知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

球児達に贈る(その3)、私の野球取材生活を総括する

f:id:kawa2496:20190926085315j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は「球児達に贈る(その3)」です。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

このシリーズは、ずっと続けるつもりです。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

その中から、印象に残るものをピックアップしました。

私の独断と偏見です。

このへんができるのがブログの良いところですかね。(笑)

よって、読者の皆様には、

「物足りない」

と感じるかもしれません。

そのへんのところは、ご容赦ください。

 

1)球児達に贈る(その3)。

本稿の球児達に贈る(その3)は、
下記HPからの抜粋となります。

 

 高校野球私設応援団

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ

  

1.春

f:id:kawa2496:20190309132751j:plain

 

徐々にですが、日差しが強く、
まぶしくなってきました・・・。

 

いよいよ春です。

 

昨年のこの時期、
ヒザのケガでピッチング練習が出来なかった
木更津高校・鹿島くん


今年は春の訪れと同時に、
まぶしい笑顔をみせてくれました。


今年はきっといいことがありそう。


そう思わせる素晴らしい笑顔です。


(写真) 2001年2月25日 木更津高校グラウンドにて撮影

 

2.得点板作り

f:id:kawa2496:20190309132804j:plain


学校の試験休みで
ひっそり静まり返った校内の一角に、
夢中に作業する「おじさん族」がいました。


次の日曜日に落成式を予定している、
得点板作りの最後の追い込みです。


こけら落としの日、
得点板作りに関わった大人達は、
自慢すら、しないでしょう。


だからこそ、
このシーンを紹介したかったのです。

 

それを記録に残したかったのです。


(写真) 2001年3月10日 木更津高校にて撮影

 

3.放課後

f:id:kawa2496:20190309132819j:plain

 

放課後の練習風景です。


日が長くなったとはいえ、
曇り空では夕方6時が限界です。


照明設備のないグラウンドでは、
密度の高い練習が強いられます。


監督の指示に熱心に聞き入る、
サード・吉田くん(左)と山縣くん(右)。


(写真) 2001年5月2日 木更津高校グラウンドにて撮影

 

4.可能性を信じて

f:id:kawa2496:20190309132831j:plain

 

それは、ぼてぼての内野ゴロでした。


それでも、必死に1塁を目指して走る。


可能性を信じて疑わない。


その姿勢が、その気持ちが胸を打つ。

チームを奮い立たせる。


(写真)2001年5月4日 木高vs君津商業戦
 君津商業高校グラウンドにて撮影

 

5.その闘志に乾杯

f:id:kawa2496:20190309132844j:plain

 

木更津高校・天野くん、
セーフティバントから必死に1塁へ。


この間、
夢中でシャッターを押し続けました。


気がついたら
フィルム1本分を越えていました。


アウト、セーフの結果は
どうでも良かったのです。


はち切れんばかりの闘志、
それがうれしかったのです。


(写真) 2001年6月2日 木高vs安房高校戦 袖ヶ浦球場にて撮影

 

6.監督

f:id:kawa2496:20190309132856j:plain

 

約50名の部員を相手に
ノックを繰り返す高瀬監督です。


ノックを受ける選手もきついと思います。


でも、
監督はその何十倍ものの
きつさに耐えているのです。


だからとは言いません。


ただ、
この流れる汗に何かを感じて欲しい。


一球一球に託す心を感じて欲しい。


(写真) 2001年6月3日 木更津高校にて撮影

 

7.仲間たち

f:id:kawa2496:20190309132910j:plain

 

いまさらですが、
野球はみんなで支え合いながら、
強くなっていくものです。


マウンド上で投げ抜くものもいれば、
たった一回の代打にかける人もいます。


その代打にさえ出られない
人だっているのです。


それでもチームの勝利のために、
与えられた役割を果たそうとします。


その一生懸命な姿に励まされながら、
俺も、私も頑張っているのです。


自分のためではありません。
ただひたすら、仲間のためにです。


(写真) 2001年6月29日 HP掲載

 

8.エース伊藤くん

f:id:kawa2496:20190309132925j:plain

 

ひょうきんを売りにしていた
周輔くん(写真、伊藤くん)が
最後の夏を迎えました。


いかなるピンチでも
笑顔を絶やさなかった根性男です。


味方のエラーを責めるどころか、
かばう優しい心の持ち主です。


チームに迷惑をかけたくない。


その一心で走り続けてきました。


しかしその姿を
人前で見せたことがありません。


結果だけがエースの証であることを
知っているからです。


ひょうきんで優しいエースは、
いつのまにか大人になっていたのです。


そして、
もうじきフィナーレを迎えます。


(写真) 2001年7月8日 君津青葉高校グラウンドにて撮影

 

9.木更津高校・川野 渉(わたる)くん

f:id:kawa2496:20190309132942j:plain

 

ご覧のように、
野球をするには小さな体です。


その体格的なハンディを背負いながら
3年間野球を続けてきました。


恵まれた体を持ちながら、
途中で退部して行く仲間を、
どのように見ていたのでしょうか。


遠投が出来ない、
打球が飛ばないと
私にもらしたことがありました。


でもその表情は暗くありませんでした。


その心の強さ、広さで
何人のチームメートが救われたことか。

 

