知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

注意は最初と最後、特に最後が危ない!

f:id:kawa2496:20181219080853j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は生活について書かせていただきます。


気ぜわしい毎日を過ごしていると、
ときには失敗することってよくありますよね。
(よくあっては困るのですけど・・)

 

1)階段を踏み外しそうになった。

2)会社の書類を間違った。

3)メールの宛先を間違った。

4)忘れ物をした。

 

このような失敗は、
ちょっとした不注意でおきます。

 

逆に言うと、

ちょっとした注意で防げます。

 

この注意について、
少しだけお話をさせてください。

 

 

 

楽天/安全   Amazon/安全

楽天/健康   Amazon/健康

楽天/生活   Amazon/生活

 

1.階段の上り下り

f:id:kawa2496:20181219080909j:plain

 

一番危険なのが階段です。
上り下り(のぼりおり)です。

 

1)どっちかというと。

階段を下(お)りるときのほうが危ないです。

 

2)最後の一歩でつまずくことがある。

ホッと安心するからでしょうね。

だから、必ず手すりを持って上り下りしましょう。


そのためには、片手は空けておくことが大事です。

 

あとは、今回のタイトルのとおり、

最後は慎重に。

でいきましょう。

因みに、
動作の最初は誰もが慎重です。


歩き出しや、階段の最初のステップは、
足下をよくみます。
そのようして、目や動作を慣らすわけですね。
そうして動作をして、
慣れた最後のところで、
気を抜いてしまいます。


そこでケガをするのですね。
だから、最後の一歩が大事なのです。

 

2.書類や原稿

書類や原稿も最後が大事です。


もちろん、

それまでには推敲をしていると思いますが、
最後の最後になると、
以下のような心理状態が働きます。

 

1)もう大丈夫。

2)あっ時間がない。

3)次の仕事が入った。

 

つまり、注意が散漫になるのですね。


気持ちが別のところにいってしまうのですね。


だから、最後のところでは、意識的にこうしましょう。
より細心な注意を払う。

つねに、ミスがあるかもしれない、
という意識が大事です。

 

3.メールでも

f:id:kawa2496:20181219080816p:plain

 

最近多いのがメールの失敗です。


誤字脱字だけであれば、
「ごめんなさい」ですみますが、
宛名を間違うと悲劇です。


「ごめんなさい」ではすみません。
とくに、ビジネスメールでは、
相手に迷惑をかけてしまいます。


相手というのは、

間違って送信した相手と、
本来送信すべきだった相手の両方です。

 

1)会社の機密情報が外部に漏れてしまう。

2)客先情報が外部に漏れてしまう。

3)誤って別の取引先に行くと、
信用問題になります。

4)相手(両相手)の信用をなくします。

 

よって、

メールを送信するときには注意が必要です。


もちろん、

みなさんも注意していると思いますが、
それでも失敗してしまいます。

 

送信ミスするときの状況を分析すると、
下記のようなケースが多いようです。

(自己分析)

 

1)別なことを考えている。

2)忙しい。

3)時間がない。

4)送信し慣れた宛先だ。
(間違うはずがないと思い込んでいる)

 

う~ん、考えてみれば、
ミスの原因は単純なんですね。


その単純なことが原因で、自分だけでなく、
会社の信用をなくしてしまいます。


ミスの後始末で、
余分な時間をとってしまいます。


それは、

忙しいときに限っておきるのです。

 

つまらないミスで、
ますます自分を忙しくしてしまいます。

 

4.買い物でも

ちょっと話がそれますが、
慎重といえば、買い物だって同じです。


自分の大事なお金ですので、
慎重にならなければなりません。

 

ここでも、

冷静になって自問自答しましょう。

 

1)その買い物は本当に必要か。

2)今買わないといけないのか。

3)もう少し待てば安くならないのか。

4)ほかに安いお店はないのか。

 

ここでも、
最後の最後で慎重さが求められます。

 

5.車の運転でも

f:id:kawa2496:20181219110630j:plain

 

最後の最後で慎重さが大切


これは車の運転にも通じます。


駐車場に停めるときに、よく事故が起きています。

 

1)バック時に誤って縁石にぶつける。

2)子供があわてて降車して、
自車でひいてしまう。

3)ドアを開けたときに風にあおられる。
⇒手を挟む。ドアを壁にぶつける。

 

家に帰って来て、
あるいは、
目的地に着いて、ほっとした気持ちが、
そんな失敗をさせるのです。

 

6.外出するときも

外出でもそうです。


気持ちが別なところにいっていますので、
失敗をしがちです。

 

1)持参品(財布、診察券など)の忘れ物。

2)ストーブの消し忘れ。

3)コンセントの抜き忘れ。

4)窓の閉め忘れ。

5)洗濯物の入れ忘れ。

6)玄関の施錠のし忘れ。

 

とくに、乗る予定のバスや電車に、
発車時刻が迫っているときや、
気持ちが浮き浮きしているときに、
上記のような失敗をしがちです。

 

ここでも、最後は「慎重に」です。

 

7.まとめ

f:id:kawa2496:20181219110916j:plain

 

どうでしたか。


考えてみれば、

毎日の生活のなかでなんと失敗が多いことか。


それが、

笑ってすまされるものだったら良いのですが、


ケガ火の消し忘れなどは、


笑ってはすまされません。

 

このような失敗を防ぐには、
本人の注意しかありません。

 

そこで下記を習慣にしましょう。

 

最後に一呼吸おく。

 

つまり、


最後は慎重に、です。

 

このことに心がけて、
安心安全な毎日を過ごしましょう。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年12月13日、2020年4月20日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年7月24日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

※CMリンク※

 

楽天/安全   Amazon/安全

楽天/健康   Amazon/健康

楽天/生活   Amazon/生活

 


机に向かってすぐに集中する技術

たった1秒の最強スキル パソコン仕事が10倍速くなる80の方法

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

30秒集中法 - いきなり一点にすべての能力を集め、持続させる -

運動前のストレッチはやめなさい 体を痛めず硬さをほぐす 効果倍増メソッド (SB新書)