知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

運転歴50年が提案する安全運転の心得11ヶ条

f:id:kawa2496:20190728153629j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は、

車の安全運転について書こうと思います。

 

◆私の運転歴

私の運転歴は、自慢ではありませんが、
おおよそ半世紀になります。


この50年間を振り返ります。


1)違反歴:4回
(信号無視x1回、進入禁止違反x1回、
スピード違反x2回)

2)事故歴:2回
     
(2回とも相手車の飛び出し)

3)買い換えた車:計14車種

 

ということで、
決して優良ドライバーではありません。


優良ドライバーでないからこそ、
違反や、事故など、
いろいろな場面を経験しているわけです。


と、

自慢するつもりはありません。


その経験者が提案する安全運転の心得です。

 

題して、

運転歴50年が提案する
安全運転の心得11ヶ条です。


皆さんの参考になればと思い紹介させていただきます。

 

◆安全運転の心得11ヶ条

私がすすめる安全運転の心得11ヶ条は以下です。


1)ムラのないアクセルワーク。

2)車の流れに乗る。

3)早めのブレーキ。

4)早めのウインカー。

5)左カーブは小さく、右カーブは大きく。

6)運転中は五感を。

7)十分な車間距離を。

8)ヘッドライトの点灯は早めに。

9)タイヤの空気圧はこまめにチェック。

10)前方の視界を確保。

11)相手(前方)ドライバーの力量を読む。

 

では、

早速見ていきましょう。

 

 

 

楽天/運転   Amazon/運転

 

.ムラのないアクセルワーク

f:id:kawa2496:20190110153559j:plain

 

 

ムラのないアクセルワーク。

 

これは分かりますよね。


つまり、

アクセルをムダに踏んだり、

離したりすることです。


このムラな(ムダな)アクセルワークで、

何が問題になるかというと下記になります。


1)燃費が悪くなります。

2)同乗者が不安になります。

3)同乗者の気分が悪くなります。
(乗り物酔いの症状)

 

やってはいけないことは下記の2点です。

1)発進

2)加速

 

このは事故のもとです。

 

1-1.アクセルワークがうまくなるコツ

私が普段やっているアクセルの踏みかたです。


足のつま先アクセルの根元に置く。
 (オルガン式ペダルに限定)

 

そうすると、

アクセルが重たくなります。

 

その分、
ムダなアクセルワークが軽減されます。

 

もちろん、
意識的にアクセルワークする場合は別です。


意識的にアクセルをムダ踏みする人は、
本人の問題ですので、
自分で気をつけるしかありません

 

2.車の流れに乗る

f:id:kawa2496:20190110155131j:plain

 

車の流れに乗ることも大事です。

これは安全運転の鉄則です。

 

なかには、
真面目ぶって、
一人だけ法定速度を守っている人がいます。

 

1)これは非常に迷惑です。

2)危ないです。

3)渋滞の元です。

 

もちろん、
車間距離は十分あけておいてください。

 

3.早めのブレーキ

f:id:kawa2496:20190110155053j:plain

 

早めのブレーキも大事です。


ここで、

ブレーキの役割を復習しておきましょう。

 

1)ブレーキは車を止めるもの。

2)車を止めるだけでなく、減速するもの。

 

ここまでは、

誰もが知っています。

 

ところが、

忘れがちなのが下記です。

 

後続車への合図。

 

ブレーキランプの点灯によって、

後続車へ、


「止まるよ」

「減速するよ」


と、合図するわけですね。

 

そうすると、
後続車は気持ちの準備ができます。

 

追突が回避できます。

 

ポンピングブレーキも効果的です。

 

ブレーキを細かく踏んで、
ブレーキランプを点滅させるのです。

 

因みに、

ポンピングブレーキの本来の意味は下記です。

 

ポンピングブレーキとは、
自動車運転技術のひとつ。


フットブレーキを踏み込み、滑り始めたら少し緩めて、
再び踏み込む動作を繰り返すこと。


タイヤのロックを防ぐことで、
急ブレーキ時の制動距離を最小限にするためです。

 

4.早めのウインカー

最近、

ウインカーを出すのが遅い車をよく見かけます。


中には、

曲がってからウインカーを出す車もあります。


「曲がりました」ではダメですよ。


「曲がりますよ」でなければダメです。

 

ウインカーは早めに出しましょう。

 