君は本当に素晴らしかった。

よくやってくれた。


(写真) 2001年6月24日 木更津・川野くん 天羽にて撮影

 

10.夏が終わった選手控え室

f:id:kawa2496:20190309132957j:plain

 

敗戦直後の選手控え室は、
声をかけられないほど
悲しみにくれていました。


今日で退部していくこと。
好きな野球が出来なくなること。
後輩達と別れること。


ぼう然とする顔から、
大粒の涙がこぼれて、こぼれて・・。


いつか、
この時が来ると分かっていましたが、

3年間一緒にやってきた最後が、
これですから、やっぱり悲しいです。


(写真) 2001年7月21日 千葉県野球場にて撮影

 

11.雨のお別れ試合

f:id:kawa2496:20190309133014j:plain

 

3年生の送別試合のあと、
ビデオの贈りものをさせていただきました。


高校野球の記憶の一として
加えてもらえればと思っています。


このビデオには、
必死で頑張った”あなた自身”を
詰め込んだつもりです。


くじけそうになった時に、
がんばった”あなた自身”を
想い出してください。


(写真) 2001年8月21日 袖ヶ浦球場にて撮影

 

12.グラウンド整備

f:id:kawa2496:20190309133028j:plain

 

試合前の光景です。


敵味方関係なしに
「とんぼ」をかけるシーンは、
いつ見ても気持ちがいいものです。


みずからを鍛えてくれる、
このグラウンドへ。

 

感謝の気持ちが込められています。


神聖な場を清める儀式にも見えて、
心が洗われます。


(写真) 2001年9月15日 長狭高校グラウンドにて撮影

 

13.キャプテンシー

f:id:kawa2496:20190309133042j:plain

 

志学館の生田主将です。

見事なヘッドスライディングです。


既に打球は一塁手のミットに
吸い込まれていました。

 

一見無駄とも思えるプレーですが、
その真剣さが印象的でした。


ともすれば、
格好悪いと思えるようなプレーを

主将みずから、
しかもスタンドの後輩達の目の前で、

夢中でやってのける気迫が素晴らしい。


自分そっちのけで、
チームのことだけを考える。


そのプレーが、
チームを引っ張るのです。


それがキャプテンシーなのです。


(写真) 2001年9月23日 市原臨海球場にて撮影

 

14.「どうぞ」、「ありがとう」

f:id:kawa2496:20190309133101j:plain

 

打者がキャッチャーのマスクを
拾ってあげているシーンです。


試合ではよく見かける光景ですが、
こんなシーンは何度見ても
気持ちがいいものです。


息苦しい緊迫した中で、
爽やかな風を感じ、
思わず嬉しくなってきます。


これが高校野球の魅力というと、
大袈裟だと笑われるでしょうか。


(写真) 2001年9月29日 千葉県秋季県大会
志学館vs拓大紅陵戦  市原臨海球場にて撮影

 

15.聞き入る

f:id:kawa2496:20190309133113j:plain

 

選手のちょっとしたミスを注意する監督。


その一言一言に聞き入る選手たち。


練習試合と言えども、
一つ一つのプレーが来夏へつながります。


そのことをよく知っているから、
監督も選手も真剣なんです。


(写真) 2001年10月13日 袖ヶ浦球場にて撮影

 

16.「まだ勉強する元気があるか」、
「はいっ」

 

f:id:kawa2496:20190309133126j:plain

 

「まだ勉強する元気があるか」、
「はいっ」

 

試合途中の個人レッスンは、
このような会話から始まりました。


志學館の川俣監督と石井投手です。


その熱心さは、
しまいには、
タオルまで持ち出す始末です。


普段、監督は多分厳しい方なんでしょう。


でも、
選手を見る姿は愛情に満ち溢れていました。


帰りぎわに「こんにちは」と挨拶すると、


「いつも子供達がお世話になっています」


と言われてしまいました。


まったく面識のない私にです。


あの底抜けに明るく、
礼儀正しい選手達の原点を見た思いが
しました。


(写真) 2001年10月14日 袖ヶ浦球場

 

17.まとめ

f:id:kawa2496:20190924073100j:plain

 

どうでしたか。
今回も厳粛な思いを込めて、
「球児達に贈る」のその3
をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠にとまったきりです。

色あせることもありません。

その瞬間が永遠に存在するのです。

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。

 

そう思いつつ、本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年10月26日、2020年1月23日、6月3日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年9月28日
CMリンク追加ほか。

【更新】2019年6月23日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

※CMリンク※

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

楽天/デジタル一眼レフカメラ

Amazon/人気のデジタル一眼レフカメラ

楽天/交換レンズ   Amazon/交換レンズ

 

www.star.ne.jp

 

 

 


ことだま 野球魂を熱くする名言集

人を育てる渡辺メモ 高校野球名将の金言

高校野球脳を鍛える 実戦プレー問題集

 


白球の世紀 高校野球100回秘史

球児に響く言葉力