知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

高校球児の素顔を追う、私の見た高校野球(その20)

f:id:kawa2496:20190513142214j:plain

 

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は「私の見た高校野球(その20)」です。

 

今後もこのシリーズを続けるつもりです。

 

私がやってきた野球取材の総括です。

 

取材期間 :
 2000年~2014年(15年間)

 

その間に撮りためた写真が、
100万枚を超えました。

 

この写真1枚1枚は
高校球児たちの歴史と同時に、

私の歴史でもあります。

写真ですので、

その瞬間、高校球児たちと同じ場所にいなければなりません。

その時間と空間の中から、
私の感性で切り取ったのが、

この写真集です。

 

だから、
この写真の中には
私の気持ちが入っています。

 

それは「こだわり」と
いったほうがよいかもしれません。

 

その「こだわり」を集大成したものが、
今回のシリーズ
「私の見た高校野球」です。

 

なお、素材は下記HPからの抜粋となります。

  

高校野球私設応援団

 

 

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品

 


1.小さな応援団(夏の千葉大会)

f:id:kawa2496:20190520132019j:plain

2007年7月20日 習志野秋津球場にて


夏の千葉大会での1コマです。


応援スタンドで
小さな男の子を見つけました。


まだ背が低いので、
グラウンドをのぞくのにも大変です。

 

足のつま先を見てください。

 

精一杯伸ばしているところが可愛いでしょう。

 

(写真) 2007年7月20日 習志野秋津球場にて撮影

 


2.その礼儀正しさがいい

f:id:kawa2496:20190520132147j:plain

2004年7月25日 千葉マリンスタジアムにて


千葉経済大付属高校の選手です。

 

バッターボックスに入るときに、
深々と頭を下げていました。


彼のことは前々から気になっていました。

 

毎試合、毎打席、
決まったようにあのように、
お辞儀をするのです。


選手の名前や出身地は、
親御さんに聞いて知っていますが、
ここでは伏せておきます。

 

バッターボックスに入るときに
頭を下げるのは、
よく見かけます。

 

球審への挨拶でしょう。

 

挨拶すること自体、
珍しいことではありません。


ただ、
ここまで深々と下げる光景は初めてです。

 

親御さん(お母さん)に聞くと、
家でも礼儀正しいそうです。


だから、
試合中でも自然と出るのでしょうね。


因みに、
彼の学校(千葉経済大附属高校)は、
千葉県代表となりました。

 

甲子園出場です。


おめでとう。


もちろん、
甲子園でも
その礼儀正しさを見せてくれました。

 

写真) 2004年7月25日 千葉マリンスタジアムにて撮影

 


3.夏、終わる(ゲームセットの瞬間)

f:id:kawa2496:20190520132319j:plain

2013年7月16日 袖ヶ浦球場にて


夏の千葉大会です。


ゲームセットの瞬間です。


最後のバッターが、
1塁へヘッドスライディング。


しかし、ボールのほうが早かった。

 

その時点で試合終了です。


ヘッドスライディングをした選手は、
しばらく起き上がれませんでした。


チームメートのランナーコーチに
支えられて起き上がる姿が悲しそうでした。

 

巻き上がる土煙もさびしそうです。

 

こういう写真は撮りたくなかったし、
載せたくなかったのですが・・。


ごめんな。

 

いずれ時が経ち、
悲しみが懐かしさに変わることを
願っています。

 

(写真) 2013年7月16日 袖ヶ浦球場にて撮影

 

 

4.三振、ゲームセット

f:id:kawa2496:20190520134238j:plain

2007年7月18日 千葉県野球場にて

今回も夏の甲子園千葉大会です。


最終回、
最後のバッターが三振に倒れました。


ゲームセットです。


彼の「夏」が終わりました。

 

最後の最後で、三振だなんて。


悔しいよね。
仲間に悪いよね。

 

あれだけ素振りをしてきたのにね。


神様を恨みたくなるよね。

でも、
君はこれで大きく成長したよ。


と、軽々しく同情するのはよそう。

 

一生背負っていくことになった
後悔の十字架です。


その十字架は、
とてつもなく重たいが、

誰も代わってはくれません。


それも覚悟の上なのだ。


野球は楽しいだけではない。

それも百も承知だ。

 

だから、何も言わない。

 

事実を受け止めてもらうだけだ。

 

(写真) 2007年7月18日 千葉県野球場にて撮影

 



5.少しさびしそうな応援団長

f:id:kawa2496:20190520134256j:plain

2007年7月18日 千葉県野球場にて

千葉県野球場にお邪魔しました。


ふと応援スタンドに注目すると、
応援旗を振る姿が目に入りました。


応援団長でしょうか。

 

周りには誰もいません。


孤軍奮闘のような姿です。


ちょっぴりさびしそうでした。


野球部員が応援団長をかってでたのでしょう。


本当は、
グラウンドでプレーしたかったのでしょうね。


負傷でもしたのでしょうか。

私には、その姿を
素直に応援する気持ちになれませんでした。


人には言えない背景があるようです。

野球はグラウンドだけではないのです。

 

(写真) 2007年7月18日 千葉県野球場にて撮影

 

  

まとめ

f:id:kawa2496:20200305160924j:plain


どうでしたか。

今回も厳粛な思いを込めて、
私の見た高校野球(その20)
をお届けしました。

 

どの写真も思い出深いものです。

写真ですので、
その瞬間に私(カメラマン)が
そこにいたことになります。

 

つまり、
球児達と、時間と場所を共有したのです。

 

しかも、
その瞬間は永遠に止まったきりです。

色あせることもありません。

その瞬間が永遠に存在するのです。

そう考えると、
そこに居合わせたことに感謝しなければ。

そう思いつつ、本稿を閉じます。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※CMリンク※

 

楽天/高校野球  Amazon/高校野球

楽天/野球用品  Amazon/野球用品