知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

球児達に贈る(その6)、私の野球取材生活を総括する

f:id:kawa2496:20190512082125j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「球児達に贈る(その6)」です。

私がやってきた野球取材の総括です。

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

その中から、印象に残るものをピックアップしました。

私の独断と偏見です。

このへんができるのがブログの良いところですかね。(笑)

よって、読者の皆様には、

「物足りない」

と感じるかもしれません。

そのへんのところは、ご容赦ください。

1)球児達に贈る(その6)。

本稿の球児達に贈る(その6)は、
下記HPからの抜粋となります。

 高校野球私設応援団

 

 

 

1.緊張感

f:id:kawa2496:20190318131620j:plain

志學館 ミーティング

今日もグラウンドは、
緊張感に包まれていました。


誰一人私語を話すものはいません。


聞こえるのは気合いの声と、
大きな返事のみです。


きびきびした動きがいい。

 

ぴんと背筋を伸ばした姿勢がいい。


挨拶が監督、部長、コーチにだけでなく、
選手同士で交わされる。


学ぼう、学びあおうとする、
その気持ちが伝わる。


礼に始まり礼に終わる。


やっぱり、
グラウンドは道場です


(写真)2002年1月5日 志學館にて撮影

 


2.がんばれ高校球児

f:id:kawa2496:20190318131723j:plain

志學館

必死にバットを振る姿がいいですね。


高校生らしくて、爽(さわ)やかです。


自分を信じて疑わない。

その澄んだ目がいい。


思いやりのある優しい人柄は、
疑う余地はありません。


いえ私には、
そう断言できるのです。

 
そして無性に、
エールを送りたくなるのです。


(写真)2002年1月5日 志學館にて撮影

 


3.筋力トレーニン 

f:id:kawa2496:20190318154941j:plain

志學館

f:id:kawa2496:20190318155013j:plain

志學館

f:id:kawa2496:20190318155033j:plain

志學館


滑稽(こっけい)に見える格好ですが、
これも立派な筋力トレーニングです。


腰を落として、前後左右に歩行します。


あっという間に、
太ももがしびれ感覚がなくなってきます。


これを何度も繰り返すとは、
恐るべき精神力です。

 

(写真)2002年1月5日 志學館にて撮影

 


4.ダッシュ

f:id:kawa2496:20190318155057j:plain

志學館


いろいろなスタートから
短距離を全力で走り切る。


ショートダッシュ


しかも競争ですから、
自然と力が入ります。


ハードな練習なんですが、
何故か楽しそうですよね。


でも、
決して手抜きはしていません。


こんなところにも、
信頼関係が感じられて・・。

 

見ている方も楽しくなってきます。


(写真)2002年1月5日 志學館にて撮影

 


5.ボールへの執念

f:id:kawa2496:20190318155134j:plain

2002年1月12日 千葉県ラグビー場にて

f:id:kawa2496:20190318155311j:plain

2002年1月14日 志学館高校にて

種目が何であろうと、


大切なことは執念ではないでしょうか。


チームの期待に応えたい。

 信頼を裏切りたくたい。

 


ただそれだけのために、
燃やす執念


小難しい理屈なんていりません。


執念さえあれば、
いくらでもうまくなれる

もっと強くなれます


(写真上) 2002年1月12日 千葉県ラグビー場にて撮影
(写真下) 2002年1月14日 志學館にて撮影

 


6.時には厳しく、時には楽しく

f:id:kawa2496:20190318155436j:plain

2002年1月14日 志学館高校にて

f:id:kawa2496:20190318155628j:plain

2002年1月12日 志學館にて

 

 時には厳しく 時には楽しく。


それは、
野球に限らず、
何事でも必要なことです。


教育の場であるグラウンドでもそうです。


そして忘れてはならないことは、

 

それが、
厳しい本人の律する心と、
崇高な教育理念の上に
成り立っていることです。


(写真上)2002年1月14日 志学館高校にて撮影
(写真下)2002年1月12日  志学館高校にて撮影

 


