知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

負けるが勝ち、それでどっちが勝ったの?

f:id:kawa2496:20181227065013j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は言葉のお話です。

 

といっても、
あくまでも私見ですので、そのへんはご了承ください。

 

今回のテーマは「負けるが勝ち」です。

 

というと、

この言葉が負けたことへの言い訳や慰めに聞こえますが(もちろんそういう意味もありますが)、実際は別な意味もあるようです。

 

人間生きている限り勝負の連続です。

 

勝つこともあれば、負けることもあります。

 

しかも、
その勝負の相手が他人とは限りません。

 

自分との闘いもあります。

 

むしろ、
自分との闘いのほうが多いでしょう。

 

そのときに、
いつも勝ってばかりでは疲れます。

 

しまいには病気になります。

 

だから、

ときには負けることも必要なのです。

 

「負けるが勝ち」

 

この言葉は、

生きていくために必要な言葉です。

 

単に勝負ごとを言っているのではありません。

 

そのことは、

本稿を読むと分かってくるでしょう。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

 

 

楽天/生活  Amazon/生活

楽天/人生  Amazon/人生

楽天/言葉  Amazon/言葉

 

1.本日の言葉

「負けるが勝ち」

 

2.意味

「負けるが勝ち」の意味は下記です。

 

『口論や議論などで、無意味だと思ったときに、
相手に勝ちを譲って、自ら引いたほうが、
ムダな時間やエネルギーを使わなくてすみ、
結果的に自分が勝ったことになる。』

といっても、今ひとつ分かりにくいですよね。
ですので、もう少し掘り下げてみましょう。

 

3.結論は

まずタイトルの結論を言っておきます。

 

「負けるが勝ち」、
それでどっちが勝ったの?

 

【結論】


1)状況次第です。

2)相手が勝ち、自分が負けることもあります。

3)自分が勝ち、相手が負けることもあります。

 

いい加減!

 

そうなんです。


この言葉、

かなりいい加減なのです。

 

4.状況検証

それでは、

状況ごとに検証してみましょう。

 

4-1.スポーツでの勝負

スポーツはプロでもアマでもよいでしょう。


相撲、ボクシング、マラソンなどの個人競技でも、
サッカーや野球のような団体競技でも良いでしょう。


いずれにしても、真剣勝負ですので、

「負けるが勝ち」にはなりません。

負けて良かったなどは絶対にありません。


ただ、

下記のようなことはあります。

 

負けたことが反省材料になり、
次につながる。

 

だから、

負けてゼロではありません。

 

しかし、
負けて「勝つ」にはなりません。

 

4-2.試験の成績

学校の試験の場合です。


結果は点数と総合順位で評価されます。


この結果で、

相手より勝った負けたが決まります。


もし、あなたが、
わざと低い点数をとったとしても、
(つまり負けてあげたとしても)


それは、

勝ったことにはなりません。


誰も評価しません。


つまり、

試験でもスポーツと同じ理屈となります。

 

負けて「勝つ」にはなりません。

 

4-3.いざこざ(不毛な争い)

たとえば、最近ニュースで話題になっています、
「あおり運転を例にとりましょう。


「あおり運転」犯罪です。


事故ではなく事件です。


だから、こっちが正当だからといって、
相手にするのは危険です。


正論をぶっても、

相手はエスカレートするだけです。


ここは、引いた方が賢明です。


つまり、負けを認めるのです。


「あおり運転」の相手にならず、
ひたすら逃げるのです。


「あおり運転」の現場から離れるのです。


ここで、
やっと「負けるが勝ち」の正論が出てきました。

 

「あおり運転」では、
「負けるが勝ち」です。

 

4-4.意味のない議論

会社の中で、
よく、向きになって議論しているのを見かけます。


議論というと聞こえがよいのですが、
あれは、どうみても議論ではありません。

言い合いです。

 

このような言い合いに巻き込まれた場合は、
さっさと引き下がりましょう。

 

時間とエネルギーのムダです。

 

この無意味な言い合いでも、
「負けるが勝ち」が成り立ちます。

 

さっさと、引いた(負けた)ほうが勝ちです。

 

5.それで、この言葉は役に立つの?

