知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

LDL(悪玉コレステロール)との闘い、実録を一挙紹介

f:id:kawa2496:20190218153911p:plain

LDL(悪玉コレステロール)の推移

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はLDLを下げる闘いの紹介です。

LDL、すなわち「悪玉コレステロール」が、

一時期高かったのを、適正値までに下げました。

いろいろと試行錯誤の末にです。

 

その約10年間の闘いです。

 

10年前:160mg/dL
   ↓
現在:100mg/dL未満へ

 

これで、
動脈硬化性疾患(心筋梗塞など)のリスクを
大幅に減らすことが出来ました。

 

下記1-1)のデータによると、
心筋梗塞の発生率が70~80%縮小
したことになります。

とにかく、LDLは恐いものです。

 

それを改めて認識していただくために、
この記事を書きました。

 

この記事は、
私のLDLとの壮絶な闘いの記録です。

 

 

楽天/健康   Amazon/健康

 

1.LDLの怖さ

まずLDLの怖さを認識してもらいましょう。

 

1)LDLとは。

血液中ではコレステロールなどの脂肪は、
蛋白質に結合して存在しています。

これを「リポ蛋白」と呼んでいます。

この一つに、

低比重リポ蛋白(low-density lipoprotein;LDL) があります。


このLDLは、
リポ蛋白の中でも、
最終的に細胞などにとりこまれやすい脂肪です。

したがって、このLDLの量が多いと、
動脈硬化を起こしやすくなります。

 

そのことから、


LDLコレステロールは、
悪玉コレステロールとよばれています。


LDL-コレステロールが10mg/dl増加すると、
心筋梗塞の発生が10~15%増加します。

 

2)脂質異常症*1。

脂質異常症」とは、
血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や、
中性脂肪(トリグリセライド)が過剰であったり、
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が
不足している状態のことです。

具体的な数値は下記の通りです。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール) 140mg/dL以上
善玉コレステロールHDLコレステロール) 40mg/dL未満
中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dL以上

 

*1 「脂質異常症
高LDL血症、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症といった血液中の脂質の異常を総称して脂質異常症といいます。
(上述)

以前は、高脂血症といっていましたが、


HDL-コレステロールは、
高値の方が望ましいため、

病名が変更になりました。

 

3)寿命が縮む。

日本では脂質異常症患者は206万人います。
しかも、増え続けています。

この脂質異常症の最大の問題は、

症状が何もないという点です。

しかし、

血管の壁にはコレステロールが蓄積して、

プラーク(こぶ)となり、

血液の通り道がふさがれ、
動脈硬化におちいります。

脳の血管が詰まれば、脳梗塞に、

心臓の血管なら、心筋梗塞に、

なるリスクがあります。

数値に異常があり、
再検査と言われても症状がないために、
放置している方も少なくありません。

 

しかし、
それは寿命を縮める自殺行為
言えます。

 

脂質異常症のケアは、
10年20年先を見据えて、
寿命を長くするために必要な治療なのです。

あなたも症状がないから気付いていないだけで、
本当は突然死に続くレールの上を
歩いているところかもしれません。

 

2.LDLはどうしたら下がるか

脂質異常症になる背景には下記があります。

①遺伝的要因
②生活環境
③女性ホルモンとの関連など

様々な要因が挙げられますが、
脂質異常症と診断されたら、
まずは、下記の3つを試してみましょう。

 

2-1.食事療法

まず、食事チェックです。
下記が当てはまるようであれば、
食事が原因と考えられます。

下記を出来るだけ、
改善するようにしてください。

①揚げ物や肉料理を毎日食べる。
 ⇒揚げ物や肉料理を減らす。
②お酒が好きで飲みすぎることも多い。
 ⇒お酒の量を減らす。
③水分はあまり摂らない。
 ⇒水分を多く摂る。
④野菜は苦手。
 ⇒野菜を多く摂る。
⑤魚よりも肉料理の方が多い。
 ⇒魚料理とバランス良く。
⑥夜食や間食を摂る。
 ⇒夜食や間食を避ける。
⑦早食いである。
 ⇒出来るだけいよく噛んで、ゆっくり食べる。
⑧ジュースや甘い缶コーヒーなどを良く飲む。
 ⇒ジュースや甘い缶コーヒーはほどほどに。
⑨ケーキや菓子など甘いものが好き。
 ⇒ケーキや菓子など甘いものはほどほどに。
⑩主食+主食(ごはん+麺のセット)を良く食べる。
 ⇒どっちかにして、トータル量を減らす。
⑪卵は1日1個以上食べる。
 ⇒卵を1日1個未満とする。

