知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

高校球児の素顔を追う、私の見た高校野球(その21)

f:id:kawa2496:20190516052027j:plain


こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は「私の見た高校野球(その21)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

 

この写真1枚1枚は
高校球児たちの歴史と同時に、

私の歴史でもあります。

写真ですので、

その瞬間、高校球児たちと同じ場所にいなければなりません。

その時間と空間の中から、
私の感性で切り取ったのが、

この写真集です。

 

だから、
この写真の中には
私の気持ちが入っています。

 

それは「こだわり」と
いったほうがよいかもしれません。

 

その「こだわり」を集大成したものが、
今回のシリーズ
「私の見た高校野球」です。

 

なお、素材は下記HPからの抜粋となります。

  

高校野球私設応援団

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 


1.悲喜こもごも、ホームタッチアウト

f:id:kawa2496:20190526145839j:plain

2007年7月25日 鎌ヶ谷vs西部台千葉  袖ヶ浦球場にて

ホームアウトのシーンです。


写っている一人一人の表情が
おもしろいですね。


ごめんなさい。
おもしろいというと失礼ですね。

 

①審判:毅然と「アウト」コール。
(なんだか、
向きになっているようにも見えますね)

 

②アウトになったチーム:
何ともいえない残念な表情。

 

③守り抜いたチーム:
これまた複雑な表情
(セーフと思ったのでしょうか)

 

それぞれの気持ちが表れています。


悲喜こもごもの写真となりました。

 

ちなみに、
ここで点が入っていれば「同点」でした。

試合はこのまま1点差で終わりました。

つまり、このホームのクロスプレーが、
両校の明暗を分けたけたのです。

 

と思うと、
「悲喜こもごも」とは言い表せない、
重いものを感じます。

 

(写真) 2007年7月25日 鎌ヶ谷vs西部台千葉
 袖ヶ浦球場にて撮影

 


2.ここまでやるか?

f:id:kawa2496:20190526150208j:plain


千葉商大付属高校のシートノックです。


ノックを終えた選手たちは、
全速力で自陣へ戻って来ます。


そこで最後の「儀式」です。


グローブを持ったままヘッドスライディング。

このヘッドスライディング一発で
ユニフォームは真っ黒に。


自分自身に気合いを入れるためでしょう。


きれいなユニフォームで試合に臨むのは、
調子が出ないのでしょう。

 

そういえば、
私もラグビーのキックオフ前に、
わざと前転してユニフォームを
汚していました。

 

しかし、
派手に汚してしまいましたね。


あとで洗濯するお母さんたちが大変。


と、
余計な心配までしてしまいました。

 

(写真) 2007年11月24日 千葉商大付属 千葉経済附にて撮影

 


3.監督さんも泣く

f:id:kawa2496:20190526150402j:plain

2003年7月19日 君津商業 市原臨海球場にて


夏の千葉大会です。
市原臨海球場にお邪魔しました。


負けてしまった君津商業高校です。


この試合を最後に、
平野監督さんは、

監督を後任に譲ることを決めていました。


そのこともあったのでしょう。


選手たちと一緒に涙を流していました。


普段は厳しい監督さんです。

鬼の目にも涙?
ごめんなさい。
これ失言です。

心はとっても優しい監督さんです。


私も随分とお世話になりました。

 

(写真) 2003年7月19日 君津商業 市原臨海球場にて撮影

 


4.可愛いマネジャーさん

f:id:kawa2496:20190526150608j:plain

2004年2月8日 東海大市原望洋にて


東海大市原望洋にお邪魔しました。
(千葉県市原市


そこに可愛らしいマネジャーさんがいました。


可愛らしかったので、
野球そっちのけでので、
写真を撮らせていただきました。

 

もちろんお目当ては選手たちですが、
私はマネジャーさんには、
特に注目しています。


その献身的な行動に、
いつも敬意を表しているからです。


部員100名に、
マネジャーさんが、わずか数名。


その少ないマネジャーさんたちが、
大勢の部員の面倒を見ています。


その大変さは、想像を絶します。

 

ですので、
私はグラウンドに行ったら、

真っ先にマネジャーさんに挨拶します。

 

「今日も朝早くからご苦労さんです」

 

そうなんです。
マネージャーさんあっての野球なんです。

そのことを忘れないようにしなくてはね。

 

 

(写真) 2004年2月8日 東海大市原望洋にて撮影

 


5.堂々の入場行進

f:id:kawa2496:20190526150743j:plain

2002年7月12日 柏南(かしわ みなみ)  千葉マリンスタジアムにて


夏の千葉大会の開幕です。


柏南(かしわ みなみ)高校が
入場してきました。


堂々の入場です。


待ちに待った「晴れ舞台」です。


この「晴れ舞台」のために、
苦しい練習に耐えてきました。


3年生にとっては、最後の大会です。
泣いても笑っても「最後」です。


この3年間の「総仕上げ」です。

 

まずは1勝です。

 

悔いのない戦いを。


完全燃焼を祈る。

 

(写真) 2002年7月12日 柏南(かしわ みなみ) 千葉マリンスタジアムにて撮影

 

まとめ

f:id:kawa2496:20200312124525j:plain


どうでしたか。

今回も厳粛な思いを込めて、
私の見た高校野球(その21)
をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠に止まったきりです。

色あせることもありません。

その瞬間が永遠に存在するのです。

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。。

そう思いつつ、本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※CMリンク※

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品