知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

心の強さ、メンタルを鍛える

f:id:kawa2496:20190202073942j:plain

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「心」について考えてみたいと思います。

 

「心」です。

 

のっけから難しい言葉が出てきましたね。

本記事をうまくまとめられるでしょうか。


まったく自信がありません。

 

しかし、心の強さについて、
私は、ずっと前から気になっていました。

 

①粘い強い。
②我慢強い。
③打たれ強い。

 

このような心は、
どこから生まれ
てくるのでしょうか。

 

心の強さには、人によって違うようです。
個人差があるようです。


そうだとしたら、
その差はどこから生じるのでしょうか。


どうしたら、
心の強さは鍛えられるのでしょうか。

 

一方でうつ病が話題になって久しい。

背景には、過酷なストレスがあります。


このストレスに耐えるには、
強靱な心が必要です。

 

今、会社では、
メンタルヘルスに力を入れています。


産業医による、
カウンセリングが、さかんに行われています。

 

うつ病」になって、
自殺する者まで出てきています。


それは、深刻な問題です。

 

そのためにも、
メンタルを鍛えることは大事です。
重要です

 

ということで、
心の強さに、関心が高いことが分かったと思います。

 

ただ、結論まで引き出せるかどうかは分かりません。


はなはだ、自信はありません。
ですが、とにかく先に進めます。

 

 

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/言葉  Amazon/言葉

楽天/健康   Amazon/健康

 

1.心とは

心とは何でしょうか。
心ときいて、胸に手をあてる人が多いと思いますが、


心は脳にあって、心臓にはありません。

 

脳が外的なものに対して、
作用するのが心です。

 

1-1.心の実態

ところが、心は目に見えません。
見えませんが、下記のように呼ばれることがあります。

 

①優しい心。

②美しい心。

③純粋な心。

④素直な心。

⑤強い心。(今回のテーマ)

 

これらは、
その有無だけではく、その程度まで、
人によって異なっています。

 

1-2.性格とも違うような

人によって心が違うということは、
一見「性格」のようにも見えます。

たしかに、性格といえば、そのような気もしますが、
何か違うような気がしています。

 

1-3.正直いって「よくわかりません」

申し訳ありません。


実は、
私には、心の正しい解説はできません。

 

よく分かっていないのです。

 

それでも先に進めます。

 

2.心の強さとは

でも、たしかに心の強い人はいます。
つまり、人によって心の強弱があるのです。

 

ちなみに、
私は心は強いと思っています。

 

2-1.心の強さを表現する言葉

心の強さは下記のように表現します。

 

①粘り強い。

②がまん強い。

③あきらめない。

④くじけない。

⑤打たれ強い。

 

つまり、
こういう人が心の強い人となります。


◇あきらめない。

◇途中で投げ出さない。

 

2-2.いい悪いは、別にして

次に心の強さをどう評価するかです。


しかし、ここでは「いいとか、悪いとか」
評価はしません。


本質論ではないからです。


心の強さにフォーカスしたいからです。

 

◆いいことも。

イメージ的には「良い(肯定的)」が多いようです。


辛抱強いイコール、立派


となるのでしょう。

 

◆悪いという見方も。

一方で否定的な見方もできます。


強情っぱり、
しつこい、
あきらめが悪い。


といえばわかりますでしょうか。

 

3.どんなときに心の強さを感じる

ここから私の実体験となります。
どんなときに、心の強さを感じるかです。


3-1.きつい仕事をやっているとき

具体的に書きます。
プロジェクトの実行計画書を作成するとします。
500ページもある大作です。
時間にすれば、1ヶ月はかかるでしょう。
それを、コツコツとやっているときに、

「ああ、俺って粘り強いなあ」

と思います。
この粘りは、肉体的なものではありません。
精神的なもの、すなわち心の強さです。

 

3-2.寒さ(暑さ)に耐えているとき

寒さ(暑さ)に耐えるというと、
肉体的な強さのように思えるでしょうが、
実際には精神的なものが大きいと思っています。


つまり、
我慢する心の強さです。

肉体的に我慢できても、
精神的に根を上げてしまうのです。

 

3-3.長距離を走っているとき

次に長距離を走っているときを考えます。


誰でもそうでしょうが、
きつくなると、途中で止めたい気持ちになります。
それを我慢するのが(我慢できるのが)、
「強い心」です。


また、長距離を毎日の日課としているときに、
毎日の走り始めのときに、心に葛藤がおきます。

 

「やめたいな」、「きついな」

 

このくじけそうにな気持ちを、
「走る」方向に向かわせるのが、
「強い心」なのです。

 

4.どうしたら心は強くなれるのか

さて、いよいよ本丸です。
どうしたら心は強くなれるか、
です。

 

4-1.鍛える

私の経験から、
心を鍛えるしかないと思っています。


まさに肉体を鍛えるのと同じです。
あえて、
心の限界までもっていくのです。


◆幼少時の苦労は一生もの。

その心を鍛えるのは幼少時のほうが効果的です。
少なくとも、高校時代を過ぎたあたりでは、
まったく効果はありません。


◆苦労の経験が心を強くする。

今の時代では「ぴん」とこないと思いますが、


貧乏生活をすると、
自然と耐える心が養われます。


というか、
貧乏ですので、耐えるしかないのです。


理屈抜きで、
耐えることが日常になってくるのです。


そのときどきでは、
強い心とかいっている余裕なんかありません。
ひたすら耐えるだけです。

結果的に、
心が強くなってくるのです。

 

4-2.目的を持つ

人間は目的を持つと耐えることができます。
馬の目の前に人参をぶら下げる理屈ですね。

 

4-3.自信を持つ

一方で、成功体験を繰り返すことによって、
自分の力に自信がついてきます。
この自信が心を強くします。
心の耐性を大きくします。

 

4-4.美学を持つ

ちょっと抽象的ですが、
耐えることを一つの美学として考えることです。


ある意味、
これ以上の心の強さはないでしょう。

 

4-5.負けず嫌いも

最後に性格的なものを一つ。
それは「負けず嫌い」です。


自分に負ける(根を上げる)のが嫌な性格です。


ただ、
この「負けず嫌い」をどうしたら作れるのか。


このへんのところはまだ分かっていません。


申し訳ございません。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20190202074028j:plain

 

どうでしたか。
やっぱり結論は出ませんでしたね。
ごめんなさい。

最後は習慣でしょうか。


「慣れ」でしょうか。

「病気」みたいなものです。

 

我慢しないと、
なんとなく自分に負けたような。

 

そんな気持ちになるのです。

 

それが嫌で、
頑張っているかも。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

※更新履歴※

【更新】2019年10月16日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年9月15日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

※CMリンク※

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/言葉  Amazon/言葉

楽天/健康   Amazon/健康

 

www.star.ne.jp

 

 

 

 


ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

メンタルヘルス・マネジメント検定試験 Ⅱ種ラインケアコース 過去問題集<2019年度版>

メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト II種 ラインケアコース<第4版>

メンタルヘルス・マネジメント検定試験 Ⅰ種マスターコース 過去問題集<2019年度版>

トースト・トゥ・アワ・ディファレンセズ

【トレーニング】飯山式メンタルトレーニング~いまどきの子のやる気を引き出す大人の接し方~

モチベーションを劇的に引き出す究極のメンタルコーチ術

弱いメンタルに劇的に効く アスリートの言葉――スポーツメンタルコーチが教える“逆境”の乗り越え方

メンタルモデル・リサーチ 1 (1巻) (YKコミックス)

人生が変わる メンタルハック大全

お金と承認欲求の心理学 メンタルジムThe Change

フォー・センティメンタル・リーズンズ