 

2-2.運動療法

運動療法のおすすめは、有酸素運動です。

ダンベルを持ち上げるような、
いわゆる筋トレというよりは、
お話を笑顔でできる程度のペースでする
ウォーキングや、遅めのランニング、
水中ウォーキングがおすすめです。

それらの有酸素運動を1日30分くらい、
週3回程度、できればよいでしょう。

無理に激しい運動を目標にしてしまうと
身体に負担をかけることになり、
逆効果になることもあります。

最寄り駅まで自転車を使っていたという方は
歩いていくようにしたり、

エスカレーターをやめて
階段を使うようにするなど、

無理なく続く方法を選択してください。

 

2-3.薬物療法

最後の手は薬物療法です。

虚血性心疾患の既往がなく、
危険因子(高齢、家族の心筋梗塞、喫煙、高血圧、HDL-コレステロールが低い、糖尿病、30%以上過剰の肥満)が0ないし1つの人で、LDL-コレステロールが190mg/dl以上の人。


虚血性心疾患の既往があるか、
他の危険因子を2つ以上もっている人で、LDL-コレステロールが160mg/dl以上の人。

 

いずれも、

最低6ヶ月以上の食事・運動療法をしても、
LDL-コレステロールが下がらない場合に
薬物療法をおこないます。

 

3.私の実績

次に私の実績をご紹介します。

 

3-1.LDLの異常所見

LDLの異常が見つかったのは約10年前です。

2009年4月 会社の定期健康診断にて

LDL:160mg/dL

 

3-2.3年間は食事療法と運動療法

2009年5月~2012年5月
この間、運動をしながら、食事に気をつけました。

①運動:ほぼ毎日、約1時間のジョギング。
②食事:肉類を避けて、野菜を多く摂る。
規則正しい食事に心がける。

 

3-3.LDLは下がらず

ところが、LDLは下がりませんでした。
血液検査の結果(年1回の定期検査)

LDL:160mg/dL前後

 

◆近くの医院に通院。

この間、1週間ほど医者にかかりました。

そこで、血液検査と薬をもらいました。

薬:リピトール錠10mg(詳細後述)

効果あり:1週間ほどで、LDLは100以下に
下がりました。

 

まずは、
薬の効果はあることが分かりました。

一安心です。

 

3-4.結局は薬物療法

とにかく、食事と運動療法は全滅でした。
効果無しです。

 

◆原因は体質だと観念。

ということで、
私の高LDLは体質だと観念しました。

上記の通り、薬を1週間ほど服用しただけで、
効果てきめんでしたので、


これは、食事や運動よりは、
薬に頼らなければダメだ。

と悟りました。

 

3-5.リピトール錠10mg

 

f:id:kawa2496:20190219110549j:plain

リピトール錠10mg


商品名:リピトール錠10mg
主成分:アトルバスタチンカルシウム水和物(Atorvastatin calcium hydrate)
剤形:白色の錠剤、直径6.1mm、厚さ2.7mm

【作用と効果】
肝臓のコレステロール合成を阻害することにより、
血液中のコレステロールを低下させます。
通常、高コレステロール血症、
家族性高コレステロール血症の治療に用いられます。

 

3-6.薬の効果

 

下記は薬の効果をしめす血液検査結果です。
見事な効果です。

 

写真上)2012年5月検査、LDL=153

写真下)2012年7月検査、LDL=89

 

その後のLDLの推移は冒頭のグラフを参照してください。


ほぼ80~100で安定しています。

 

f:id:kawa2496:20190219105857j:plain

LDLの高いころの血液検査結果 2012年5月

f:id:kawa2496:20190219110018j:plain

薬の効果でLDLが下がった検査結果 2012年7月

 

