知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

待機電力を監視、ワットモニターで節電を

f:id:kawa2496:20190105105911j:plain

こんにちは。
拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は待機電力のお話です。

◆待機電力とは
待機電力とは、電気器具の待機状態、
すなわち、
電気器具を使っていない状態で、
電気が流れていることをいいます。
その待機状態で使っている電気量を、
「待機電力」といいます。

◆待機電力の単位:単位はWatt(ワット)です。
普通の電力量を表す単位と同じです。

◆大体の電力量:1~3ワット

◆電気代:1日2円程度です。

こうみると、電気代は大したことはありません。
しかし、
「塵も積もればなんとか」で、
そんなにバカにもできません。
【計算例】
①待機電力のある電気器具の台数:5台
②待機電力:3ワット/台
④電気料金(単価):24円/kWh
⇒ 1日あたり:8.6円
⇒ 1ヶ月あたり:268円
⇒ 1年あたり:3,139円

つまり、1年にすると、
下記の金額をムダに使っていることになります。

約3,000円

こうみると、
もっと節約、節電したいですよね。

そこで、待機電力の実態を調べてみることにしましょう。

 

 

 

1.待機電力とは

待機電力とは、前述したとおりです。
『電気器具の待機状態で消費する電力量』
です。

◆なぜ待機電力が発生するのか
では、その待機電力の発生理由を考えてみます。
待機電力の主な理由は下記3つです。


1)リモコン機能のため。

たとえば、リモコン付きの扇風機を考えてみます。
リモコンでON/OFFや風量調節ができる扇風機です。
このうち、
ON機能(扇風機の起動機能)を見てみましょう。
このON(起動)機能のためには、
扇風機本体に電気が流れていなければなりません。
つまり、
リモコンのON釦が押されたことを感知して、
扇風機を起動するための電気です。
この電気が待機電力です。
あなたの周りの電気器具をみてください。
ほとんどがタイマー付きではないでしょうか?
①ビデオデッキ
②テレビ
③照明
④オーディオ(コンポなど)
⑤扇風機
⑥電気ストーブ
⑦エアコン など


2)タイマー機能のため。

ビデオデッキを考えてみましょう。
ビデオデッキには「タイマー予約」が付いています。
これは指定の時刻になったときに、
録画を開始する機能です。
つまり、本体が動作していなくても、
裏では、下記動作が行われています。
①録画開始時刻を監視する。
②録画開始時刻になったら、録画を開始する。
このための電気が「待機電力」です。

タイマー機能はビデオデッキだけではありませんね。
ストーブなやテレビにもありますよね。
よって、
タイマー付きのストーブにも待機電力があります。

 

3)起動準備のため。

本体を稼働させるための準備です。
たとえば、ビデオデッキの起動準備などです。
少しでも起動を速くするために、
スタンバイ状態にしておきます。
そのための電力が、待機電力となっています。
(パソコンのクイックスタートのようなものです)

 

◆待機電力を0(ゼロ)にする方法。

待機電力をゼロにする方法は下記です。
①その電気器具をコンセントから抜いておく。
②電気器具をスイッチ付きコンセント経由にし、
そのスイッチ付きコンセントのスイッチを切っておく。

下記2枚の写真がスイッチ付きコンセントです。

f:id:kawa2496:20190105112403j:plain

f:id:kawa2496:20190105112425j:plain

2枚目の写真は、
コンセントが複数(6個)ある例です。
OA機器(プリンター、無線LAN、外部HDDなど)は、
複数口のほうが便利です。

いずれにしても、
コンセントへの直接接続より、
スイッチ付きコンセントのほうが便利です。

 

2.待機電力の測定方法

待機電力の測定には、
ワットモニターを使います。
ワットモニターは、
待機電力だけを測定するものではありません。
電気器具の消費電力を測定するものです。

その消費電力の一部が、待機電力と考えれば、
分かりやすいかと思います。

 

3.ワットモニター

 

f:id:kawa2496:20190105105939j:plain

以下は、私が使っているワットモニターです。

1)メーカー:サンワサプライ
2)型番:TAP-TST8
3)計測機能:下記5項目。
  ①消費電力(W)
  ②積算電力量(kWh)
  ③積算時間(Hour)
  ④積算電力料金(円)
  ⑤CO2排出量(kg)
4)価格:3,000円~4,000円
(税込み、送料込み)
 ・・ 2019年1月時点の実勢価格です。

【主要仕様】
・製品消費電力 最大0.3W
・プラグ 2P
・サイズ W60×D44(突起物含む)D25(突起物含まず)×H60mm
・重量 約72g
<測定範囲及び精度>
・有効電力 測定範囲/0.3~1650Watt、測定精度/最大2%±5W
・積算電力量 測定範囲/0.00~9999kWh、測定精度/最大2%±5W 
・積算時間 測定範囲/00:00~9999Hour、測定精度/30ppm
・積算料金 測定範囲/0.00~9999円、測定精度/最大2%±5
・測定周期 1秒

つまり、待機電力の最少測定値は下記です。
最少0.3ワットまで測定可能

 

4.ワットモニターTAP-TST8の使い方

1)電力量の測定。

ワットモニターを使って、
電気器具(ほぼ固定の電気器具)の電力量を測定するには、
その電気器具と家庭用コンセントとの間に、
ワットモニターを接続します。
手順は下記です。

f:id:kawa2496:20190105110429p:plain

①ワットモニターと電気器具との接続
まず、ワットモニターのコンセントに、
電気器具のプラグを刺します。(上図)