7.誠実

f:id:kawa2496:20190318155838j:plain

2002年1月14日 志學館・中山くん

f:id:kawa2496:20190318155941j:plain

2002年1月20日 志學館・森くん


真剣に指導者の話を聞く。


誰も見ていなくても、
グラウンドをいたわる。

 

そこには、
いつも真面目に野球と取り組む姿があります。


誠実で優しい心は、
きっと花開く時が来ます。

 

高校球児たちよ、
野球の大道を歩んでくれ。

 

(写真上)2002年1月14日 志學館・中山くん、
(写真下)2002年1月20日 志學館・森くん

 


8.大学受験でもベストを

f:id:kawa2496:20190318160157j:plain

2001年7月7日 木更津高校 池田くん

大学受験シーズンです。


元高校球児達も
それぞれの進路を目指して
受験することでしょう。


後輩の球児達のためとは言いません。


ただ、
自分のためにベストを尽くしてください。


今ここに示して欲しい。

 

練習でくたくたになり、
勉強もままならない毎日でしたが。


それでもやれる、
いや、だからやれるんだと。


それを忘れないで欲しい。


君が持っている素晴らしい財産を。


それは、
誰もが及ばない、
グラウンドで見せた、あの燃える闘志です。


(写真)2001年7月7日 木更津高校 池田くん

 


9.放課後の練習

f:id:kawa2496:20190318163302j:plain

2002年1月19日 志學館にて撮影

f:id:kawa2496:20190318160327j:plain

2002年1月19日 志學館にて


キャッチボール、階段登り。


いずれも、
よく見かける光景です。


でも、
それを平凡な光景だと
片づけないで欲しい。


基本に忠実に捕球する真剣なまなざし。


必死に階段を駆け上がる息づかい。


日々成長する姿が、
そこにあります。

 


(写真)2002年1月19日 志學館にて撮影

 


10.手術後のチーム復帰

f:id:kawa2496:20190318160719j:plain

2002.1.20 志学館高校にて撮影

f:id:kawa2496:20190318160449j:plain

2002年1月20日 志學館にて


昨年暮れに手術して久しぶりのチーム復帰。


もちろん、
激しい運動は厳禁です。


それでも、
黙々と階段の上り下りを繰り返す。


眼下では仲間たちが、
元気に練習をしています。


うらやむ気持ち、
あせる気持ちはよく分かります。


でも、
今は我慢のしどころです。


1日でも早く
一緒にプレー出来ることを待っています。


このグラウンドが。

仲間たちが。

 

(写真)2002年1月20日 志學館にて撮影

 


11.マネージャーさん

f:id:kawa2496:20190318160814j:plain

2002年1月20日 志學館にて

f:id:kawa2496:20190318160855j:plain

2002年1月20日 志學館にて

 感謝しても感謝しつくせません。


荒っぽい男たちにまじり、
ひたすら自分の仕事を果たす。


素朴で、けなげで、
それでいて粘り強い。


縁の下の力持ち。
というと、
月並みすぎるでしょうか。


その彼女たちから
いつも発せられる言葉があります。


「部員さん」

 

選手達を呼ぶ言葉です。


マネージャーさんの
一歩下がった奥ゆかしさが伝わってきます。


目立たず、
飾らず。


部員さんに尽くす。


世の中に
これ以上の美しいものがあるでしょうか。

 

(写真)2002年1月20日 志學館にて撮影

 

12.まとめ

どうでしたか。
今回も厳粛な思いを込めて、
「球児達に贈る」のその6
をお届けしました。

どの写真も思い出深いものです。

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠にとまったきりです。

色あせることもありません。

その瞬間が永遠に存在するのです。

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。。

そう思いつつ、本稿を閉じます。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

【更新】2019年6月23日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

 


白球の世紀 高校野球100回秘史

球児に響く言葉力