知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

アイデアは夜ひらく

f:id:kawa2496:20190126093435j:plain

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はイデアについて書いてみたいと思います。

皆さんは、アイデアといえば何を想像しますか。

 

①問題の答え。
②クイズの解答。
③発明。
④仕事のこと。
⑤トラブルの原因。
⑥お金儲けのこと。
⑦晩御飯のこと。

 

沢山出てきましたね。

そうなんです。

イデアは、
いろんなところで必要になってきます。

 

そのアイデアですが、どんなときにひらめきますか。


どんなときに、
いいアイデアがでてきますか。

私は夜寝ているときです。
寝ていると、
不思議と、いいアイデアが浮かんでくるのです。

だから、
いいアイデアが出てこないときは早く寝ます。
というのは、早く寝たいときの口実ですが。。

ただ、寝ているときに、
いいアイデアが出てくるのは事実です。

ということで、
寝ながらいいアイデアを出すコツについて、
ご紹介したいと思います。

題して、
「アイデアは夜ひらく」です。

ちょっとふざけたようなタイトルですが、
本人はいたって真面目です。

 

 

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/生活   Amazon/生活

 

1.アイデアとは

イデアというと、
一般的には「思いつき」ととらえられますが、
ここでは、以下のように解釈します。


つまり、
着想、原因究明、発想までを含むとします。


私が今欲しと思っているアイデアは以下です。

 

1-1.現場が喜ぶシステムの開発

これは仕事上の話です。
現場に新しいシステムを導入する計画を立てるとします。
そのために、具体的なシステムを考えなければなりません。
現場が喜ぶシステムの開発です。
システムの目的は分かっているのですが、
その実現手段が浮かばないのです。

◆省力化
たとえば省力化です。
省力化のために、
何を、どうすれば良いかを考えるのですが、
いいアイデアが浮かびません。
もちろん、現場にずっと張り付いて、
現場の声を聞くのですが、
システムで何を、どうしたらよいのかが思いつきません。
逆にいうと、このアイデアが思いつくと、
そこで、勝負が決まったも同然です。

それだけ、
イデアは大事なのです。

 

1-2.システムのトラブル対応

次にトラブル対応です。これも仕事の話です。
トラブルが発生し、その処置をしなければなりません。
そのためには、原因を特定しなければなりません。
原因が分からないと手が打てないからです。
仮に何かのきっかけで、トラブルが解消されても、
原因が分かるまでは、解決にはなりません。
再発の危険性があるからです。
この原因の特定が大変なのです。
トラブルの原因も、
一種のアイデアとなります。

 

1-3.ブログの原稿も

いきなりレベルが落ちました。
ブログのネタ探しです。
このブログのネタも立派なアイデアです。

問題はネタだけではありません。

ネタが見つかると、
次に中身をどうするかの問題が出てきます。


①どんな構成にするか。
②使う写真はどうするか。


ブログの原稿もアイデアの一種です。

 

2.私のアイデア発想法

次にアイデアの発想法です。
私が昔からやっている方法です。

 

2-1.寝ながら発想

そうです。
私のアイデア発想法は、寝て行うのです。


◆布団に入ってすぐに考える。

具体的には、布団に入ってすぐに考えます。
もちろん、一つずつです。
というか、一晩にできるのは1つだけです。

 

◆考えるノウハウは。

その考え方(ノウハウ)は、ばらばらです。
(というか、ケースバイケースです)


よって、それを本稿で紹介することはできません。
それができるのであれば、
寝ながら考える必要もありません。

 

2-2.そこで得たアイデアはメモに

寝ながら考え出したアイデアはメモにします。


というのは、建前です。


実際には、殆どが何もせずに、すぐに寝てしまいます。
寝てしまっても、
一度得たアイデアを忘れることはありません。

 

◆どうしてもメモにしたいときは。

それでも、ちょっとだけ複雑なアイデアは、

キーワードだけでもメモにしておきます。


眠たい中での作業ですが、仕方がありません。
ただ、ここでも、少し手抜きが入ります。

◆トイレのついでに。

わざわざ起きてメモするのは月に1回程度です。
あとは、
トイレにおきたときの
「ついで」のメモです。

 

トレードオフ


・メモにしておかないと忘れそう。
・でも眠たい。


この葛藤の中での最適解が、
上記のトイレ便乗案です。


たしかに、
夜のうちにメモをしておくと、

安心して眠れます。


でも、大抵は朝起きたときに、
そのアイデアは思い出せます。


それだけ、
イデアに対するインパクトが大きいのでしょうね。

 

ただ、可視化(メモ書き)すると、
頭のなかが整理されます。(詳細は後述)

だから、メモ書きは必須です。

 

