知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

魔法の杖、一脚一本で写真が上手に!

f:id:kawa2496:20181111151458j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は一脚のお話です。

 

カメラ用機材として、三脚はよくご存じでも、
一脚は今ひとつ馴染みがないようです。

 

しかし、
一脚ほど用途の広いカメラ機材はありません。

 

私は、
野球などのスポーツ撮影が多いので、

この一脚は欠かせません。

 

私が今使っている一脚は下記です。

 

1)メーカー:SLIK(スリック)

2)型番:カーボンポッド381 PRO

 

それでは、
この「カーボンポッド381 PRO」についてご紹介します。

 

 

 

楽天/一脚  Amazon/一脚

 

1.カーボンポッド381 PROの特徴

f:id:kawa2496:20181111152557j:plain

 

◆仕様

メーカー:SLIK(スリック)
段数:4段
脚ロック方式:ナット式
石突:ゴム
耐荷重:5 Kg
商品素材:カーボン
全高:163 cm
最低高:52 cm

 

◆特徴

特徴は軽くて丈夫なところです。


しかも、

グリップがラバーなので持ちやすく、
冷たくありません。

 

この「冷たくない」は、
冬の屋外撮影では、非常に助かります。

 

また、
脚の締め付けが、
「ナット式」だということも大きな特徴です。

 

実は締め付けの手軽さからいえば、
「レバー式」が一番ですが、

 

この「レバー式」は締め付けが弱くて、

へたをすると、
途中でカメラがるり落ちます。

 

肝心なシャッターチャンスのときに
ずるずると落ちてくるとあせります


それ以来、
私は「ナット式」に変えました。

「ナット式」は、
たしかに締めたり緩めるのは面倒ですが、

確実です。

 

途中で、ずるずると落ちることはありません。

 

この確実さは写真撮影では重要です。

 

2.カーボンポッド381 PROのメリット 

カーボンポッド381 PROのメリットは下記です。

 

2-1.小さくて軽い

「小さくて軽い」、これが一番のメリットです。
4段式ですので、縮めるとリュックに入ります。

伸ばすと、170㎝程度までなります。
(下の写真)

 

f:id:kawa2496:20181111153953j:plain

 

これだけ、伸びれば十分です。

 

2-2.しかも丈夫

しかも、材質がカーボンですので丈夫です。


最下端の細い筒でも、
たわんだりしません。

頼もしい限りです。

 

2-3.取扱いが簡単

カメラの取付は、
一脚の頭(ネジ)にはめ込むだけです。
(数秒でできます)

 

私は、

「雲台」などは使いません。

一脚へ「直付け」です。

そのほうが、
はるかに簡単で、安心だからです。

脚の伸縮はナットを回すだけです。

脚の伸縮だけをみると、
「レバー式」のほうが簡単ですが、
レバー式は、
信頼性(というか安定性)が心配です。(前述)

よって、

私は「ナット」派です。

 

3.カーボンポッド381 PROのデメリット

カーボンポッド381 PROのデメリットですが、
これは一脚全般にいえることです。

 

3-1.一脚は三脚に較べて不安定

例えば、一脚では自立ができません。
どちらかの手でもっておかなければなりません。

これは不自由です。

私の苦い経験ですが、
どうしても両手が使いたくて、
一脚にカメラを取り付けたまま、
近くの壁に立てかけていました。

そうしていたら、
なにかの拍子で、
一脚が倒れてしまったのです。


幸い、カメラとレンズは大丈夫でしたが、
レンズのフードに傷が入ってしまいました。
カメラにも、わずかですが傷が入りました。

それ以来、一脚は壁ではなく、

床に置く

ようにしました。

 

4.カーボンポッド381 PROはこんな人向け

カーボンポッド381 PROは、下記のようなかたに向いています。

 

4-1.機動性を必要とする人

スポーツシーンのように、
場所を移動することの多いひとは、
三脚ではなく、一脚がおすすめです。

三脚は、大きいし、重たいので、
身軽に移動することはできません。

また、三脚では設置場所をとるため、
場所決めに苦労します。

 

4-2.カメラワークに専念したい人

私の経験では、一脚を使っていると、
カメラをどこに向けるか、
あるいは、ズームの長さをどうするかなど、
カメラワークに専念できます。

これは、
一脚によって、
カメラやレンズの重さから開放されるからだと思います。

このメリットは大きいですね。

 

5.カーボンポッド381 PROの使い方

カーボンポッド381 PROの特別な使い方はありません。

普通の一脚と同じです。

 

5-1.脚は太い方から

これも当然のことですが、
脚は太い方が「頑丈」です。

よって、
伸ばすときは、
太いほうから伸ばしてください。

 

5-2.カメラの取付は確実に

大事なのはカメラの取付です。
一度一脚に取り付けると、
途中でカメラを外すことはないと思います。


よって、
しっかりと取り付けてください。

強く締めたからといって、
ネジ山(カメラ側)をつぶすことはありません。

 

外すときは、
少し力を入れればすぐに外れます。

それよりも、
撮影途中でカメラがぐらぐらしたら大変です。

移動中にカメラを取り付けたまま、
一脚を肩にかけているときに、
知らないうちに落下することもあります。

とにかく、

カメラだけは確実に取り付けて
ください。

 

6.まとめ

f:id:kawa2496:20181111162142j:plain

 

どうでしたか。

一脚の良さがお分かりになったでしょうか。

カメラの安定性からみると、三脚のほうが優れています。


しかし、
そのぶん、大きくて、重たくなります。

 

その点、一脚は手軽です。

 

しかも、多少の手ぶれは解消してくれます。

 

なにより、
カメラやレンズを持たなくてすむ。

というメリットがあります。

 

しかも、


持ち運びが手軽で簡単です。

 

価格もそんなに高くありません。

1万円台で手に入ります。

 

一脚一本で写真撮影が楽しくなります。

何より楽です。

 

長時間撮影や、

撮影のために動き回ることの多いときには欠かせません。

 

しかも、

一脚一本だけで半永久的です。

故障や壊れたりしませんから。

 

おすすめです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月12日、12月21日、2020年2月15日、3月14日、7月21日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年8月6日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

【更新】2019年5月19日
中身(文章)をマイナー修正しました。

 

※CMリンク※

 

楽天/一脚  Amazon/一脚

 

www.star.ne.jp

 

 


SLIK 一脚 カーボンポッド381PRO

GITZO 一脚 カーボン 4型 6段 Carbon eXactチューブ採用 GM4562

Manfrotto 一脚 Element アルミ 5段 レッド MMELEA5RD

SLIK 一脚 ザ プロポッドスポーツ 4段 204238

SLIK 一脚 カーボンポッド 254 SC 4段 244708


【11/22 9:59までポイント10倍】【即配】 SLIK スリック 一脚 カーボンポッド 383 PRO 【送料無料】【あす楽対応】【卒業式】