知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

ムキになることは、必ずしも悪いことばかりじゃない

f:id:kawa2496:20190509061853j:plain

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は言葉について考えてみたいと思います。

 

「ムキになる」という言葉です。

 

この言葉は、
通常、否定的な意味で使われることが多いようです。

 

①すぐかっとなる。
②気が短い。
③ああなったら、何を言ってもムダ。

 

たしかにそうです。


ムキになる人は、
あるいは、ムキになった人は、
相手にできないほど冷静さを欠いた状態です。

 

しかし、
肯定的なところもあるのでは、
と私は思っています。

 

ムキにならないと
できないこともあるのです。


たとえば、私の専門のラグビーです。


ラグビーはムキにならないと、できません。

 

f:id:kawa2496:20190202161002j:plain

 

①勇気を絞り出す。
②恐怖を克服する。

 

この2つのためには、
「ムキ」が必要なのです。


冷静な気持ちでは、
ラグビーはできません。

 

というと、
ラグビーが野蛮なようにみえますが、

そうではありません。

 

ムキになるとは、試合に臨む精神状態のことで、


反則やラフプレーを
推奨しているのではありません。

 

私がいいたいのは、
ムキになることには、
それぞれ長短があるということです。

 

そのへんのところを
じっくりと見ていきましょう。

 

 

楽天/言葉  Amazon/言葉

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/生活   Amazon/生活

楽天/ラグビー   Amazon/ラグビー

 

1.なぜムキになるのか

まず、ムキになるケースと、
その理由を考えていきましょう。

 

1-1.血の気が多いから

ちょっとしたことで、
すぐカッとなる人がいます。

遅刻した先輩に言いました。


「先輩、お早い出社で」
(冗談のつもりで言ったのに)
「うるせーっ、どこが早いのか」
「てめー、俺をバカにしてんのか」

ムキになる典型ですね。
先輩も大人げがありません。
よほど虫の居所が悪かったのか、
血の気が多いのでしょうね。

 

◆こういうときは黙っていた方が得策。

こういうときは(というか、こういう相手には)
黙っている方が得策です。

 

1-2.負けず嫌いだから

一方、負けず嫌いもムキになることがあります。


トランプでも、将棋でも、ゲームでもよいでしょう。

負けると、必ずこう言ってきます。

 

「もう一回」
「次は絶対に勝ってやる」

 

こういうのも困ったものです。

 

◆仕方がないので負けることにしましょう。

こんなときは、この人の性格(病気?)を察して、
負けることにしましょう。
そうでないと、ずっと付き合わされますからね。

 

1-3.ストレスがたまっているから

何も理由が思いつかないのに、
かみついてくる人がいます。

 

「お天気いいですね」
「あっそう?それがどうしたの?」

 

「お天気悪いですね」
「俺のせいじゃないよ」

 

そんなこと聞いていませんよ。


日常会話じゃないですか。


そんな会話ができない人、
かなりの偏屈か、ストレス人間でしょうね。

 

2.ムキになったときの対処法

次にムキになったときの対処法を考えてみましょう。

 

2-1.相手にしない

基本的には相手にしないことです。
相手にすると、さらに状況を悪くします。
火に油を注ぐことになります。

ムキになった人を相手に、
こちらまでムキになるのは最悪のケースです。

こちらが、もっと大人になりましょう。

 

2-2.一呼吸おく

一番良いのは、こちらが冷静になることです。


そのためには、冷却期間をおきましょう。


少しだけ頭を冷やす時間をおきます。


これは相手を冷却させるのにも有効です。

 

深呼吸×3回

 

状況改善のおまじないです。


ムキになっている前で、
わざと見えるように
深呼吸すると、さらに効果的です。

 

3.ムキになったほうが良いケースも

次にムキになるメリットです。


冒頭にも書きましたが、
ムキになることには良いこともあります。

 

3-1.自分を鼓舞する

落ち込んだり、やることに自信がないときに、
あえて興奮状態にするのです。


試合に臨むときにもあてはまります。


100m走のスタートラインに立ったときの状態です。

 

3-2.怖さを克服する

ラグビーが一つの典型的な例です。


小さな選手が、
自分の何倍以上もある相手に
タックルにいくとします。


とくに正面からのタックルは恐くて
できません。


この恐怖感を克服するために、
ムキになるのです。

 


私は体が小さかったので、
この状況は分かります。


相手が巨漢で、しかも、
全速力で向かってきているときには、


「ここは絶対に倒してやる」
「このやろーっ」


相手の闘志の上をいかなければなりません。


これも、一種の「ムキになる」ことです。

 

3-3.逆境やハンディ乗り越える

これは一種の負けず嫌いを利用した効果です。


不可能なことに挑戦するには、これしかありません。


逆境を味方にするのです。


自分をムキにさせて
エンジンを全開にさせるのです。

 

 

4.心は熱く頭は冷静に

上述のように、
ムキになることは良いこともあります。


ただ、良いことでも、
カッカすることはよくありません。
危険でさえあります。

 

4-1.気持ちは冷静に

矛盾しているようにみえますが、
カッカしていても、冷静になるのです。


冷静になっていないと、
見えるものが見えなくなります。


冷静な判断もできなくなります。

 

4-2.状況を把握する

適確な判断のためには、状況把握が必須です。


①今はピンチなのか、チャンスなのか。

②相手は、どんな状況なのか。

③相手の心理状態は。


これらを瞬時のうちに把握するのです。

 

4-3.一番良いことを考え行動する

これは少し分かりにくいかと思います。


ムキになっている状態で、
一番良いことを考えて行動するのです。


だってそうでしょう。
ここで想定しているのは、良いムキです。


つまり、
自分の目的を完遂するためのムキです。


だから、
いつもその目的の完遂状態を頭に描きながら、
行動するのです。

 

ここが、
世間でいわれている
「ムキになる」のと、


決定的に違うところです。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20190111145940j:plain

 どうでしたか。
ここまでお読みになって、お分かりになったと思いますが、
ムキになることは、良くないことが多いようです。
その理由は下記にあります。


①冷静さを失うから。

②周りに迷惑をかけるから。

③周りからの注意や忠告が聞けなくなるから。

 

ということは、
損をするのは自分です。

 

一方で良いこともあります。


ムキになることによって、下記が生まれます。


①やる気を出る。

②怖さを克服する。

③逆境やハンディを乗り越える。

 

いずれにしても大事なことは下記です。

 

冷静さを保つ。

心は熱く、頭は冷静に。

この精神で、

「ムキ」とうまくつきあってください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

※更新履歴※

【更新】2019年9月15日、18日
CMリンク追加。
中身(文章)をマイナー修正しました。

【更新】2019年7月7日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

楽天/言葉  Amazon/言葉

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/生活   Amazon/生活

楽天/ラグビー   Amazon/ラグビー

 

 

 

 


人はなぜ依存症になるのか 自己治療としてのアディクション

子どもが自慢したいパパになる 最強の「お父さん道」


ノーサイド・ゲーム