4.薬物療法の限界に挑戦

薬の効果が実証されましたので、
その限界値に挑戦しました。

絶対に適正値(量)がある
と思ったからです。

 

1)通常の服用頻度。

標準値 : 1日に1錠

 

2)私の適正値。

f:id:kawa2496:20190219111906j:plain

薬の服用を2日に1錠にしたときの検査結果(判定○) 2018年11月

少しずつ薬の服用頻度を下げていきました。

もちろん、医者には内緒です。

あくまでも「自己責任」です。

1回目のトライ :

     3日中、1日だけ服用をやめる。

   ⇒ これを約1.5年続けました。

2回目のトライ :

      服用を止める日を増やす。

      2日に1日、服用を止める。

    ⇒ これを約1年間続けました。

     この間、血液検査を計2回受けました。

 

その結果、
私の薬の適正量は下記と分かりました。

薬の適正量:2日に1錠

 

LDL値:過去1年間でLDLは90前後で安定しています。
(直近の検査結果は、上手を参照してください)


検査:その間、2回ほど血液検査をしました。

※私の場合、年2回が標準の検査頻度となっています。

考察:
もっと追い込むことが出来るかと思います。
(たとえば、1錠/2日を1錠/3日に)

ただ、そこまで追い込むメリットを感じませんでした。

それより、デメリットのほうを心配しました。

動脈硬化への影響です。

一度出来た動脈硬化は、
簡単には、
もとに戻すことは出来ませんので。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20190202074028j:plain

 

どうでしたか。

LDL悪玉コレステロールについて、
ご理解できましたでしょうか。

 

1)まずは血液検査を。

まずは、血液検査を受けてください。
出来れば毎年1回の定期検査が良いでしょう。

 

2)あとは摂生。

あとは摂生ですね。
暴飲暴食は厳禁です。

規則正しい生活と食事。

これを心がけてください。

 

3)食事は、よく噛んで、腹八分目。

「がつがつ」な食事はよくありません。
食べ過ぎもよくありません。

腹八分目です。

これに心がけてください。

 

4)最後は、薬の力を。

最後は、薬の力を借りましょう。
これは効果てきめんです。

体質が原因のときは、
薬しか選択肢はありません。

少しお金と手間がかかりますが、
健康のためです。
長生きのためです。

 

ということで、
LDLに気をつけて、

充実した毎日をお過ごしください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

 

※更新履歴※

【更新】2019年9月13日
CMリンク追加。

【更新】2019年8月28日-2
【関連記事】を追加しました。

【更新】2019年8月28日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

楽天/健康   Amazon/健康

 

 

 

 


NHKガッテン! コレステロール本当の健康新常識 【食べてちゃっかり改善】最新対策ワザ (生活シリーズ)

更年期からのコレステロールを下げる毎日ごはん (食事療法はじめの一歩シリーズ)

カラー最新図解 悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを上げる本

自力でコレステロールと中性脂肪を下げる 30の法則

LDLコレステロールを下げる原因体質に対応する栄養食事法: まさかそんな理由でコレステロールが高いとは

ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~ (光文社新書)

LDLコレステロール・中性脂肪を下げる!レシピ―NHK生活ほっとモーニング (生活実用シリーズ NHK生活ほっとモーニング)

「糖質過剰」症候群 あらゆる病に共通する原因 (光文社新書)

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

専門医が教えてくれる! 3週間で無理なくコレステロールと中性脂肪を下げる200%の裏ワザ 実践編

薬に頼らずコレステロール・中性脂肪を下げる方法

脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因 動脈硬化は自分で治せる

診断と治療ABC 高LDL-C血症・低HDL-C血症 2015年 01 月号 [雑誌]: 最新医学 増刊

マンガでわかるコレステロール・中性脂肪を下げる方法

コレステロール・中性脂肪をぐんぐん減らす大満足レシピ (主婦の友生活シリーズ)

糖尿病・肥満を克服する 高雄病院の「糖質制限」給食

Gノート増刊 Vol.5 No.2 動脈硬化御三家 高血圧・糖尿病・脂質異常症をまるっと制覇!

健康の結論