4-1.法令の復習

ここで法令を復習しておきましょう。


1)ウインカーの目的

ウィンカーは、自分がどのように行動するかを、
周りの車に知らせる意思表示のためです。


「右に曲がります」

「左に曲がります」

「発進します」

「停止します」

 

4-2.ウインカーを出すタイミング

これも法令で決まっています。


◇曲がるとき:曲がる手前の30m
◇車線変更するとき:車線変更する手前の3秒

 

「3」、「3」と覚えておきましょう。

 

4-3.ウインカーとブレーキの順序

これも大事です。


正解:①ウインカー→②ブレーキ
ウインカーを先に出します

 

でも、
現実では、
この逆をやっている車が多いようです。


ブレーキを先に踏むと後続車は困ります。


止まるものと勘違いするからです。
曲がる意思表示をして、
(ウインカーをだして)から、

ブレーキを踏みます。

これは法令で決まってはいませんが、
安全運転の基本ですので、
是非守ってくださいね。

 

5.左カーブは小さく、右カーブは大きく

カーブの鉄則を知っておいてください。


左カーブ:小さく曲がる。
右カーブ:大きく曲がる。


基本はキープレフトです。


左側に寄って走ることです。

 

特に左カーブ時の「膨らみ」は要注意です。


左に曲がるのに、

ハンドルを右に切るいる人がいるのです。
(これを膨らみと称します)

 

とんでもないドライバーがいるものです。
これでは、対向車はびっくりです。
左ウインカーをみて、
追い越そうとした後続車もびっくりです。
思わず接触しそうになります。

 

5-1.膨らむ理由

左へ曲がるときに膨らむのは、
ドライバーの悪いクセか、
意識的なものかは分かりません。


多分、両方でしょう。


膨らませる理由は下記です。

曲がりやすいから。

 

そうなんです、膨らませると、
遠心力(ドライバーや車への遠心力)が小さくなって、
曲がりやすいからです。

通常、大型車はこれをやります。

 

そうしないと、
内輪差で歩行者や自転車を巻き込む危険性があるからです。

しかし、

普通車では、この内輪差の危険性は殆どありません。


後輪(ホイール)を縁石などでガリガリとするだけです。


それが嫌なら、
ミラーをみながらハンドルの切り方を注意するしかあありません。


間違っても「縁石のガリガリがいや」を理由に、
膨らむのはやめてください。


※膨らむと、縁石のガリガリだけではすみません。


しかも、

最近では軽自動車まで膨らみます。
(生意気ですね・・失礼)


膨らむと、危険です。

 

対向車と接触する危険性があります。

 

5-2.正しい曲がり方

左カーブ:小さく
右カーブ:大きく
基本:減速キープレフト

 

6.運転中は五感を

f:id:kawa2496:20190110154703j:plain

運転中は車や路面の異常に全神経を払ってください。


①音:特に普段と違う「異音」に注意してください。

 例:ドアのガタガタ音⇒半ドアの可能性あり。
トランクのガタガタ:トランクの閉め忘れ。


②におい:電気系統の故障(焦げ臭いニオイ)、
エンジンオイルの焼きつきなど。


③振動:パンク、空気の片減り。


④ハンドルの重さ、ハンドルのとられ:
パンクなどが考えられます。

 

特に音は重要です。


だから、
オーディオやビデオは最少ボリューム
で楽しみましょう。

 

7.十分な車間距離を

これは、誰でもお分かりだと思います。


車間距離が短いと、とっさの時の回避ができないからです。
先行車が急ブレーキを踏むと、追突することがあります。

しかし、どうしても車間距離は短くなりがちです。


1)先を急いでいるとき。

2)相手(前の車)を”せかせる”とき。

 

こんなことをやっても何も得しませんよ。


車間距離を縮めて、
目的地に早く着いた話など、
聞いたことがありません。


逆に、寿命を縮めるだけです。

 

8.ヘッドライトの点灯は早めに

f:id:kawa2496:20190110154838j:plain

 

夕方や曇天、雨天時のヘッドライトの点灯は早くしてください。
これは自分が前方を見やすくするだけではありません。

 

他者(人、車)に自車を認識させるためです。

 

自車を認識させて注意してもらうのです。


自分が歩行者を認識していても、
歩行者が自分(自車)を認識していないことがあります。
とくに、自車の色が黒色や黒系であれば、なおさらです。

 

スモールライトを点灯するなどと、
「けち」なことをしないでください。


ヘッドライトを点灯してください。

 

そのほうが、相手は認識しやいからです。

より安全になります。

 