 「負けるが勝ち」効用ですが、


かなりあると思います。


それは、上記4項の説明で、
ある程度お分かりになったと思います。

 

5-1.危険回避

前述の「あおり運転」のように、
負ける(逃げる)ことで危険が回避できます。
また、無理をしないという点では、
自分の体を守ることにも有効です。

 

5-2.人間関係を戻す

議論(言い合い)を放棄する(おりる)ことで、
人間関係が元に戻すことができます。
場合によっては、戻すだけでなく、
良くすることにもなります。
(もちろん、状況と相手次第です)

 

5-3.雰囲気をやわらげる

上記と同様で、けんか状況をやわらげます。
とくに、結論が出ずに発散状態になったり、
感情的になったときには、
誰かが引かないと納まりがつかなくなります。


そんなときに、
引いて、負けます。


そして、
「納まる」(雰囲気が良くなる)ことになり、
「勝ち」となるわけです。

 

5-4.ストレス解消

上記ケースのような発散状態の議論が収まると、
議論のメンバーが納得しますので(とりあえず)、
メンバーのストレスは解消されます。
めでたし、めでたし。

 

5-5.成長

それで、
引いた(負けた)本人は成長したことになります。
経験値が上がります。

 

「へえー、こすればいいんだ」

「俺も(私も)大人になった」

 

負けるが勝ち」ですね。

 

6.まとめ

f:id:kawa2496:20181220103610j:plain

 

どうでしたか。


「負けるが勝ち」とう言葉から、
勝負事を連想し、

何か殺伐としたイメージになりますが、


勝負の相手が他人ではなく、
自分自身だったらどうでしょうか。

 

自分との勝負

 

そうすると、


「負けるが勝ち」が成立します。

 

つまり、

負けそうな自分に、
あえて、負ける
のです。

 

あえて、負ける。

 

ここのところが、ポイントです。


つまるところ、

無理をしないということです。

 

負けて勝つのです。


無理をすると、
体を壊すことになります。


再起不能になることもあります。


それを避けるわけですね。

 

ただ、

これを口実に、
自分に甘くなることは許されません。


あくまでも、
無理をしないという意味で、
「負けるが勝ち」という言葉になります。

 

これは長い人生を生き抜くうえでの知恵です。


そのことにお気づきになったら、
このブログは成功です。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年12月23日、30日、2020年5月2日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年9月19日
CMリンク追加ほか。

【更新】2019年8月9日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

※CMリンク※

 

楽天/生活   Amazon/生活

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/言葉  Amazon/言葉

 

 

 


カスガ先生の精神科入門 負けるが勝ち! (上)/ケアネットDVD

「負けるが勝ち」の生き残り戦略―なぜ自分のことばかり考えるやつは滅びるか (ベスト新書)

戦争に勝ってはいけない本当の理由-白旗原理主義あるいは「負けるが勝ち」の構造-

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書)

日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)

「負けるが勝ち」の逆転!ゲーム理論 (PHP文庫)

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

負けるが勝ち、勝ち、勝ち! (廣済堂新書)

負けるも勝ち―相撲とは 人生とは


ドラえもんの国語おもしろ攻略 ドラえもんのことわざ辞典[改訂新版] (ドラえもんの学習シリーズ)

ちびまる子ちゃんのことわざ教室 (ちびまる子ちゃん/満点ゲットシリーズ)

小学生のまんがことわざ辞典 改訂版

新明解故事ことわざ辞典 第二版

中学入試 でる順過去問 ことわざ・語句・文法 合格への1204問 四訂版 (中学入試でる順)

日本のことわざかるた ([かるた])

角川まんが学習シリーズ のびーる国語 ことわざ