います。

 

 

 

 

楽天/少年野球  Amazon/少年野球

楽天/生活   Amazon/生活

 

1.掲載新聞

この記事が掲載されていた新聞は下記です。

 

1)新聞:東京新聞

2)日付:2018年12月1日(土)朝刊

3)ページ:5面

4)紙面タイトル:「発言」

5)記事:今も軍隊調の少年野球憂う

 

2.投稿要旨

 

f:id:kawa2496:20190618070923j:plain


投稿要旨を紹介しておきます。

投稿者は、60歳の男性です。


小さい頃に草野球を楽しんでいたとのこと。


しかし、
少年野球チームには入らなかったらしい。

 

① 楽しそうに見えなかったから。

② 子供たちには笑顔がなかったから。

③ まるで軍隊のようだった。

 

それから半世紀たった今でも、


その軍隊調は変わっていないという。

 

1)軍国精神が受け継がれているのでは?

2)これは日本だけなのでは?


昨今のスポーツ界の嫌なニュースに触れるたびに、
そんな気がしてならないと。

 

3.私の感想

記事を読んで、

 

えっそうなの?


と、目を疑いました。


1)軍隊調って、言い過ぎではないの?

2)軍国精神って、どういうことなの?


3-1.実態をどこまで見ているのだろうか?

投稿者は少年野球チームをどこを見て、
「軍隊調」とおっしゃっているのでしょうか。

 

遠くから聞こえてくる声だけで判断しているのでは
ないでしょうか。


あるいは、
実際に見たとしても、
それは短時間の観察ではないでしょうか。

 

そんな見方で、
少年野球チームを見ていたとしたら、

私は悲しくなります。

 

4.思い込みでは?

投稿者が見た少年野球チームの実態から、
投稿者は下記のように考えたのではないでしょうか。

 

少年野球チーム⇒軍隊調⇒軍国精神⇒
日本だけ⇒スポーツ界の不祥事

 

つまり、
少年野球チーム
スポーツ界の不祥事に結びつけています。

 

これはないと思います。

 

投稿者の誤解だと思います。

 

 

5.少年野球こそ楽しく

 

f:id:kawa2496:20181201133609j:plain

 

そこで、今回のテーマです。

 

少年野球、大人に届け、
こぼれる笑顔と元気な声


ここで、

私のことを書かせてください。


私は、
少年野球チームを15年近く追っかけて来ました。


いずれも、私的な取材のためです。
そのチーム数だけでも20チーム以上
あるかと思います。


本稿に載せた写真も全部私が撮影しました。

 

まず、
上の写真を見てください。


写真に写っている野球チームは、
それこそ草野球に少し毛の生えたチームです。

 

おらが町の少年野球チームです。

 

でも、

みんな楽しそうに野球をやっています。


応援するほうも、

みんな楽しそうです。

 

f:id:kawa2496:20181201133915j:plain

 

これが少年野球チームの真の姿です。


私が見て来た少年野球チームは全部そうなんです。


軍隊調なんてひとつもありません。


みんな楽しそうです。

 

もちろん、
スポーツですので厳しさはあります。


特に危険なプレーには、厳しく指導します。


それは、
子供たちの安全を考えているからです。


でも叱った後は、
かならずフォローします。

 

「次から気をつけようね」

 

これが、少年野球チームなのです。


これが、スポーツなのです。

 

6.楽しむとは?

 

f:id:kawa2496:20181201134829j:plain

 

そこで、言ってしておきたいのは、
楽しむということの本当の意味です。

 

1)「楽しむ」とは、
目標を達成する喜びを味あうこと。

 

2)ただ、へらへら笑ったり、
ペチャクチャしゃべっているのが、
「楽しむ」ことではありません。

 

f:id:kawa2496:20181201134552j:plain

 

上の写真をみてください。


必死に走っていますよね。


そうなんです。


やるときは必死なのです。


少しかっこいい言葉を使うと、


自分自身の限界に挑戦

 

しているのです。

 

①可能性を信じる
   ↓
②目標を定める
   ↓
③努力する
   ↓
④目標を達成する
   ↓
⑤自信がつく
   ↓
⑥新たな目標を定める
   ↓
 ③~⑤の繰り返し

 

f:id:kawa2496:20181201134618j:plain

 

この繰り返しが楽しいのです。

 

 

f:id:kawa2496:20181201134634j:plain

 

スポーツは楽しくなければ意味がありません。


しかし、

その楽しさを、はき違えてはなりません。


厳しさのなかに楽しさがあります。

 

自分に厳しく

 

これがないと、
スポーツをやる資格はありません。

 

7.まとめf:id:kawa2496:20181201134701j:plain

f:id:kawa2496:20181202080157j:plain

f:id:kawa2496:20181201134724j:plain

f:id:kawa2496:20181201134754j:plain

f:id:kawa2496:20181201134806j:plain

 

今回のテーマは「少年野球」です。


上の写真を見てください。
私の見た少年野球チームです。

 

みんな楽しそうでしょう。

 

少年野球は、
こんな素敵な笑顔を作ってくれるのです。


それは、恵まれた指導者と、
かげで支える保護者がいるからです。


もちろん、
本人の頑張りがこの笑顔を与えてくれるのです。

 

この少年野球チームたちこそが、
私からの投稿者への回答です。

 

ご理解いただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月24日、2020年4月1日、8月9日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年8月26日
中身(文章)をマイナー修正しました。

【更新】2019年7月1日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。
中身(文章)をマイナー修正しました。

【更新】2019年6月18日
中身(文章)をマイナー修正しました。
写真(新聞切り抜き)追加。

【更新】2019年1月13日
タイトル一部変更、文章一部添削

 

※CMリンク※

 

楽天/少年野球  Amazon/少年野球

楽天/生活   Amazon/生活

 

  

  


必ずうまくなる少年野球 全5巻 (収納ケース付)セット [DVD]

必ずうまくなる 少年野球 レベルアップ 編 DVD+本

タッチ TVシリーズ Blu-ray BOX1(本編8枚組)


日用品 スポーツ 関連商品 野球グラブ グローブ 軟式少年 オールラウンド用 Jr-Lサイズ ロイヤルブルー FG-4022


【あす楽対応】 ミズノ 少年 ジュニア 軟式 グラブ グローブ 内野手用 限定 グローバルエリート ブランドアンバサダー RG【内野手Kモデル:サイズL】 1AJGY19143少年野球 ジュニア 軟式 少年 グラブ グローブ 軟式用 M号 M球 J号球 野球用品 スワロースポーツ

www.star.ne.jp