知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

高校球児の素顔を追う、私の見た高校野球(その52)

f:id:kawa2496:20191203105832j:plain

 

こんにちは、

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、

「私の見た高校野球(その52)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

 

その写真1枚1枚は、

高校球児たちの歴史と同時に、

私の歴史でもあります。

 

写真ですので、

その瞬間、

高校球児たちと同じ場所にいなければなりません。

 

その時間と空間の中から、
私の感性で切り取ったのが、

この写真集です。

 

だから、
その写真の中には、
私の気持ちが入っています。

 

それは「こだわり」と、
いったほうがよいかもしれません。

 

その「こだわり」を集大成したものが、
今回のシリーズ
「私の見た高校野球」です。

 

なお、素材は下記HPからの抜粋となります。

 

 高校野球私設応援団

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ  Amazon/交換レンズ

 

 

1.よく走った、それが甲子園の切符を逃したとしても

f:id:kawa2496:20200611085736j:plain

2003年7月28日 千葉マリンスタジアムにて

 

2003年の千葉大会(夏の甲子園)決勝は凄かった。


木更津総合志学館という木更津市同士の決勝となった。

 

両校ともエースが頑張っていた。

 

小泉くんと金子圭輔くん(志学館→ダイエー)であった。

 

2点を追う志学館は、9回の裏チャンスを迎えた。

 

2アウトながらランナー一・三塁である。

 

ここで志学館が動いた。

 

一塁走者に代走を起用した。

 

盗塁させたかったのだろう。


走者二・三塁にして一打同点を狙ったのだろう。


このほうが相手チームへのプレッシャーともなる。

 

同時に、
二塁でのフォースアウトが回避できる。

 

代走・大塚くんは監督の思惑通り?二盗を試みた。
(上の写真)

 

しかし、

キャッチャーからのボールの方が早かった。


二盗はならなかった。

 

ここでゲームセットだ。

 

f:id:kawa2496:20200611085757j:plain

2003年7月28日 千葉マリンスタジアムにて

 

甲子園の夢は絶たれた。


アウトになった大塚くんは、
暫く起き上がれなかった。

 

しかし、
誰も大塚くんを責めることはできないであろう。

 

盗塁はサインなのか、

それとも自己判断なのか。

 

それは分からない。

 

ただ言えることは、
あの「押せ押せ」の場面では、
「盗塁」しかなかった。

 

結果はどうであれ、
その「盗塁」を決断し、
決行した大塚くんを褒めよう。

 

でも、あの盗塁は本当に良かったのだろうか。

 

本人は今でも結論は出ていないだろう。

 

それでいいんだ。

 

それは君の一生の宿題だ。


それが高校野球をやってきた宝ものなんだ。


大切にしまっておこう。

 

それで、いいんだ。


私もしっかり見届けたよ。

 

ありがとう、大塚くん。

 

ありがとう、高校野球

 

(写真) 2003年7月28日 千葉マリンスタジアムにて撮影

 


2.勝手おごらず、負けてくさらず

f:id:kawa2496:20200611085920j:plain

2004年7月17日 袖ヶ浦球場にて

 

夏の千葉大会です。


高校野球はこうでなくっちゃという記事を紹介します。

 

志学館vs市川戦です。

 

この試合は志学館が勝ちました。
(冒頭の写真)

 

負けた市川は悔しそうです。


涙を流している選手もいます。

 

その後、
球場の外に出た両校は再び会いました。

 

市川のキャプテンが千羽鶴を、
志学館に渡しに持って来たのです。
(下の写真)


市川のキャプテンは田中くんです。
(背番号7番)

 

 

f:id:kawa2496:20200611090042j:plain

2004年7月17日 袖ヶ浦球場にて


このとき、
志学館の選手は全員深々と頭を下げて、
お礼の気持ちを表しました。(写真)

 

それは、
どっちが勝者から分からないほどの、
頭の下げようです。

 

これを気持ちが良い光景と言わずして、
何を気持ちが良いと言おうか。

 

両校とも試合の結果を忘れて、
相手の戦い振りをたたえあう。

 

高校野球は、勝ち負けではないのです。

 

もちろん、
試合ですので、

勝ったほうが良いに決まっていますが。

 

それよりも、
試合のあとの態度が大事なのです。

 

こういう光景を見ると、
その思いがますます強くなります。

 

本当に気持ちの良い試合でした。

 

両校ともありがとう。

 

(写真) 2004年7月17日 袖ヶ浦球場にて撮影

 


3.劇的!逆転サヨナラ勝ち

f:id:kawa2496:20200611090302j:plain

2004年7月19日 千葉マリンスタジアムにて

 

