知って得・あなたの生活をもっと豊かに!

こんにちは、拙作ブログのご紹介です。このブログは河原健次がお届けしています。大分市出身、木更津市在住です。すでに半世紀以上も生存しています。その長い歴史から、日常生活や人生に参考になりそうな情報を提供しています。読者のみなさんに役立つことを願っています。

これは便利!初めて使ったソーラー付きセンサーライト

f:id:kawa2496:20181118072439j:plain

 

こんにちは。

拙作ブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は、

センサーライトのお話です。

 

我が家ではセンサーライトを15基ほど設置しています。


防犯安全が目的です。

 

その種類は、
AC電源方式電池式

の二種類です。

 

そこに、

ソーラーパネル

を追加しました。

 

その、

ソーラーパネル式が非常に便利

なんです。

 

メンテナンスフリー

 

です。

 

設置したまま、

何もしないで良いのです。

 

電気代もかかりません。

 

配線不要です。

 

取付も簡単です。

 

そのソーラー付きセンサーライトについて、
ご紹介します。

 

 

 

楽天/センサーライト  Amazon/センサーライト

楽天/太陽光発電   Amazon/太陽光発電

 

1.ソーラー付きセンサーライトの特徴

f:id:kawa2496:20181118073553j:plain

f:id:kawa2496:20181118073631j:plain

1-1.仕様

メーカー : HETP(中国製)

LED数 : 40個

照射角度 : 180度(広角)

電源 : 太陽光発電、バッテリー搭載

消費電力 : 満充電(日中8時間)で約12時間連続点灯

防水 : IP65防水(屋外対応)

寸法 : 約9cm(幅)×約12cm(高さ)

 

1-2.配線いらず

配線無し、

電池いらずで設置できます。

 

玄関先や庭先、

ベランダ等の壁面に簡易に設置できます。

 

推薦高さ :設置位置(高さ)2-2.5メートル)


できるだけ、

長時間、直射日光が当たるような、

日当たりの良い場所を選んでください。

 

2.ソーラー付きセンサーライトのメリット

f:id:kawa2496:20191117071328j:plain

 

以下にソーラー付きセンサーライトのメリットを列挙します。

2-1.高輝度(明るい)

40個のLEDライトを搭載しており、
明るさが飛び抜けています。
(我が家のどのセンサーライトよりも明るい)

 

2-2.広角

180度の広角照明になることで、
従来のセンサーライトよりももっと広い範囲を照らします。

 

2-3.太陽光から電気を作る

ソーラーバネルが太陽光を吸収し、
その太陽光を電気に変換します。

 

変換した電気は内蔵バッテリーに蓄えます。


つまり、
再生エネルギー発電の超小型版


というわけです。

 

2-4.IP65防水

IP65の高レベル防水仕様で、
厳しい天候条件でも耐えるように設計されています。


大雨の中でも心配する必要はありません。

 

3.ソーラー付きセンサーライトのデメリット

ソーラー付きセンサーライトのデメリットは以下です。

 

3-1.光がないと使えない

唯一の欠点は、

「太陽光」が必要

ということですね。

 

※ここで注意しておきます。
必要なのは「光」です。


「熱」ではありません。

 

だから、

冬場での寒い季節でも問題ありません。


むしろ、寒い方が発電高率は高いので、

冬場の発電に向いています。


ただ、日が短いのが難点です。

 

ということで、
「太陽光」
が必要となりますので、

下記のような使い方には不向きです。

 

①室内での使用。

②屋外でも1日中、影になるところ。

③あるいは北側の設置。

 

3-2.解決法

上記問題の解決法を紹介しておきます。

 

結論:2台を交互に使用する。

 

つまり、
1台を正規の場所に設置しておき(本番用)、

もう1台は太陽光のもとで「充電」するのです(充電用)。


その2台のセンサーライトを、
例えば1週間単位に交互に交換するのです。

 

本番用⇔充電用

 

そのためには、
本番用は、
簡単に着脱できるように
しておかなければなりません。

 

