知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

不適切動画、一部の勤労青年が残念なことを

f:id:kawa2496:20190212071140j:plain

コンロの火でタバコに火をつける「バーミヤン」の店員

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は不適切動画について考えてみたいと思います。

 

また情けないことが起きました。


というか、
私にとっては情けないというより、
残念なことです。

 

一部の若者が、仕事中にふざけた動画を撮り、
それをSNSなどに投稿したのです。

SNSなどですので、
その動画は、あっというまに拡散しました。

 

世間では、
この「ふざけた動画」を、

「不適切動画」と呼ぶらしい。

 

この呼び方には、違和感があります。
「違法動画」と呼ぶべきです。

 

だって、業務中ですよ。

しかも、これは営業妨害ですよ。

損害賠償もんですよ。

 

1)被害店。

被害に遭ったのは、
確認できただけでも下記5店にのぼります。
(詳細は後述)

 

<順不同>

すき家

バーミヤン

ファミリーマート

セブンイレブン

くら寿司

この不適切動画は犯罪です。(上述)

 

「不適切」と表現するのは甘過ぎます。

 

しかし、問題を起こしたのは、
将来のある青年たちです。

しかも、就業中でした。

そのへんも十分考慮しなければなりません。

そこのところも含めて、
この不適切動画を検証します。

 

 

 

楽天/生活  Amazon/生活

楽天/考える  Amazon/考える

 

1.実態

この不適切動画の被害にあったのは下記です。

なお、紹介は順不同です。(発覚時期など)

 

1-1.牛丼チェーン「すき家

 

f:id:kawa2496:20190212130310j:plain


関東地方の店舗で、
アルバイト店員が不適切な動画を撮影し、
インスタグラムに投稿し、
24時間後に動画が消える機能を利用していましたが、
別の人がツイッターに転載し拡散しました。

 

◆「くびかくご」のテロップ。

動画には「くびかくご」という文字があり、
約9秒にわたる動画です。
アルバイト店員2人が、
店内で氷のようなものを投げたり、
「やばい、絶対クビ」
などと言ったりしています。

別のアルバイト店員が撮影したらしい。

撮影時は営業時間中だったが、
客はいなかったという。

 

1-2.大手飲食チェーン「バーミヤン

アルバイト従業員が、
不適切な動画を撮影してインターネット上に掲載しました。


◆タバコに火を。

約15秒の動画で、
コックが中華鍋に立ち上がった炎に顔を近づけ、
口にくわえたタバコに火をつけるというものです。
(冒頭の写真)

昨年(2018年)3月頃の行為のようです。
この日、インターネット上で拡散され、判明しました。

深夜のオーダーストップ後で、
調理された料理は、客には提供されていなかったらしい。

 

1-3.ファミリーマート

店員が不適切な動画を撮影し、
会員制交流サイト(SNS)に投稿しました。

 

◆商品をなめる。

男性店員が商品をレジ袋に入れる際に、
商品のパッケージやペットボトルの飲み口を、
なめる様子が撮影されていました。

 

1-4.セブンイレブン

 

f:id:kawa2496:20190212130124j:plain

 

セブン-イレブン横浜高島台店」のアルバイト店員が、
不適切な動画を撮影して、
会員制交流サイト(SNS)に投稿しました。

 

◆おでんの白滝を口に。

動画は男性店員がおでんの白滝を口に入れ、
その後、出してみせたり(写真上)
踊りながら商品のたばこを触ったりしています。

 

1-5.大手寿司チェーン「無添 くら寿司

 

◆生魚を。

「無添 くら寿司」のアルバイト従業員と思われる人物が、
まな板の上でカットした生魚を、
「これはもう捨てます」と言いながらごみ箱に入れ、
再びまな板に戻している様子が映っていた。

 

◆テロップ入り。

撮影者と思われる人物の笑い声も聞き取れ、

「きちがいではないって」

というテロップも入っています。

インスタグラムに投稿されたこの動画が、
ツイッターに転載され拡散した。
(「すき家」と同じパターン)

 

2.問題点を考える

この一連の不適切動画には、深刻な問題があります。

 

2-1.違法性

問題を起こしたのは、
アルバイトといえども従業員です。


この従業員が、雇用元への不法行為をしたのです。


被害者である雇用主は告訴することができます。

民事訴訟だと思いますが、
私は専門家ではありませんので、
詳しいところは分かりません。

 

2-2.お店の印象がダウン

一番大きいのは、

被害店の印象のダウンでしょう。


被害店は全国チェーンを展開しています。


よって、影響を受けるのは、
問題をおこした店だけではありません。
全店に及ぶでしょう。

 

2-3.損害賠償も

こうなると、お店の売り上げは下がります。
被害店がこうむった、この売り上げ減は
問題を起こした、この従業員たちに、
損害賠償のかたちで、
請求されることになるでしょう。

(もちろん全額ではないでしょうが)

もし、問題の従業員が未成年であれば、
その賠償請求は保護者にいきます。

 

3.原因は?