劇的な幕切れでした。


2004年7月19日、千葉マリンスタジアム


夏の千葉大会、4回戦である。

 

拓大紅陵vs志学館。


兄弟対決だ。

 

勝ったら準々決勝進出だ。

 

9回表まで、拓大紅陵が1点差で勝っていた。
(4対3)

 

ドラマは9回裏に起きた。


2点差を追う、志学館の最後の攻撃だ。

 

志学館は力こそ劣っていたが、
全員野球の持ち前の元気さで勝ち抜いてきた。

 

この回もその底力を見せつけた。

 

一死満塁である。

 

 

菅沼くんの打った打球は、
右中間を破った。

 

逆転サヨナラ2点タイムリーである。


ここで勝負が決まった。

 

f:id:kawa2496:20200611090321j:plain

2004年7月19日 千葉マリンスタジアムにて

 

f:id:kawa2496:20200611090413j:plain

2004年7月19日 千葉マリンスタジアムにて

 

私はこのとき思った。

 

元気だけで試合に勝てるとは思っていません。

 

しかし、
勝つには元気が必要だと思っています。

 

ましてや猛暑の中の一発勝負です。

 

元気がなくては勝てるはずがありません。

 

てらいを気にしない

 

『がむしゃら』

 

を、バカにしてはなりません。

 

その『がむしゃら』が志学館を勝たせたのです。

 

高校野球って不思議です。

 

『がむしゃら』が勝負を決めるんです。

 

(写真) 2004年7月19日 千葉マリンスタジアムにて撮影


4.夏の千葉大会、君津商業高校の健闘に捧ぐ

f:id:kawa2496:20200611090658j:plain

2005年7月19日 市原臨海球場にて

 

2005年7月19日、君津商は4回戦で敗退した。
(上の写真)


市川高校と対戦し、1対2の惜敗だった。

 

しかし、

4回戦まで進んだだけでも立派であった。


全員野球の成果であった。

 

なかでも、エースの永嶌くんが頑張った。
(下の写真)

 

f:id:kawa2496:20200611090715j:plain

2005年7月19日 市原臨海球場にて

 

永嶌くんのことはよく知っている。


何度か練習に行かせてもらった。


取材もし話もさせてもらった。

 

当時、

拙作HPでこの試合を紹介したところ、
多くの応援メッセージが届いた。

 

その一部を紹介しよう。

 

*** ここから

君商野球部の皆さん本当にお疲れ様でした。

私の記憶が正しければ、
4回戦進出は実に15年ぶりだと思います。

どうぞ胸を張ってください。

怪我を克服し、
最後まで投げ続けられた事は、本当に素晴らしい事だと思います。

どれだけ苦しみ、我慢をし、歯を食いしばって来た事でしょうか。

私も21年間の野球人生の中で、肘、膝の手術をし、
野球を続けて来た者として、永嶌くんの気持ちが良く分かります。

「生涯現役」
この言葉は、昨年野球を引退した時に、
このホームページの河原さんから戴いた言葉です。

今も、その言葉を胸に日々頑張っています。

永嶌くんを初め、
君商3年生の皆さんもこの言葉を生涯持ち続けてください。

そして、
高校3年間の野球が、
いつかきっと皆に何かを与えてくれる筈です。

今までお世話になった方々へ感謝し、
最後まで夢を与え続けてくれた“甲子園”に
“ありがとう”を忘れないでください。 -

- 君商OB・小林様 -

*** ここまで

 

試合の後、
永嶌くんは人知れず涙を流して
堂々と球場を去っていった。(下の写真)

 

f:id:kawa2496:20200611090811j:plain

2005年7月19日 市原臨海球場にて



完全燃焼であっただろう。


そうあることを願っている。

 

そうじゃないと本人は浮かばれないじゃないか。

 

おつかれさん、永嶌くん。

 

(写真) 2005年7月19日 市原臨海球場にて撮影

 

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20191203110347j:plain


どうでしたか。

 

今回も厳粛な思いを込めて、

私の見た高校野球(その52

をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

 

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が、
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠に止まったきりです。

 

色あせることもありません。

 

その瞬間が永遠に存在するのです。

 

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。

 

そう思いつつ本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

 

※CMリンク※ 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ  Amazon/交換レンズ

 

www.star.ne.jp

 

 

 


フォトコン別冊 スポーツ写真テクニック 2013年 10月号 [雑誌]

写真上達コーチングブック (玄光社MOOK)

まるごとわかる! 撮り方ブック スポーツ編

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

Canon デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」ダブルズームキット (ブラック) EOSKISSX9BK-WKIT

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 ダブルズームキット ブラック D3400WZBK


球児に響く言葉力


白球の世紀 高校野球100回秘史