3.なぜ寝ながらが良いのか

f:id:kawa2496:20190126093505j:plain

 

では、
なぜ寝ながらだったら
いいアイデアが浮かぶのでしょうか。


その答えは下記です。

 

3-1.邪魔されない

ポイントは誰からも邪魔されないからです。

◆騒音や生活音なし。

この理由は分かりますよね。
実は起きているときは結構騒音がしています。
車、電車、飛行機、電話、会話、テレビ、BGM、
スマホ、エアコン、扇風機、社内放送などなど。

しかし、寝ていると(特に深夜は)、
ほぼ無音です。

そうすると、考えることに没頭できます。

◆視覚なし。

そうなんです。
寝ているときは目からの情報がありません。
上記の耳(音)と合わせて、
聴覚と視覚両方がお休みできるのです。


これは大きいですよ。

確実に自分の中に入れます。

 

3-2.リラックスしている

寝ているときは、
自律神経以外はすべて「お休み」です。


極端な話、心臓以外は止まっています。
その心臓の負荷も最低状態です。


心身とも、

これ以上のリラックス状態はありません。

心臓に手をあててみてください。


鼓動が小さくなっているのが分かるでしょう。
呼吸も楽にしていますよね。

 

3-3.横になっている

最後の理由は体が横になっていることです。
実はこれも大きいのです。


血液が脳のほうに
いきやすくなっています。


立っていると、
脳は一番高いところにあります。

脳に血液が届きにくい状態です。


もちろん、その分心臓ががんばってくれていますが、
そうなると、上述のリラックスに影響がでます。

つまり、寝ている状態が、
イデアを出すためには、
最適な状態なのです。

 

◆頭の中もからっぽ。

さらに付け加えるならば、
頭の中は空っぽ状態です。


今風にいうと、
リセット状態です。

 

固定観念なし、思い込みなし。

といことは、頭が柔らかくなっています。
固定観念や、思い込みがない状態です。

だから、
いいアイデアが出るのです。

 

4.出たアイデアの展開法

出たアイデアは以下のようにして展開します。

 

4-1.アイデアのブラッシュアップ

出たアイデアは、どんどん文書化し可視化しましょう。


書くことによって、
イデアはブラッシュアップされます。


脱線しますが、
私この「ブラッシュアップ」という言葉が大好きです。
「磨きをかける」という意味ですよね。

 

つまり、
ぜい肉を削って、原形を出していくのです。

 

イデアの原形を見出すのが、
このブラッシュアップです。

 

◆実際には、繰り返しになる。

イデア創出とメモ書きは、
1回だけでは終わりません。
実際には、これを繰り返します。


寝て考えて、起きて考える。


これを繰り返すのです。


この繰り返しで、
さらにブラッシュアップされます。

 

4-2.最後は起きての作業

そして、最後は起きての作業となります。
これは当然ですよね。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20181230154825j:plain

 

どうでしたか。

私のアイデア抽出法がお分かりになったでしょうか?

 

寝ているときにアイデアを考える。

 

かなり「いい加減」な方法ですね。

 

でも、昔の言葉にもこういうのがあります。

果報は寝て待て

少し意味が違いますが、
今回のアイデア探しも、
寝ることの効用には違いはありません。

 

5-1.不眠症にならないのか?

ご紹介した方法では不眠症にならないか、
と心配する向きもいらっしゃるかと思いますが、
まったく心配ありません。

 

5-2.いらいらしないのか?

寝ていても考える、いらいらしないか?
そんなことはありません。
むしろ、考えることによって、
そこに集中できます。

 

5-3.限界以上には考えません

そうなんです。
寝ながら考えるといっても、
考える頭は知れています。


自分の能力以上には
考えることができません。


いいアイデアが出なければ、
そのうちに眠ってしまいます。
(いい加減ですね)

 

5-4.雑念が消えて熟睡も

むしろ、アイデア探しに没頭するため、
雑念がなくなります。

その分、熟睡できます。


つまり、こうです。

イデア探しが「子守歌」に。

となります。


「本当か?」って。

これ本当です。
私が何十年も実践しています。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

※更新履歴※

【更新】2019年10月3日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

※CMリンク※

楽天/人生   Amazon/人生

楽天/生活   Amazon/生活

 

 

 

 


アイデアのつくり方

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]

未来を変える目標 SDGsアイデアブック

アイデアのちから

配色アイデア手帖 日本の美しい色と言葉 心に響く和のデザインがつくれる本[完全保存版]

思考法図鑑 ひらめきを生む問題解決・アイデア発想のアプローチ60

アイデアのヒント

ポートレート・ライティングのアイデア帳 (玄光社MOOK)

アイデア No.387 2019年 10月号 [雑誌]