3-1.おもしろ半分

多分、ふざけて、おもしろ半分でやったのでしょう。


子供じみているといえば、それまでですが、
人の嫌がることや、人に迷惑のかかることは、
絶対にしてはいけません。


これぐらいのことは、
子供でも分かりますよね。

 

3-2.誰も見ていないから

誰も見ていないことが、
背景にあったと推察しています。


悪い誘惑です。


過去にこれに似たようなことがありました。

 

新成人の成人式会場への乱入です。

 

ただし、今回は誰も見ていませんでした。

 

この違いが、
どうも悪い方向に働いたようです。

 

誰も見ていないので、
自分たちが悪いことをやっているという
意識が
薄れたのでしょう。

 

3-3.カメラを向けられて

人はカメラを向けられると、理性を失いがちです。

 

「なんか派手なことをしないといけない」

 

という気持ちになったのでしょう。

 

3-4.ウケ狙い

一方で、単純なウケ狙いが働いたのでしょう。

そうだとしたら、それこそ子供だ。

 

といえば、それまでです。
ここは、もう少し大人になりましょう。

 

4.対策は?

さて、この問題の対策です。

 

個別事案としては、
反省と罪の償いは当然です。

 

他方、再発防止がすぐに話題になりますが、


私としては、
あまり大袈裟にしたくないと思っています。


そんな深刻な問題ではありあせんので。

 

よって、下記を提案します。

 

1)法でしばるのは得策でない。

おエライいひとは、すぐに法制化とか言いますが、
私は反対です。


というか、そんな深刻な問題ではないと思っています。

 

2)本人の良識に期待したい。

ここは、本人の良識に期待しましょう。


やった本人は「きついお灸」で反省しています。

また、ほかの同じ若者も、

「これはまずい」

と思ったはずです。

だから、再発防止などは不要です。

 

3)性善説を貫きたい。

本人たちは、今回の問題は想定外だったと思います。


それを見たほかの人も、

「やばい」と思ったでしょう。

だから再発しないと考えたいですね。

性善説に立ちたいですね。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20190212130018j:plain

 

どうでしたか。


今回の不適切動画は困ったものですが、
投稿者が、
みんな勤労者であることが救いです。

 

私から見たポイントをあげておきます。

 

5-1.普段はまじめな勤労者

今回の投稿者は、まじめな勤労者です。
(と思いたい)

 

まじめが故に、
普段のストレスが悪い方向に出たのでしょう。

 

ここのところは、少し同情もありますが。


やっぱり、
本人たちには猛省を求めます。

 

5-2.つい魔が差した

魔が差すことは誰しもあります。


これを抑制するには、
本人の理性しかありません。

 

理性の鍛錬をお願いします。

 

5-3.相棒が制止すべき

この一連の動画には、カメラマンがいました。


つまり、

そばに相棒がいたわけですね。


その相棒(カメラマン)が、
いい方向に向いて欲しかった。

 

「まじめな働きぶりを撮るよ」

「ああ、ありがとう」

 

こういう会話であれば、
今回の悪ふざけはありませんでした。

 

つまり、相棒が、
悪意を制止する方向に、
働くべきでした。

 

これができなかったのは、
相棒にも理性がなかったのでしょう。

 

ここも反省してくださいね。

 

5-4.ネットの怖さを知るべき

最後にネットの怖さです。


動画でも、写真でも、文章でも。
ネットにアップしたものは、
もう自分たちでは、コントロールできません。


あっという間に拡散します。


それはある意味良いことでもありますが、
使い方を誤ると今回のようになります。

 

断っておきます。

ネットに上げなくても、
今回の行為は間違っています。

 

誰に見せなくても、
今回の行為は非難されるべきです。

 

ここのところを誤解しないでください。

 

人が見ている/見ていないにかかわらず、
理性に反するものをしてはいけません。

みなさんは、まだ将来のある身です。


これを機会に、
清く、正しく生きてください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

 

※更新履歴※

【更新】2019年12月29日、2020年5月8日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年8月19日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 

※CMリンク※

 

楽天/生活  Amazon/生活

楽天/考える  Amazon/考える

 

 

 


仕事に使える動画術 成功例に学ぶYouTube活用とオリジナル動画作成法

ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~ 10 (MFコミックス ジーンシリーズ)

ネットリンチ 悪意の凝縮 (『「電脳マジョガリ」狩り』改題) (中公文庫)