知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

高校球児の素顔を追う、私の見た高校野球(その53)

f:id:kawa2496:20200411104346j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、

「私の見た高校野球(その53)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、

100万枚を超えました。

 

その写真1枚1枚は、

高校球児たちの歴史と同時に、

私の歴史でもあります。

 

写真ですので、

その瞬間、

高校球児たちと同じ場所にいなければなりません。

 

その時間と空間の中から、

私の感性で切り取ったのが、

この写真集です。

 

だから、
その写真の中には、

私の気持ちが入っています。

 

それは「こだわり」といったほうが

よいかもしれません。

 

その「こだわり」を集大成したものが、

今回のシリーズ「私の見た高校野球」です。

 

なお、素材は下記HPからの抜粋となります。

 

 高校野球私設応援団

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ  Amazon/交換レンズ

 

1.打者が燃え、応援が燃える

f:id:kawa2496:20200704070340j:plain

2005年7月9日 千葉マリンスタジアムにて

 

千葉マリンスタジアムです。

 

夏の千葉大会の初戦です。

 

開会式直後なので、
まだその余韻が残っています。

 

その中で最初の試合が行われました。

 

柏西 対 専大松戸です。

 

しかも、1点差となる好ゲームでした。

 

さて、その写真です。

 

写真は、
専大松戸が一気に3点を入れて、

同点に追いついた場面です。

 

7回の裏、
五十嵐くんが、

センターオーバの3点タイムリ三塁打を放ちました。

 

私が感動したのは、

その一打ではありません。

 

下の2枚の写真を見てもらおう。

 

f:id:kawa2496:20200704070404j:plain

2005年7月9日 千葉マリンスタジアムにて

f:id:kawa2496:20200704070427j:plain

2005年7月9日 千葉マリンスタジアムにて

 

どうでしょうか。

 

同点に沸く専大松戸の応援団。

 

その応援団にお辞儀をする五十嵐くん。

 

「すがすがしい」ではないか。

 

これぞ高校野球だ。

 

気持ちがいいよ。

 

勝った専大松戸、おめでとう。

 

(写真) 2005年7月9日 千葉マリンスタジアムにて撮影


2.同点から逆転へのドラマは執念の三塁打から始まった

 

f:id:kawa2496:20200704070605j:plain

2008年7月24日 千葉マリンスタジアムにて

 

印象に残る試合を紹介しよう。


2008年7月26日、千葉マリンスタジアム


夏の千葉大会、準決勝である。


試合は、沼南 対 敬愛学園

 

試合の流れは敬愛学園有利であった。

 

8回を終わって、
3対2と敬愛学園がリードしていた。

 

1点を追う沼南は最後の攻撃を迎えた。

 

しかし、ドラマはここから始まった。

 

9回の表、一死。

 

田頭くんが放った打球は左中間を破った。

 

田頭くんは懸命に走った。

 

その勢いはとまらず、二塁を蹴り、三塁へ。

 

彼は最初から三塁を狙っていたのだ。

 

最後はヘッドスライディング。
(上の写真)

 

田頭くんの、
このガッツポーズ(下の写真)で、

沼南の勢いに火がついた。

 

f:id:kawa2496:20200704070627j:plain

2008年7月24日 千葉マリンスタジアムにて

 

このあと、

三塁打とシングルヒットが出て2点を入れた。


同点においつき、一気に逆転だ。

 

この勢いがそのまま続き、
9回裏を0点に抑えて勝利した。

 

湘南高校といえば公立高校だ。


公立高校が私学を破るのは気持ちがよい。

 

湘南は決勝で千葉経済附属(私学)と戦い、

わずか1点差で涙をのんだ。

 

甲子園にあと一歩届かなかった。

 

しかし、
その見事な試合振りは私の記憶に永遠に残っている。

 

よくやった湘南。

 

(写真) 2008年7月24日 千葉マリンスタジアムにて撮影


3.逆転3ランホームラン

f:id:kawa2496:20200704070845j:plain

2004年7月14日 袖ヶ浦球場にて

 

夏の高校野球千葉大会です。


逆転ホームランが飛び出しました。

 

