知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

国会議員は誰のために仕事をしているのか?

f:id:kawa2496:20181205135557j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は、

新聞記事のお話です。

 

新聞を読んでいて少し気になったので、

拙作ブログに掲載させていただきました。

 

今後も気になるような記事は、

掲載させていただこうと思っています。

 

今回のテーマは、

国会議員です。

 

国会議員は私たちが選んだ人たちです。

 

ですが、

その国会議員が私たちのために働いているでしょうか?

 

私たちに、

何か役に立つことをしてくれたでしょうか?

 

私にはそんなふうには見えません。

 

これはおかしいことです。

 

これは国の損失です。

 

この国会議員について考えてみたいと思います。

 

 

 

楽天/政治  Amazon/政治

 

1.掲載新聞

この記事が掲載されていた新聞は下記です。

1)新聞:東京新聞
2)日付:2018年12月5日(水)朝刊
3)ページ:5面
4)紙面タイトル:「発言」
5)記事:入管法の改正 議論が不十分

 

2.投稿要旨

f:id:kawa2496:20181205140941j:plain

 

投稿要旨を紹介しておきます。


投稿者は65歳の男性です。

 

1)入管難民法入管法)改正が、

衆院法務委員会で強行採決された。

 

2)政府答弁の実態データが嘘だったのに。

 

3)これから議論というときに、

採決するとは?

 

A)もっと熟議すべきでは?

B)何のための国会なのか?

C)国民は与党に全権委任したわけではない。

 

3.私の感想

投稿者の言うとおりだと思います。

 

1)今の国会は、
国民をばかにしています。

 

2)明らかに、
企業優先になっているようです。


と思っていたら、
以下のようなコラムを見つけました。

 

出典:東京新聞、2018/12/05(水)朝刊25面「本音のコラム」

1)政府与党の本音。

 

審議が長引くとアラが目立つから、

ここはさっさと通してしまおう」

2)彼らの下で働く官僚たちの本音。


「こんな適当なデータでいいんですか」


「いいんだよ。

法案に不利なデータを出してみろ

に怒鳴られるのがオチだぞ

 

なるほど、

私と同じ見方をしている人がいるんですね。


意を強くしました。

 

4.入管法改正の必要性

4-1.外国人労働者を受け入れ拡大

入管法改正は、

刻な人手不足を解決するために行うものです。


この点では、

野党が対立する理由はありません。

 

4-2.なぜ今なのか?

そこで疑問になるのが「なぜ今なのか」です。


私が推測するに、

2020年の東京オリンピックパラリンピックが、

関係していると思います。


この時期は建設ラッシュが続きます。


そのため、

建設労働者が不足すします。

 

それが理由だと思います。


だったら、

「読み」が浅かった

と言わざるを得ません。


その労働力に見合った設備や規模にすべきだったのでは?


極端な話ですが、

日本への誘致をすべきではなかった。

 

4-3.他にも解決手段があるのでは?

労働者不足は分かりますが、

外国人労働者に頼るだけが解決策でしょうか?


他にも方法があると思います。


①高齢者の活用

②障害者の活用


上記のような自前、
すなわち日本国民で解決する案も考えられます。


とくに高齢者活用は、
年金支給時期の先送りする案が
出されていますが、

その補填にもなります。

 

5.国会討議も何だか変

国会討議を見ていても気になりました。


野党:外国人労働者の実態データに不備がありましたよね」
   「この状態では議論できません」
   「まず実態の見直しをしてください」


法務大臣「法案成立後に、改めて実態を調査し、改善を行います」

 

ええっ!?

法案って実態改善のために行うのでは?

 

その実態改善を、

「あとから」ってどういうこと?

 

ただここで問いたいのは姿勢ではなく、

具体的な議論です。

 

何が問題なのか?です。

 

6.国会議員は誰のために仕事をしているのか?

そこで今回のテーマです。

 

「国会議員は誰のために仕事をしているのか?」


今の国会議員って変です。


与野党に限りません。


与党さん:なんでそんなに焦って法案を通そうとしているの?


野党さん:なんでそんなに反対しているの?

 

ここのところを、

国民に分かるようにして欲しいものです。


6-1.向いている先が違う

彼ら国会議員は国民を見ているのでなく、

票田を見ているようです。


つまり、

選挙を気にしているのです。

 

票を増やすことに、
躍起になっているのです。


「お国のため」、
「国民のため」なんてのは、

二の次です。


いえ、
微塵も考えていないのではないでしょうか?


すべてが、

政治力学選挙力学

です。

 

もっというと、
与党さん:あなたたちは金太郎飴ですか?

与党内のなかで、

異論を唱える人はいないのですか?

 

全員が「右向け右」なのですか?

 

それって、
気持ち悪くないですか?

 

国会議員って頭がいいのか、

頭が悪いのか、

分からなくなってしまいました。


分かったのは、

「ずるかしこい」

だけです。

 

7.まとめ

f:id:kawa2496:20190112150428j:plain

 

今回のテーマは「国会」です。


新聞記事から、

ふとそのことが思い浮かびました。


今の国会は変です。


国会が変だということは、

国会議員が変だということです。


「まともではない」ということです。


そういう国会議員を選んだのが国民ですので、

 

まず反省すべきは、
我々国民です。

 
最後に、
上杉鷹山の言葉を紹介しておきます。

 

<<民の父母>>
私の仕事は、

父母が子を養うごとく、

人民のために尽くすこと。

 

世の国会議員たちよ、

上杉鷹山を見習え!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月26日、2020年4月3日、8月11日、2021年3月21日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年6月22日
中身(文章)をマイナー修正しました。
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

【更新】2019年1月28日
文章の一部を追加しました。(6項の一部)

 

※CMリンク※

 

楽天/政治  Amazon/政治

 

 


全一冊 小説 上杉鷹山 (集英社文庫)

www.star.ne.jp