知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

天の恵みを思う

f:id:kawa2496:20190611063455j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は、

新聞記事のお話です。

 

新聞を読んでいて、

少し気になったので、

拙作ブログに掲載させていただきました。

 

今後も、

気になるような記事は、

掲載させていただこうと思っています。

 

今回のテーマは、

「天の恵み」です。

 

ちょっと抽象的ですが、

干し柿」といえば、

お分かりになるでしょう。

 

干し柿」は、

まさに「天の恵み」です。

 

季節の風物詩でもあります。

 

最近は見なくなりましたが、

昔はよく見かけたものです。

 

この「干し柿」を中心に、

「天の恵み」

について考えてみたいと思います。

 

 

 

楽天/干し柿  Amazon/干し柿

 

1.掲載新聞

この記事が掲載されていた新聞は下記です。

1)新聞:東京新聞

2)日付:2018年11月22日(木)朝刊

3)ページ:5面

4)紙面タイトル:「発言」

5)記事:いただいた柿 干して恩返し

 

2.投稿要旨

f:id:kawa2496:20181122104813j:plain

 

投稿要旨を紹介しておきます。

 

投稿者は、
近所の農家から渋柿いただいたそうです。

 

2-1.いきさつ

1)10年以上前からいただいている。

2)きっかけは、
干し柿にしたら」と話しかけたこと。

3)農家の人は高齢のため、
干し柿ができなくなったと。

4)「必要なら持っていけ」と。

 

2-2.干し柿作りを始める

それで、

干し柿作りにチャレンジしました。

 

1)最初は失敗続きだった。

2)やっと干し柿のコツが分かってきた。

 

多い時は、1,000個以上も。

 

この干し柿近所の農家に恩返しをしたい。

 

3.私の感想

なかなかいい話ですね。


のどかな秋の風景

 

が頭に浮かびます。

 

軒先に吊された干し柿

 

まさに、「赤いのれん」です。

 

秋の風物詩です。

 

4.干し柿の作り方

それで、
改めて干し柿の作り方を調べてみました。

 

皮をむいて → 干す

 

ここまでは知っていますが、
途中がよく分かりません。


それで、ネットで調べました。

 

①柿を洗い皮をむく
  ↓
②お鍋に塩を少々入れたお湯を沸騰させ、
むいた柿を一瞬お湯につける。
⇒煮沸消毒ですね。仕上がりも甘くなるそうです。
  ↓
③鍋に焼酎を入れて、柿をつける。
⇒アルコール消毒ですね。これでカビを防ぐそうです。
  ↓
④柿を竹に刺します。(干す準備)
  ↓

⑤風通しが良く、雨の当たらない場所に干す。
  ↓

⑥表面が乾いたら、
1つ1つ丁寧に、指でもみます。
この工程で、
全体的に柔らかく、甘みがますそうです。

 

4-1.作業開始時期と収穫時期

干し柿の作業は晩秋から初冬のようです。


柿が実る時期が秋ですので、
秋が作業時期となります。


ただ秋の初めは雨が多いので(秋の長雨)、
晩秋あたりが作業開始時期

それから0.5~1ヶ月ですので、

収穫はとなるわけです。

 

そういえば、干し柿って、

正月の定番ですよね。

 

5.天の恵みを思う

そこで今回のテーマです。

 

天の恵みを思うです。

 

投稿者の恩返しもそのひとつでしょう。

 

◆喜び。

その恩返しをしてもらった農家のひとは、
きっと喜ぶと思います。

 

なにより喜ぶのは、

柿自身でしょう。


だって、

みんなに喜んで食べてもらえます。

 

6.まとめ

f:id:kawa2496:20190611063425j:plain



今回のテーマは「秋の風物詩」です。

 

新聞記事から、

ふとそのことが思い浮かびました。

 

「秋の風物詩」といえば、

「昭和」が連想されます。


私の小さい頃は、

秋を感じさせるものが、

いたるところにありました。

 

1)刈り取った稲の山。

2)田んぼの稲の根っこ。

3)色づいた木の葉っぱ。

4)いちょうの木の下に落ちている
「ぎんなん」。

 

このような風景が、

いつの間にか少なくなってしまいました。

 

ちょっとさびしくなりました。

 

そして、あの頃が懐かしくなりました。

 

決して裕福ではなかったのですが、

時がゆっくり流れており、

何となく満たされていた

ことを覚えています。

 

すべてが、

「のんびり」していたのですね。

 

よかったなあ、あのころ・・。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2020年3月28日、8月4日、2021年3月9日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年11月21日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年6月11日
タイトルと中身をマイナー修正しました。

※CMリンク※

 

楽天/干し柿  Amazon/干し柿

 

 


【干し柿】産地直送 長野県 市田柿 (松坂牛などと並ぶ日本のGI登録商品) 800g以上入り 干 し 柿【2019年1月~2019年2月下ろし干したて】クリックポスト(お荷物の追跡ができます)での発送(ポスト投函)


【予約・送料無料】ご自宅用 市田柿 干し柿 500g | 柿 干柿 ほしがき 渋柿 訳あり 訳有り 訳 お徳用 お得用 お取り寄せ 果物 フルーツ ドライフルーツ 国産 長野 お土産 秋 自宅 自宅用 ギフト お菓子 和菓子 自然食品

 


【送料無料】【メール便】【お試し】山形県上山産 干し柿 紅柿 300g(150g×2パック)(10〜14玉) M〜LLサイズ [紅干し柿300g]

 

www.star.ne.jp