高校野球ですので、

ホームラン自体が珍しいことです。


それも逆転ホームランですから貴重です。

 

その再現です。

 

長狭vs君津商業、2004年07月14日、袖ヶ浦球場

 

6回表です。


君津商の攻撃です。

 

それまでは、
3対5と君津商が負けていた。

 

ここで飛び出したのが3ランホームランです。


打ったのは、

6番レフトの地引(じびき)くんです。

 

 

f:id:kawa2496:20200704070905j:plain

2004年7月14日 袖ヶ浦球場にて

 

二塁を回る姿が嬉しそうです。


してやったりです。

 

一気に3点を入れて、

試合をひっくり返しました。

 

f:id:kawa2496:20200704070943j:plain

2004年7月14日 袖ヶ浦球場にて

 

応援スタンドも嬉しそうです。

 

いえ、嬉しいというもんじゃありません。


もう、お祭り騒ぎです。

 

このホームランで一気に勢いがつきました。


次の7回にも3点を入れて、試合を決めた。

 

あの一発は大きかった。

 

地引(じびき)くんにとっても、
君津商にとっても「値千金」の一発だった。

 

野球とは分からないものです。

 

一つのホームランで流れが変わります。

 

だから一投一打を大事にしなければなりません。

 

それは分かっているはずなのですが・・。

 

(写真) 2004年7月14日 袖ヶ浦球場にて撮影

 


4.さよならホームラン、しかもバックスクリーンへ

f:id:kawa2496:20200704071202j:plain

2005年5月3日 千葉県野球場にて

 

高校野球では、

「さよならホームラン」

は滅多に見られるものではあるません。

 

その「さよならホームラン」を再現しよう。

 

まずホームランを放ったのは、前橋くんです。


東海大市原望洋高校です。

 

2005年5月3日 千葉県野球場

 

この日は春の県大会・決勝戦でした。

 

戦う相手は、名門・習志野高校だ。

 

両校とも好投手をようした投手戦となった。

 

9回を終わっても1:1のまま勝負がつかず、
延長戦となった。

 

そして、
「さよならホームラン」が飛び出したのは、
11回の裏。

 

この回は前橋くんから始まった。


東海大市原望洋高校の4番打者である。

 

f:id:kawa2496:20200704071225j:plain

2005年5月3日 千葉県野球場にて

 

その落ち着き払った打席から、

私は「ひょっとしたら」と、

心に感じるものがあった。

 

そして飛び出したのがホームランである。

 

f:id:kawa2496:20200704071309j:plain

2005年5月3日 千葉県野球場にて

 

打球は一直線にバックスクリーンに吸い込まれていった。

 

f:id:kawa2496:20200704071336j:plain

2005年5月3日 千葉県野球場にて

 

思った通りの「どでかい一発」であった。

 

この試合の長い投手戦は、

前橋くんの一発で決着がついた。

 

f:id:kawa2496:20200704071407j:plain

2005年5月3日 千葉県野球場にて

 

終わってみれば最後はあっけないものだった。

 

勝負とは、試合とは、

こういうものだろう。

 

それにしても、

前橋くんの一発には驚いた。

 

その一方で、
この一発に泣きはしたものの、

好投を続けた習志野の横沢くんにも拍手を送ろう。

 

見事な投げっぷりであった。

 

(写真) 2005年5月3日 千葉県野球場にて撮影

 

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20200411104444j:plain


どうでしたか。

 

今回も厳粛な思いを込めて、

私の見た高校野球(その53をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

 

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が、

そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠に止まったきりです。

 

色あせることもありません。

 

その瞬間が永遠に存在するのです。

 

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。

 

そう思いつつ本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

 

※CMリンク※ 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ  Amazon/交換レンズ

 

www.star.ne.jp

 

 

 


フォトコン別冊 スポーツ写真テクニック 2013年 10月号 [雑誌]

写真上達コーチングブック (玄光社MOOK)

まるごとわかる! 撮り方ブック スポーツ編

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

Canon デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」ダブルズームキット (ブラック) EOSKISSX9BK-WKIT

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 ダブルズームキット ブラック D3400WZBK


球児に響く言葉力


白球の世紀 高校野球100回秘史