②ワットモニターをコンセントに接続
次に、ワットモニターをコンセントに刺します。
(上図))

⇒ これで、電気器具は使えるようになりました。

f:id:kawa2496:20190105105911j:plain

◆ワットモニターTAP-TST8の釦。

ワットモニターTAP-TST8には下記3つの釦があります。
①料金 、 ②CO2 、 ③計測
この3つの釦を使って、電力量を測定します。

 

◆電力量の測定。

「計測」ボタンを押すと、
Watt(消費電力)→kWh(積算電力量)
→Hour(使い始めてからの合計時間)の順に、
表示が変わります。
「料金」ボタンを押すと、
積算料金と、一日あたりの料金が切替えて表示されます。

 

◆その他の操作。

その他の操作(CO2量測定、電力料金単価の設定など)は、
メーカーのHP(下記)から、
取説(PDF)をダウンロードされてください。
https://www.sanwa.co.jp/support/setsumeisyo/pdf/T/TAP-TST8N.pdf

 

2)待機電力の測定。

次に、ワットモニターTAP-TST8で待機電力を測定してみましょう。
基本的な操作方法は前述と同じです。


◆電気器具との接続には、少し工夫を。

唯一異なるのが、
電気器具とワットモニターTAP-TST8との接続です。
異なるといっても、必須の方法ではありません。
こうしたほうが便利ですよ。
という接続方法です。

f:id:kawa2496:20190105110021j:plain

つまり、上の写真のように、
「ACアダプター」を使うのです。
これを使うと、
ワットモニターTAP-TST8と電気器具とが、接続しやすくなります。
【ACアダプター】
・メーカー:エレコム
・型番: T-ADR4WH(ホワイト)
・長さ:0.2m
・用途:4個のACアダプタなどの使用時に、
 無駄なくコンセントを使用できます。
・定格:15A・125V・1500Wまで
・コンセントタイプ:2P
・コンセント:4口

 

3)ラベル貼りを忘れずに。

測定した数値は、できるだけ
電気器具にラベルを貼っておきましょう。
以下にその例を紹介しておきます。


◆写真(下)

下の写真は待機電力を「ラベル貼り」した例です。
因みに、下のほうに貼っている年月日ラベルは、
購入年月日です。私の習慣です。
f:id:kawa2496:20190105110154j:plain

 

◆写真(下)

下の写真は所要電力をラベル貼りした例です。
電気器具は「扇風機」です。
(分かりにくい写真でごめんなさい)
「扇風機」にも、購入年月日を貼っています。

f:id:kawa2496:20190105110034j:plain

 

5.ワットモニターTAP-TST8のメリット

ワットモニターTAP-TST8のメリットは下記です。

1)小さくて軽く、場所をとらない。
2)0.3Wまで待機電力が測定できる。
3)しかも精度が高い。

 

6.ワットモニターTAP-TST8のデメリット

ワットモニターTAP-TST8のデメリットは下記です。

 

1)思った以上に値段が高い。

 豊富な機能と高い精度を持っていますので、
 この値段は、やむを得ないと思っています。
 できれば、機能と精度を落として、
 1,000円前後の値段に
してくれることを希望します。


2)プラグ周りが大きいので、
隣のコンセントを使えなくする。

こんなときに、
前述のACアダプターが威力を発揮します。


3)接続が面倒。

既存の接続状態で、測定できればベストです。
このワットモニターは(多分、他機でも同じでしょうが)、
測定対象の電気器具を一度外して、
コンセントとの間に、
ワットモニターを接続する必要があります。
(測定)コンセント→電気器具
(測定)コンセント→ワットモニター→電気器具
これが面倒です。
測定電気器具の電源コードに、
接触のセンサー(CTなど)を近づけて、
測定できればベストです。
(微弱電流なので無理でしょうか?)

 

7.まとめ

f:id:kawa2496:20190105111117j:plain

 

どうでしたか。
本ブログでは下記を紹介しました。


1)待機電力は、無視できないほど電気をくっている。
2)その実態を知るにはワットモニターが必要。
3)ワットモニターは待機電力だけでなく、
 通常の電力量もはかれる。
4)待機電力を減らすには、
その電気器具をコンセントから抜いておく。
5)またはスイッチ付きコンセントにして、
そのスイッチを切っておく。

これで、
年、3,000~4,000円は、
節約できます。

大した金額ではないでしょうが、
ムダな電気を使って喜ぶ人はいません。

省エネに協力しましょう。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。 

【更新】2019年7月20日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

 


サンワサプライ ワットモニター TAP-TST8N

サンワダイレクト ワットメーター付電源タップ 2P 5口 2m 検電器 消費電力計 節電対策 省エネタップ 節電タップ コンセント 700-TP1052DW

節電 エコチェッカー ET30D

すぐに役立つ“節電・省エネ”104項目

快適!節電!夏のクール生活アイデアBOOK ひんやりリフレッシュネッククーラーつき (角川SSCムック)


【500円OFFクーポン配布中 〜1/5 23:59まで】ワットモニター(検電器) サンワサプライ TAP-TST8N サンワサプライ