9.タイヤの空気圧はこまめにチェック

f:id:kawa2496:20190110154726j:plain

 

タイヤの空気圧は最低でも1ヶ月に1回はチェック
してください。


外部の温度変化や自重で自然と空気が抜けていくからです。


走行距離に関係ありません。
定期的な空気圧点検をお願いします。

 

◇空気圧の高すぎ:ブレーキがききにくくなります。
乗り心地も悪くなります。

ただし、
高速道路では10%程度高くしてください。

タイヤの摩耗、破損、パンク防止のためです。

 

◇空気圧の低すぎ:タイヤの摩耗が早くなります。
燃費も悪くなります。
(タイヤの転がり抵抗が大きくなるからです)

 

◇適正(標準)空気圧:
運手席ドアの側面
にシールが貼られています。

 

10.前方の視界を確保

トラック、バス、バンの後ろには
つかないにしましょう。

 

①信号がみえない。

②交通渋滞がみえない。

③交通標識がみえない。

 

これらはすべて危険につながります。

 

どうしても、前に視界を遮るものがあれば、
次のことをしましょう。


前の車との車間距離をあける


車間距離をあけすぎて、
他車が割り込んでくることがあります。


そうしたら、しめたものです。


「割り込んでくれて、ありがとう」


おかげで安全が確保できました。


イライラしなくてすみました。


一石二鳥とはこのことです。(笑)

 

11.相手(前方)ドライバーの力量を読む

これは、テクニックというか
多少経験が必要です。


相手(前方)車(ドライバー)の力量や、
心理状態を読むのです。


つまり、
ドライバーの力量や心理状態で、
危険を察知するのです。


危険と分かれば、
その車からできるだけ離れます。

 

君子危うきに近寄らずです。

 

1)初心者マーク、高齢者マークの車から離れましょう。

⇒ 運転が不慣れ、反応が遅いので、
事故に巻き込まれやすくなります。

 

2)やたらとブレーキを踏む車から離れましょう。

⇒ 地理が不案内。(道に迷ってる)
眠気がきている。酔っ払い運転かも。

 

3)レーンの端を走っている車も要注意。

⇒ 居眠り運転、酒酔い運転かも。
あるいは体調不良かも。

 

4)走行が定まらない(ふらふらしている)車から離れましょう。

⇒ 同上。

 

12.まとめ

f:id:kawa2496:20190728153707j:plain


どうでしたか。
安全運転の参考になったでしょうか。


最近の車は安全装備が満載です。


なかには、自動運転まで装備されています。


その自動運転技術は日進月歩です。


しかし、
いくら安全技術や自動運転の技術が進んでも、


人間の運転技術にはかないません


むしろ、車の技術が進めば進むほど、
人間の運転技術が求められます。


そのためにも、
今回紹介して安全運転の心得は大事です。

是非参考にしてください。

 

最後に、車は凶器です。


人殺しの道具を運転しています。


そのことを忘れないでくださいね。

 

車は便利な道具ですが、

その扱い方をひとたび間違うと、

相手や自分を死に追いやります。

 

そうなると、

本人だけでなく家族も不幸のどん底です。

 

人生台無しです。

 

人の大事な命を預かっている。

 

車を運転しているときは、その気持ちを忘れずに。

 

今日もご安全に!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年12月17日、31日、2020年3月10日、4月6日、12日、5月10日、9月22日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年10月3日
中身(文章)をマイナー修正しました。

※CMリンク※

 

楽天/運転   Amazon/運転

 

www.star.ne.jp


【図解】「ペダルの踏み間違い」はこれで防ぐ

交通事故を7割減らすたった2つの習慣

長く乗り続けるためのクルマ運転テクニック図解

運転寿命を延ばす 50代からの安全運転の心得

カラー図解 あなたの"不安"をスッキリ解消! クルマの運転術

徳大寺有恒のクルマ運転術 アップデート版

安全運転の科学

事故の心理・安全の心理―視点を変えて交通社会を考える

「認知機能検査」合格ガイド付き 50代からの「運転脳」アップ50日ドリル

運転をあきらめないシニアの本音と新・対策


カラー図解 あなたの"不安"をスッキリ解消! クルマの運転術

ADAS搭載 安全運転支援機能付きドライブレコーダー ドラドラ6α

柴犬ステッカー 安全運転中

 


運転寿命を延ばす 50代からの安全運転の心得

長く乗り続けるためのクルマ運転テクニック図解