知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

高校球児の素顔を追う、私の見た高校野球(その26)

f:id:kawa2496:20190615063047j:plain


こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は

「私の見た高校野球(その26)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

 

この写真1枚1枚は
高校球児たちの歴史と同時に、

私の歴史でもあります。

 

写真ですので、

その瞬間、

高校球児たちと同じ場所にいなければなりません。

 

その時間と空間の中から、
私の感性で切り取ったのが、

この写真集です。

 

だから、
この写真の中には
私の気持ちが入っています。

 

それは「こだわり」と
いったほうがよいかもしれません。

 

その「こだわり」を集大成したものが、
今回のシリーズ
「私の見た高校野球」です。

 

なお、素材は下記HPからの抜粋となります。

  高校野球私設応援団

 

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品


1.野球とも、友だちともお別れ

f:id:kawa2496:20190703085841j:plain

2007年7月25日 西部台千葉 袖ヶ浦球場にて

夏の千葉大会が終わりました。


負けたチームのダッグアウトです。


聞こえてくるのは涙をすする音だけです。


好きな野球ともお別れです。


もう、友だちと練習もできません

 

負けた悔しさより、
別れがつらいんだよね。


その気持ちよく分かるよ。


好きな野球だったもんね。


大、大好きな友だちだったもんね。

それが一瞬でお別れなんだ。

 

(写真) 2007年7月25日 西部台千葉 袖ヶ浦球場にて撮影

 

2.飛びつくも捕れず

f:id:kawa2496:20190626133218j:plain

2005年1月29日 君津商にて

君津商業の練習風景を撮影してきました。


シートノックです。


必死にボールに飛びつくも捕れませんでした。

おかげでユニフォームは真っ黒。
それでも、
何度も何度も繰り返します。

ボールに飛びつきます。


そうしながら、
少しずつ上達するのです。


ボールに飛びつきながら、
そのボールに近づくのです。


あと5センチ、あと1センチ・・。


練習は積み重ねです。


苦しさ、痛さの連続です。
これしかありません。

練習に楽なものはないのです。
近道も。

 

(写真) 2005年1月29日 君津商にて撮影

 

3.間一髪届かず、一塁へのヘッドスライディング

f:id:kawa2496:20190626133324j:plain

時期・不詳、場所・袖ヶ浦球場にて

袖ヶ浦球場にやって来ました。


夏の千葉県大会です。


打者が懸命に走り、
一塁へヘッドスライディング。


しかし、
タッチの差で、
ボールのほうが早かったようです。

 

セオリーでは、
ヘッドスライディングより、

走り抜けた方が早いんだよ。

 

それは百も承知なんだ。


しかし、
気持ちはそうはいきません。


気持ちは、走り抜けるのではなく、
ヘッドスライディングをさせたのです。


体を伸ばして、
一塁ベースへ向かっていく。


体が、気持ちが、
そうさせるのです。


それは本能です。
闘争心なのです。

 

(写真) 時期・不詳、場所・袖ヶ浦球場にて撮影


4.飛びつけ、くらいつけ

f:id:kawa2496:20190626133436j:plain

2004年1月24日 君津商にて


ごめんなさい。


またしても君津商業の練習風景です。


シートノックです。


ショートがボールに飛びつくも、
捕球できませんでした。


しかし、見事なダイビングでした。


次は捕れるかもしれません。


練習は裏切りません。


練習でできないことは、
本番ではできません。


練習がすべてです。


ボールに飛びつけ。
ボールにくらいつけ。

 

できるまで。

ボールが捕れるまで。

 

そうなんです。

練習しかないのです。

練習しか。

 

(写真) 2004年1月24日 君津商にて撮影

 

5.千葉に雪が降る、しかも積もる

f:id:kawa2496:20190626133603j:plain

2006年1月21日 拓大紅陵にて

千葉県に雪が降りました。
しかも、積もったのです。

 

そのときの貴重な写真です。


2006年1月21日、於.拓大紅陵グラウンド


ホント、千葉では珍しい雪です。


ですので、選手たちは大喜び。


ごめんなさい。


北国では雪かきなどで
大変な目にあっているのに。


おかげで、
北国の大変さが分かりました。


少しだけですけど。


そう簡単に分かってたまるか、
ですもんね。

 

(写真) 2006年1月21日 拓大紅陵にて撮影

 

6.冬場のランニング

f:id:kawa2496:20190626133709j:plain

2011年1月16日 拓大紅陵にて

拓大紅陵です。


冬場は単調な練習が続きます。


この日は、
ランニング主体の練習でした。


来る日も来る日もランニングの繰り返しです。

これでは、
野球部ではなく陸上部です。(笑)


グチの一つも出そうな練習メニューです。


でも彼らはくじけません。


彼らはランニングの重要さが分かっています。

 

足腰の鍛錬。
スタミナをつける。


いずれも、
野球には大切なものです。


今この時期にやらなくていつやる。


そう自分に言い聞かせながら、
今日も走り続けます。

 

(写真) 2011年1月16日 拓大紅陵にて撮影

 

まとめ

f:id:kawa2496:20190626081317j:plain


どうでしたか。

今回も厳粛な思いを込めて、
私の見た高校野球(その26)
をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠に止まったきりです。

色あせることもありません。

その瞬間が永遠に存在するのです。

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。

そう思いつつ、本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

 ※CMリンク※

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 

 

 


フォトコン別冊 スポーツ写真テクニック 2013年 10月号 [雑誌]

写真上達コーチングブック (玄光社MOOK)

まるごとわかる! 撮り方ブック スポーツ編

Canon 望遠ズームレンズ EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMフルサイズ対応 EF70-300IS2U

Canon デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」ダブルズームキット (ブラック) EOSKISSX9BK-WKIT

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3400 ダブルズームキット ブラック D3400WZBK


球児に響く言葉力


白球の世紀 高校野球100回秘史