実は、
これに似たような使い方を我が家ではすでにしています。

 

3-3.充電式電池を使った電池式センサーライト

充電式電池ですので、

理屈は上記と同じですね。

 

充電式:AC100Vで充電(充電池を交互に交換)

ソーラー式:太陽光で充電(ライト本体を交互に交換)

 

4.ソーラー付きセンサーライトの使い方

f:id:kawa2496:20191117071424j:plain

f:id:kawa2496:20191117071443j:plain

 

以下に、

ソーラー付きセンサーライトの使い方をご紹介します。

 

4-1.電源ロックの解除

購入直後は電源ロックがかかっています。


これは、
出荷時にバッテリーが消耗しないようにするためです。


電源ロック解除は次のようにします。

 

同梱のピンを使って、電源穴に刺す。
(針の穴ほどの大きさです)
(電源穴はセンサーの左側にあります)
    ↓
すると電源が入ります。
(LEDが点灯します)

 

4-2.初期充電

購入直後は初期充電をしましょう。

 

ソーラーパネルの透明フィルムを剥がす。
  ↓
②日当たりの良いところに置く。


この状態で、

6時間程度置きっ放しにすると、

通常使うには十分な充電できます。

 

4-3.取り付け

付属のネジで、
日当たりの良い場所にライトを取り付けます。

 

おすすめの取り付け高さは、

2~2.5メートル


取付方法は下記の3種類です。


結束ハンドによる取り付け。(上の写真)
 結束バンドは100均で売っています。


両面テープによる取り付け。
(両面テープは別売りです)


ネジ(同梱)による取り付け。

 

5.まとめ

f:id:kawa2496:20191117071631j:plain

 

どうでしたか。


ソーラー付きセンサーライトって、
なかなか面白いでしょう。

 

このソーラー付きセンサーライトは、
そのメリットの多さから、
かなり人気を集めているようです。

 

価格も安くなり、

1台1,000円程度

 

で手に入ります。

 

ただ、
耐久性はまだ確認できていません。


ですが、
防犯用ライトとして検討する価値はありそうです。

 

なにより、

メンテナンスフリー

が魅力です。 

 

設置しっぱなしというのが、

「楽」でいいですね。


電池の交換を気にしなくてすみます。

 

取付も簡単です。

 

お奨めです。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

【関連記事】

kawa2496.hatenablog.com 

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

kawa2496.hatenablog.com

※更新履歴※

【更新】2019年11月17日、2020年3月23日、8月1日、2021年2月27日
少しだけ校正させていただきました。

【更新】2019年7月29日
「目次」を追加しました。
これで少しは読みやすくなったと思います。

【更新】2019年6月3日
中身(文章)をマイナー修正しました。

※CMリンク※

 

楽天/センサーライト  Amazon/センサーライト

楽天/太陽光発電   Amazon/太陽光発電

 

 

 


【2019高輝度最新版・2200mAh電池・10時間超長照明】センサーライト ソーラーライト chortau 42LED IP6防水 人感センサー 防犯ライト  自動点灯 太陽光発電 転化率18%UP 150°照明範囲 屋外 庭 玄関 など取り付け簡単 4個セット

【最新版100LED】Focondot センサーライト ソーラーライト 100LED 3面発光 屋外照明 人感センサー シングルモード 防水 防犯ライト 両面テープ付き 自動点灯 屋外 庭 玄関 ガーデンライト 駐車場 4個セット

 


【送料無料】センサー付き ソーラーライト 48個 COB LED使用 人感ソーラーライト自動充電 屋外照明 防水 センサーライト

 


送料無料 !( メール便 ) 人感センサー 明暗センサー 搭載 COB LED ソーラーライト 防滴 ソーラー充電式 自動点灯 ソーラーセンサーライト 屋外 ソーラー 人感 ネジ アンカー 粘着シール 付き 防犯ライト 玄関 照明 送料込 ◇ COBライト6314

www.star.ne.jp